Example of treatment

タトゥー(刺青)皮膚切除

タトゥー(刺青)皮膚切除に向いているタイプ

Type
  • 元のきれいな肌にしたい
  • レーザーでは完全に消せなかった
  • 結婚が決まったため消したい
  • 就職に影響がないようにしたい 

タトゥー(刺青)皮膚切除のポイント

Point

タトゥー(刺青)が入っている皮膚をメスで切除し、縫い合せる方法です。タトゥーが小さい場合や範囲が狭いものは、一度の手術で除去可能です。
範囲が広い場合やタトゥーが入っている箇所によっては数回に分けて切除します。

傷跡は残りますが、場合によってはジグザグの線にカット・縫合を行い傷を目立ちにくくします。

タトゥー(刺青)皮膚切除の詳細

Details

切除の方法には、「単純切除術」と「分割切除術」があります。
「単純切除術」は、タトゥーが小さい場合や範囲が狭いものに適用します。1回の手術でタトゥー(刺青)の全体を切除します。

単純切除術

1.タトゥー周辺を、葉のような形に切除します。 2.周囲の皮膚を引き寄せて縫合します。 3.傷口は1本線の傷跡のみに仕上げます。

分割切除術

1.切除後に、周辺の皮膚を引き寄せて縫合が可能な範囲で、切除します。 2.周囲の皮膚を引き寄せて縫合します。 3.タトゥーは全て切除できないため、一部残ります。周辺の皮膚が伸びるまで3~6ヵ月待ちます。
4.周辺の皮膚が伸びたのを確認し、残ったタトゥーを葉のような形に切除します。 5.周囲の皮膚を引き寄せて縫合します。 6.傷口は1本線の傷跡のみに仕上げます。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

Anesthesia
  • 局所麻酔
  • 麻酔テープ
  • 麻酔クリーム
  • 全身麻酔

ダウンタイム・治療後経過

Downtime

ダウンタイム

※個人差があります。

  • 腫れ

    約2~3日間(朝晩にむくみを感じます)内出血や感染症になった場合、腫れが長引く事があります。

  • 内出血

    細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し切開部周辺が紫色になりますが、1~2 週間で消失します。

  • 抜糸

    3日~7日目

  • メイク

    患部を避ければ、直後から可能です。患部は、1 週間後からメイク可能です。

  • 完成

    約4~6 ヶ月後

  • 通院

    術後1週間目

治療後の経過

傷 跡
 
創部の傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。
 
 
傷口の盛り上がりと中縫いによる凹み
 
傷は皮膚の表面だけでなく中の組織も縫い合わせてあります。
 
傷口に緊張がかからないように中の組織を強めに引きよせます。そのため術後は傷の部分が盛り上がります。その両サイドは糸で引っ張られて凹んでいます。その盛り上がりや凹みは3ヶ月後の経過で平らになります。

 

 

施術後に起こりうるトラブル・対応

Trouble
  • 感 染(化膿する)
  • 傷の幅が狭くならない
  • 傷跡の段差・凹み
  • 傷跡が赤く盛り上がる
  • 中縫いの糸が出てくる
喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

Price

※保険適用外の自由診療です。

タトゥー(刺青)皮膚切除1㎝ ¥33,000

※価格は全て税込です。

タトゥー(刺青)皮膚切除のよくある質問

Faq
  • レーザーと切除ではどちらが良いでしょうか?

    入っているタトゥーが黒1色であればレーザーの反応も良いですが、黒系以外の色が入っているのであれば切除をお勧めします。

  • 切除をすることのメリットはなんですか?

    タトゥーの跡だとわかりにくくなることです。 レーザーで処置を行った場合は、照射した部位の皮膚の色が白っぽく変色したり、モザイク状になったりすることが多く、また、タトゥーの跡が薄く残ることにより、タトゥーを消す処置を行ったことがわかる可能性があります。切除法であれば傷跡(ケガをした後)のように見えるので、タトゥーを入れていたことが他人にわかりにくくなります。

  • どんなに広い範囲でも切除ができますか?

    肌は部位によって伸びる量が違いますが、肌が伸びる範囲内であれば切除は可能です。また数回に分けて切除を行っていく場合もあります。まずはカウンセリングにてお気軽にご相談ください。

  • 切除ができない部位はありますか?

    ひじや膝などの伸びる部分、粘膜部分の切除はお断りする場合もあります。

  • 傷跡は目立ちますか?

    傷跡は最小限にとどまるように丁寧に皮膚を縫合します。大きさや形にもよりますが、経過とともに目立ちにくくなっていきます。

  • 痛みはありますか?

    手術中は局所麻酔を使いますので、処置中の痛みの心配はありません。手術後の痛みも、痛み止めの内服などで我慢できる程度です。

  • 手術後、抜糸までの間で気を付ける事はありますか?

    抜糸までの間は傷口が開いてしまう可能性があります。そのため、日常生活は問題ありませんが、激しい運動は避けるようにしてください。軽い運動は1ヶ月、激しい運動は3ヶ月程度控えていただいています。 また赤みがある時期は、しっかりUV ケアをするようにお願いしています。

  • 切除後、仕事を休む必要はありますか?

    除去する場所によりますが、当日より仕事も可能です。

肌・エイジングケアの施術例

sample_aging