Example of treatment

エラ削り

エラ削りに向いているタイプ

Type
  • 張っているエラが気になる
  • 正面から見たときの顔を小さくしたい方
  • 角張ったフェイスラインをスッキリさせたい

エラ削りのポイント

Point

『エラ削り』は、エラの骨を削る手術です。目や鼻、口など顔全体のバランスを考慮して、どの角度から見てもバランスのいいスッキリとした輪郭になるように整えます。
手術は、奥歯の歯茎の下を切開して、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。口の中からアプローチする手術なので、傷跡も気になりません。

エラ削り手術の詳細

Details

『エラ削り』は、エラの骨を削る手術です。目や鼻、口など顔全体のバランスを考慮して、どの角度から見てもバランスのいいスッキリとした輪郭になるように整えます。
手術は、奥歯の歯茎の下を切開して、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。口の中からアプローチする手術なので、傷跡も気になりません。

仕上がりのイメージを画像シミュレーションで確認することで、より理想的な鼻のカタチへ

当院では、自然で目立たない鼻のデザインがご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。
また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。
「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことがよい結果への近道と考えます。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

 

麻酔方法

Anesthesia
  • 全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

Downtime

ダウンタイム

※個人差があります。

  • 腫れ

    約2週間(3日目くらいが腫れのピーク) 術後数日間は、口唇の腫れが目立ちます。 内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。

  • 内出血

    手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~3週間で消失します。

  • 抜糸

    口の中の糸を2週間目に抜糸します。アゴ下や耳の後ろの皮膚を切開した場合は1週間目に抜糸します。

  • ドレーン

    血がたまることを予防するために、血を抜く管を挿入することがあります。 通常、手術の翌日から3日目までに抜去します。

  • 洗顔・シャワー浴

    首から下は手術翌日から、顔・頭部から上はドレーン抜去の翌日から濡らしてかまいません。

  • メイク

    ドレーン抜去の翌日から可能です。

  • 歯磨き

    手術翌日から可能。傷に直接当たらないよう注意してください。

  • 食事

    手術当日から可能。約1~2週間は熱いもの、辛いもの、堅いものは控えて下さい。噛むことが困難な場合は、3~4日間 固形物は控えて下さい。2週間はお渡しするイソジンで食後にうがいをして下さい。

  • 通院

    翌日・2日目(3日間)・術後1週間目・術後2週間目

  • 完成

    約6ヶ月

ダウンタイム後の経過

  • むくみ

    3ヶ月~6ヶ月

  • 傷の経過

    傷の赤みは数カ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。術後3ヶ月は傷が硬くなりますが徐々に硬さは改善されます。

手術後に起こりうるトラブル

Trouble

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

  • 感 染(化膿する)
  • 血が溜まる
  • 術中の出血
  • たるみ・皮膚の余り
  • 口唇・アゴの知覚の麻痺、しびれ
  • 口のゆがみ
  • エラが小さくなりすぎた・凹んでいると感じる
  • エラの縮小効果が足りない・出っ張りが残っていると感じる
  • 左右差
  • 口を大きく開けられない
  • 口唇の火傷、すり傷、色素沈着
手術後4ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。
喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

Price

※保険適用外の自由診療です。

エラ削り¥924,000〜¥1,100,000
エラ削り+咬筋切除¥1,140,000

※価格は全て税込です。

エラ削りのよくある質問

Faq
  • 傷あとは残りませんか?

    口の中からアプローチしますので、外見からは傷跡は分かりません。骨を削る方向によってはアゴの下に小さな傷をつける場合があります。

  • 術後はどの程度腫れや痛みがありますか?

    術後、3日目くらいが腫れのピークで約2 週間ほどは腫れがあります。なお、痛みについては、痛み止めを処方しますのでご安心ください。腫れについては、外出時のマスクでカバー出来る程度が殆どです。

  • 術後、皮膚のたるみが生じたりしませんか?

    30歳未満の方はたるむ量は少ないですが、30歳以上の方は強いたるみが出る場合もあるという様に、患者様の年齢や皮膚の状態によって違ってきます。また、皮膚の状態には個人差がありますので、単に年齢だけでは判断しかねることもあります。さらに、骨を削る量によっても術後のたるみの可能性が異なります。どうしてもたるみが気になる場合は、リフトアップや皮膚の引き締め等のご提案は可能です。カウンセリングでお尋ねください。

  • 骨を切ることにより後遺症が出たりしませんか?

    手術直後は麻酔や切開の影響による腫れにより、少し痺れた様な感じがすることが一時的に生じることがあります。それも、およそ半分程度の方は3~6ヶ月で消失し、それ以外の方も時間の経過と共に気にならなくなってきます。術後の影響が残っている間は、話し辛さや食事を飲み込みにくいなどありますが、徐々に回復に向かっていくことが殆どです。

  • エラの張りを解消したいという場合、どういった方法がいいのでしょうか?

    エラの張りを改善するには方法が二種類あります。一つ目は、「ボトックス注入法」でエラの筋肉に筋肉弛緩剤を投与し小顔に導く方法です。この施術法ですと、1 回の注射で持続期間が半年~1年程度となります。なるべく効果を長持ちさせたい場合には最低でも5~6回の注射をくり返し行うことをおすすめします。二つ目は、「エラ削り」でエラの骨を削る方法です。目や鼻、口など顔全体のバランスを考慮して、どの角度から見てもバランスのいいスッキリとした輪郭になるように整えます。どちらの方法が適しているかは、患者様の輪郭の状態やご要望などによりおすすめする方法が異なりますので、カウンセリングでご相談ください。

  • 術後、日常生活に支障が出たりしませんか?

    手術直後は麻酔や切開の影響による腫れにより、会話や食事が多少しづらく感じられることが一時的にあります。しかし、腫れが引いていくと同時にある程度は改善されていきます。2~4週間経過して、手術跡の傷が治り、骨を削った状態に慣れた頃には、およそ半数ぐらいの方が違和感なく自然な会話や食事ができる状態となっていく場合が殆どです。

輪郭の施術例

sample_face