Example of treatment

鼻翼挙上術

鼻翼挙上術に向いているタイプ

Type
  • 小鼻が垂れ下がっている
  • 小鼻が長い
  • 小鼻の自然なカーブが欲しい
  • 不自然な鼻の穴を改善したい

鼻翼挙上術のポイント

Point

鼻柱(鼻の穴と穴の間)の付け根の位置が鼻翼(小鼻)の付け根の位置よりも上にある場合、アンバランスな鼻になり、顔全体の印象に影響してしまいます。この手術で小鼻の付け根の位置を上げることで小鼻全体を持ち上げる方法です。
外側上方に上がる為、鼻翼縮小術などで鼻の穴が小さくなってしまった方にも適応です。
併せて鼻翼の傷跡周囲にボトックスを注射することで、皮脂分泌を抑えて傷跡が目立ちにくくなります。

鼻翼挙上術の詳細

Details

鼻尖と鼻翼の大きさ、鼻翼の縦径と横径などから切除すべき量と挙上する経度を決めます。デザインに沿って皮膚・皮下組織を切除して
小鼻を切り離し、新たな位置で縫合。鼻翼の付け根あたりに生じた皮膚の余りを楔状に切除して縫い合わせます。
また、鼻の穴の中を切り取る方法や傷跡を最小限にする方法などもあり、ケースによって使い分けています。

仕上がりのイメージを画像シミュレーションで確認することで、より理想的な鼻のカタチへ

当院では、自然で目立たない鼻のデザインがご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。
また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。
「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことがよい結果への近道と考えます。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

Anesthesia
  • 局所麻酔
  • 笑気ガス麻酔
  • 静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔
  • 全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

Downtime

ダウンタイム

※個人差があります。

  • 腫れ

    約2〜3日目をピークに約7〜10日間程で目立つ腫れは引いていきます。 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。

  • 内出血

    細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し鼻の周りが紫色や緑色になりますが、1〜2週間で消失します。

  • 抜糸

    4〜5日目

  • 通院

    4日目・5日目

  • メイク

    治療箇所は抜糸が終わってから、それ以外は手術当日から可能です。

  • 洗顔

    翌日から可能です。

  • 入浴・シャワー浴

    シャワー浴・入浴は翌日から可能です。

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。

  • ・傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。 ・手術直後は、鼻翼の吊り上がりを強く感じることがありますが、半年程で傷が柔らかくなると緩みができて馴染んできます。

手術後に起こりうるトラブル

Trouble
  • 感染(化膿する)
  • 傷跡の盛り上がり
  • 傷跡の段差・凹み
  • 鼻翼挙上の効果が物足りない
  • 鼻翼が上がり過ぎている
  • 鼻翼・鼻孔の左右差
  • 鼻の下が長くなる
  • 吊り上げや中縫いの糸(皮膚の内側を縫い合わせている糸)が出てくる
  • 小鼻の丸みが強くなる・分厚くなる
  • 小鼻のつっぱり感
  • 鼻翼の横幅が広がる
  • 傷が開く
喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

Price

※保険適用外の自由診療です。

鼻翼挙上術¥330,000
鼻翼挙上術+鼻翼縮小術(追加)
¥495,000
1カ所追加
¥165,000

※価格は全て税込です。

鼻翼挙上術のよくある質問

Faq
  • 傷は出来ますか?

    小鼻の外側の溝部分から小鼻の上側まで傷は出来ますが、小鼻外側部分の溝部分と一致してほとんど目立たなくなります。術後、どうしても傷あとが気になる場合は適切な方法をご提案させて頂きます。

  • どのくらい鼻翼を持ち上げられますか?

    鼻翼挙上術とは、どの方法を用いたとしても1~2 ミリ程度持ち上げることを目標に行う手術です。 また、経過には個人差があるため、術後に物足りないと感じることがあります。

  • 術後に違和感はありますか?

    術後は小鼻の面積が縮小されます。そのため、笑った時など小鼻周辺につっぱった感じや違和感を感じることがあります。時間の経過と共になじんでいき、約1~2ヶ月程かけて緩和していきます。

  • 鼻翼が上がりすぎていると感じることはないですか?

    糸での吊り上げを同時に行った場合は、術後3ヶ月程度は鼻翼が上がりすぎていると感じる事があります。 半年程度経過をみて頂いても、まだ挙上が強いと感じる場合には、糸の抜去や鼻翼下の皮膚切除、皮膚移植などの方法で修正手術を行わせて頂きます。

  • 鼻の下が長くみえることはないですか?

    鼻翼が上がるため、鼻翼から上唇の距離が長く見えることがあります。 どうしても気になる場合は、術後半年経過した頃に上口唇短縮術または口角挙上術にて調整することは可能です。ただし、上口唇短縮術では鼻の下に傷跡が残ります。口角挙上術では、上口唇から口角に沿った傷跡が残ります。

  • 鼻の穴や小鼻に左右差が生じることはないですか?

    鼻の穴の形や大きさにもともと左右差があったり、あるいは手術時の挙上の量や位置のわずかなズレが原因で、鼻翼の高さや鼻の穴の大きさ、形に左右差が起こることがあります。 出来る限り細心の注意をはらい手術を行いますが、1mm以下のわずかな左右差については、精度に限界がありますことをご理解下さい。

  • 小鼻の丸みが強くなったり分厚くなることはないですか?

    糸によって吊り上げた場合、あるいは鼻腔内の皮膚を切除した鼻翼挙上術の術後には、鼻翼の皮膚が余るため、小鼻の丸みが強くなる、又は厚みが増したりすることがあります。 調整をご希望の場合、術後半年を経過した頃に余った鼻翼の皮膚を切除する鼻翼縮小術にて修正いたします。

  • 小鼻がつっぱった感じになったりしませんか?

    手術直後は鼻翼の吊り上がりが強いため、小鼻につっぱった感じを持つことがあります。術後およそ半年程経過しますと、傷が柔らかくなり小鼻のつっぱり感は改善されていきます。 糸での吊り上げを行っている場合には、糸を抜去することでつっぱり感がなくなることがあります。

  • 麻酔は何を使用しますか?

    局所麻酔、笑気ガス麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔、全身麻酔と様々な麻酔方法をお選びいただけます。ご希望をお伺いし、身体へのご負担を考慮し、最適な麻酔方法をご案内させて頂きます。

  • ダウンタイムはどのくらいですか?

    腫れは術後2~3 日目をピークに約1週間間程、むくみは約2週間程度で落ち着きます(個人差があります)。メイクをすることによりカバーして頂ける程度です。

鼻の施術例

sample_nose