豊胸術(シリコンバッグ挿入)

  1. ビスポーククリニック
  2. 豊胸術(シリコンバッグ挿入)

この治療に向いているタイプ

●2カップ以上サイズアップしたい
●授乳によりしぼんだバストにハリをだしたい
●加齢により垂れ下がってしまった
●左右の大きさを整えたい

ポイント

バッグインプラントの挿入箇所にはバストの組織の状態に応じて4つの選択肢があります。患者様のご要望やバストの状態に合わせて術式を選択します。


レイヤースイッチ法
バッグインプラントの上部を筋膜下に、下部を乳腺下挿入する方法です。三つの選択肢中で最も浅いところに挿入する方法なので、もともとバストの大きさがある程度ある方に向いています。下垂している方にはこの方法を選択する方が自然に仕上がります。動きが自然で谷間ができやすいというメリットがあります。

筋膜下法
大胸筋膜と大胸筋体の間を剥離して、そこにバッグインプラントを挿入する方法です。デコルテ部分の縁の立ち上がりを、輪郭が出にくくすることが可能です。動きが自然で谷間ができやすいことに加え、リップリングを感じにくいメリットがあります。


大胸筋下法
大胸筋の下を剥離してスペースを作り、そこにバックインプラントを挿入する方法です。大胸筋の発達具合によっては乳腺下と同じ層に挿入されることになります。リップリングがわかりにくいことや拘縮がおこりにくいというメリットがあります。

 

乳腺下法
バッグインプラントを乳腺の下、大胸筋の上に挿入する方法です。もともとある程度バストの大きさがある方に向いています。特に、バストが下垂している方には乳腺下法を選択する方が自然な仕上りが期待できます。
乳腺下法のメリットは、動きが自然・ 谷間ができやすい・ 痛みが少ない・ 術後の回復が早いなどです。

手術の詳細

両ワキを数センチ切開し、インプラントを挿入することで、胸のサイズアップを図ります。
 
当院では、バッグの上部を筋膜下に、下部を乳腺下に挿入するレイヤースイッチ法を第一優先に行っています。しかし個人の体型、ご希望の大きさ・形によっては大胸筋の下や乳腺の下に挿入することをご提案させていただくこともあります。
 
また、基本的な切開部位はワキの下ですが、ご希望により乳房下縁(アンダーバスト)・乳輪周囲からの切開を選んで頂くことも可能です。
■切開部位のパターン
■豊胸術の流れ

麻酔方法

全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ
約7 日~2 週間(ワキ~胸全体に出ることもあります。)
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
手術操作によって細かい血管が傷つくと皮膚の下で出血し、ワキの切開部~胸全体が紫色になりますが、2~3 週間で消失します。
 
 
■抜糸
6~8 日後
 
 
■ドレーン
術後の浸出液や血液をバストの中に貯めずに、外に排出させるための管を付けます。
通常は、2~3 日程で抜去となります。
 
 
■圧迫
アップ帯という包帯を2~3 日装着します。
その後、抜糸までは、取り外し可能なバストバンドにて、圧迫を継続します。
 
 
■ブラジャー
術後3 ヶ月は、ワイヤー入りブラジャーの着用を控えていただきます。
(スポーツブラや柔らかいタイプの物を使用)
 
 
■通院
1 日目・2 日目・3 日目(4 日目~)・7 日目
 
 
■完成
約6 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

 
○ 一時的に腫れやムクミにより左右差が出たり、大きすぎると感じることがありますが、時間と共に馴染んでいきますので、ご安心ください。
 
また、皮膚に伸びる余裕が少ない方は、つっぱりが強く丸みがないバストに感じますが、3 ヶ月程すると丸みのあるバストへと馴染んでいきます。
 
○ 手術後一時的に胸の感覚が鈍くなりますが、数ヶ月かけ徐々に改善します。
 
○ 手術後は1 ヶ月程は、強い刺激によって痛みを感じることがあります。徐々に軽減されますが、痛みが強い間は出来るだけ刺激を避けてください。
 
○ ワキからの手術の場合、ワキから胸にかけてつっぱり感が生じることがあります。ストレッチなどを行っていただくことで、徐々に馴染んでいきます。
 
○ 手術後、ワキから肘にかけて筋がつっぱることがあります。リンパ管の腫れ・しこりが原因となります。通常3 ヶ月ほどで改善されます。
 
○ 手術後もバストの位置が下がる、ボリュームが減るなど、加齢による変化は引き続き起こります。
 
 
2. 切開部の傷跡
 
傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。
 
 
3. その他
 
手術後、バストを柔らかく保つため、医師の検診により高周波での治療を行わせて頂きます。
通常1 週間毎に1 回のペースで5 回程続けます。その後は状態によって継続して頂くことがあります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

トラブル一覧

A) バストの位置が高すぎる(外側や内側の広がりが足りない)

