Example of treatment

鼻孔縁挙上術(鼻孔縁切除)

鼻孔縁挙上術(鼻孔縁切除)に向いているタイプ

Type
  • 小鼻が厚ぼったい
  • 鼻を小さくしたい
  • 目立たない鼻にしたい
  • 小鼻が垂れ下がっている
  • 鼻の穴が綺麗に見えるようになりたい

鼻孔縁挙上術(鼻孔縁切除)のポイント

Point

肉厚な小鼻をすっきりさせる効果の高い手術法です。元に戻すことができない為、切除する範囲のデザインが大変重要です。

シミュレーションでしっかりイメージをして、傷跡が目立たないようにすることが成功の秘訣です。

鼻孔縁挙上術(鼻孔縁切除)の詳細

Details

皮膚を切除すると元に戻すことができない為、入念な話し合いが必要です。 小鼻の形を変えるだけでなく、皮膚の厚みを薄く見せる効果があります。

切除デザインに沿って皮膚と皮下組織を切除し縫合します。 鼻孔の自然なカーブが得られるように微調整して終了です。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

Anesthesia
  • 局所麻酔
  • 笑気ガス麻酔
  • 静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔
  • 全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

Downtime

ダウンタイム

※個人差があります。

  • 腫れ

    約2〜3日目をピークに約7〜10日間程で目立つ腫れは引いていきます。 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。

  • 内出血

    細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し小鼻が紫色や緑色になりますが、1〜2週間で消失します。

  • 抜糸

    4日目

  • 通院

    4日目

  • メイク

    治療箇所は抜糸の翌日から、その他の部分は手術当日から可能です。

  • 洗顔

    基本的に翌日から可能です。創部は強く擦らない様にしてください。

  • 入浴・シャワー浴

    シャワー浴・入浴は翌日から可能です。

  • 完成

    約4〜6ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。

  • 傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。

手術後に起こりうるトラブル

Trouble

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

  • 感染(化膿する)
  • 傷跡の盛り上がり
  • 傷跡の段差・凹み
  • 効果が物足りない
  • 鼻孔縁が上がり過ぎている
  • 鼻孔縁の左右差
  • 中縫いの糸(皮膚の内側を縫い合わせている糸)の露出
  • 傷が開く
  • 鼻孔縁の乱れ
  • 皮膚の部分壊死
喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

Price

※保険適用外の自由診療です。

鼻孔縁挙上術(鼻孔縁切除)¥330,000

※価格は全て税込です。

鼻孔縁挙上術(鼻孔縁切除)のよくある質問

Faq
  • 鼻孔縁挙上術をしても物足りなく感じることはないですか?

    鼻孔縁の皮膚を切除する量が少ない場合、効果を物足りなく感じることがあります。術中や手術直後は、腫れが起こるため縫い合わせた鼻孔縁が引き上げられることがありますが、腫れがおさまると鼻孔縁が下がってくることがあります。効果が物足りないと感じる場合は、再手術を行うことは可能です。ただし、再手術を行うことで鼻の穴の形が不自然になることがあります。

  • 鼻孔縁が上がりすぎることはないですか?

    術後は糸がついていますので、上がりすぎて見えることがあります。また、鼻孔縁の皮膚の切除する量が多い場合も上がりすぎて見えることがあります。上がりすぎた鼻孔縁の修正は大変困難です。鼻孔縁の切除量は慎重に決めて頂くことをおすすめします。

  • 鼻孔縁の左右差が出ることはないですか?

    元々の鼻の穴の形や大きさによって、切除する皮膚の位置や量のわずかなずれが原因で、鼻の穴に左右差が起こることがあります。手術は出来るだけ慎重にいますが、1ミリ以下のわずかな左右差については、調整に限界があります事をご理解いただければと思います。

  • 腫れや傷はどのくらいの程度ですか?

    他の部位に比べて腫れは比較的少なく、約2~3日目をピークに約7~10日間程で目立つ腫れは引いていきます。むくみについては2週間程度で落ち着くことが殆どです。 傷については、術後間もない頃は切開線に赤みが出ますが、メイクをすることでカバーして頂ける程度です。時間の経過と共に落ち着き、最後は殆どわからなくなります。

  • 術後の違和感はありますか?

    術後は、小鼻の面積が縮小されたことにより、笑った時など小鼻周辺につっぱり感や違和感を感じる可能性があります。時間の経過と共になじんでいき、およそ1~2ヶ月かけて緩和していきます。

  • 麻酔は何を使用しますか?

    当院の麻酔には、局所麻酔、笑気ガス麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔、全身麻酔がございます。ご希望をお伺いした上で、身体へのご負担を考慮した麻酔方法をご提案させていただきます。

  • ダウンタイムはどのくらいですか?

    術後1週間はギブスによる固定を行います。ダウンタイムについては個人差がありますが、腫れのピークは術後およそ3日程度でその間はギブスで隠れるためご自身でご確認していただくことは出来ません。術後2週間程度は多少の腫れやむくみはありますが、メイクをすることによりカバーして頂ける程度です。

鼻の施術例

sample_nose