Surgical Operations

口角挙上術

口角挙上術に向いているタイプ

Type
  • 口角が下がっている
  • ヘの字口を改善したい
  • 口角が下がって怒っているように見える
  • 中顔面を短くしたい

口角挙上術のポイント

Points

口元はその人の印象を与える重要なパーツのひとつです。上がった口角は人に「安心感」や「好感」を与えますが、下がった口角は「不機嫌そう」「不満そう」など、ネガティブな印象を与えてしまうかもしれません。キュッと上がった口角は、とても上品かつ初対面の人にも好印象を与えます。

口角挙上術は、口角近くの皮膚を切開して、口角を上げる筋肉を短縮することで口角を持ち上げる方法です。

 

口唇縮小術の詳細

Details

下がった口角を引き上げる、あるいは上口唇の端に厚みをつくることにより、いつも微笑みのある明るい印象にする手術が口角挙上術です。
上口唇端の余分な皮膚を切除し、唇を上げる筋肉を少し切除して口角が上がりやすくします。

 

 

 

 

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

Anesthesia
  • 局所麻酔
  • 笑気ガス麻酔
  • 静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・術後経過

Downtime

ダウンタイム

※個人差があります。

  • 腫れ

    約2~3日目をピークに約7~10日間程で目立つ腫れは引いていきます。 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。

  • 内出血

    細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し口唇周辺が紫色や緑色になりますが、1~2週間で消失します。

  • 抜糸

    5~7日目

  • 通院

    5~7日目・2週間目

  • メイク

    治療箇所は抜糸が終わってから、それ以外は手術当日から可能です。

  • 洗顔

    翌日から可能です。

  • 入浴・シャワー浴

    シャワー浴・入浴は翌日から可能です。

  • 完成

    約4~6ヶ月

治療後の経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。

  • むくみ

    術後1ヶ月程は傷部分につっぱりが生じ、口角を動かしづらくなる為表情が作りにくいと感じます。

  • 傷の部位、長さは引き上げたい部位により異なります。 傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。傷は赤く盛り上がりやすく、落ち着くまで半年程かかることがあります。

手術後に起こりうるトラブル

Troubles
  • 感染(化膿する)
  • 傷口が開く
  • 中縫いの糸(皮膚の内側を縫い合わせている糸)が出てくる
  • 傷跡の段差・凹み・ゆがみ
  • 傷が赤く盛り上がる
  • 傷が残る
  • 左右差
  • 口角が上がり過ぎたと感じる
  • 口角がまだ下がっている(挙上効果が足りない)
  • 感覚麻痺
  • 口唇の形が変わる
  • 口角の外側のしこり、膨らみ
  • 口角のしまりが悪い
  • 口角の突っ張り感
喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

口角挙上術のよくある質問

Faq
  • 傷跡はどのようになりますか?

    傷の部位、長さは引き上げたい部位により異なりますが。傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。傷は赤く盛り上がりやすく、落ち着くまで半年程かかることがありますが、時間の経過とともに傷跡は薄く目立たなくなりますのでご安心ください。

  • 手術後の痛みはありませんか?

    術後には内服薬で抗生剤、胃薬、痛み止めをお渡ししておりますので服用してください。

  • 手術後、口元のメイクはいつからできますか?

    口周りも含めた顔全体のメイクは抜糸の翌日から可能となります。(抜糸は5~7日目)口周りを避けたメイクでしたら当日から可能です。

  • いつからお風呂に入れますか?

    シャワーや入浴は翌日から可能です。患部を濡らさないようにご注意ください。

  • 術後、日常生活を過ごす上で気をつけることはありますか?

    患部が生着するまでは時間がかかるため、しばらくの間はマッサージや強い刺激を与える様な事はお控えください。血液循環がよくなると腫れや内出血などが悪化する恐れがありますので、運動も2~3週間ほど控えていただきます。

  • 術後は大きく口を開けても大丈夫ですか?

    口角を切開しますので、術後間もない時期は大きく口を開ける動作などはお控えいただいています。傷が安定化した後は、特に制限はありません。目安としてはおよそ1~3カ月程度です。

  • 術後、感覚が鈍くなることなどはありませんか?

    術後経過として、口がやや開きにくいことや、感覚が鈍く感じることがありますが、一過性のもので徐々に軽減していきます。

その他の施術例

sample_other