A-1トラブルの内容
バッグを挿入するためのスペースの剥離が足りなかったり、バッグがスペース内の適正な位置よりも高い位置に固定されたりすると、バストの位置が高くなってしまいます。
 
A-2 対応
バストの位置が高すぎる場合は、バスト位置を下げるため、バッグの入っているスペースを下方に広げる対応をさせていただきます。

術後1 週間後、位置が高すぎると判断した場合、すぐに処置を行わせて頂きます。 
その場合は、4 ヶ月以上経過を待ってから処置を行います。

B) バストの位置が低すぎる(外側すぎる・内側すぎる)

B-1トラブルの内容
バッグを挿入するためのスペースが下方に広がり過ぎると、バストの位置が低くなります。
 
B-2 対応
バストの位置が低すぎる場合、バッグの入っているスペースの下側を狭くする必要があるため、下記のような方法で改善を図ります。
 
◆ 糸で固定
適正なアンダーバストのラインに合わせて、狭くする範囲を糸で固定し、剥離されて広がったスペースを癒着させ、小さくします。
 
術後1 週間後、位置が低すぎると判断した際は、皮膚の表から針で糸を通して皮膚を胸壁の筋肉に固定します。そうすることで、剥離されて広がったスペースを癒着させて小さくします。
 
※ この処置により、アンダーバストの糸で固定した場所に凹みが出来ます。
時間の経過と共に少しずつ馴染んでいきますが、6 ヶ月程続くこともあります。
 
◆ バッグの抜去・再挿入
一旦バッグを抜去し、4 ヶ月程待って頂くと、バッグを入れていたスペースが癒着して元の状態に戻ります。その後に、再度バッグを挿入します。

C) 希望のサイズでない

C-1トラブルの内容
手術後3 ヶ月程はむくみが起きるため、バストが大きく見えます。手術前に豊胸後のバストの大きさや形を正確に予測することが難しいため、手術後に希望のサイズとギャップを感じることがあります。
 
C-2 対応
希望のサイズと大きくかけ離れていると感じた場合、バッグの入れ替えを行い調整いたします。
 
※ただし、サイズアップの場合、バッグの輪郭が浮き出る・被膜拘縮(ひまくこうしゅく)・感染の可能性が高くなるなどのリスクも伴います。また、それ以上大きなサイズのバッグへの入れ替えが、体型・手術時の状態によっては難しい場合もあることをご了承ください。

D) バストの左右差(位置のずれ・大きさの違い)

D-1トラブルの内容
バストの大きさの左右差や位置は、元々のバストの大きさや形・位置の違いによることもありますが、バッグを挿入した際の位置のズレによることもあります。
 
D-2 対応
バストの左右差が気になる場合は、状態により上記 A) B) C) に準じて対応させていただきます。

E) バッグの輪郭が浮き出る

E-1トラブルの内容
もともとバストが小さい方や皮下脂肪が少ない方は、シリコンバッグの輪郭が浮き出て見えてしまうことがあります。
また、姿勢によってはバッグが折れてバッグにシワが入り、そのシワのラインが浮き出ることがあります。
 
E-2 対応
バッグの輪郭が浮き出た場合、バッグの周辺にご自身の脂肪やヒアルロン酸などを注入して膨らみをつけるか、小さなサイズのバッグに入れ替えるなどの対応をさせていただきます。

F) 被膜拘縮(ひまくこうしゅく)(カプセル拘縮)

F-1トラブルの内容
異物であるバックを入れることで、免疫反応によってバッグ全体に膜が出来ます。その膜が縮むと硬くなって、不自然な形になることがあります。
 
F-2 対応
被膜拘縮が起こる確率は5%程度と低いのですが、被膜拘縮を起こした場合、バッグを抜去する、又は被膜を切除してバッグを入れ替える手術をご提案させて頂きます。
 
バッグを入れ替える場合、被膜の切除を確実に行うため、乳房下縁(にゅうぼうかえん)(アンダーバスト)に切開する必要がありますことをご了承ください。
 
※ 被膜拘縮が起こる原因は様々ありますが、患者様の体質による要因もありますので、入れ替えを行っても再び被膜拘縮を起こす可能性がありますことをご理解ください。

G) 胸の中でバッグが動く

G-1トラブルの内容
バッグを入れるために作ったスペースの中でバッグが回転したり、移動することがあります。
 
G-2 対応
胸の中でバッグが動いた場合、マッサージを行って適正な位置に戻す処置を行わせて頂きます。上記の方法で改善されなかった場合、再度切開を行い修正させて頂きます。

H) 傷跡が気になる

H-1トラブルの内容
傷跡が赤く盛り上がる、色素沈着、凹む、幅が広くなる、など、傷跡が目立つ場合があります。
 
H-2 対応
傷跡が気になる場合、その状態に応じて下記の方法を用いて改善を図ります。
 
ステロイド(ケナコルト)注射
※ケロイドのように赤く盛り上がった傷を平らにする効果が期待できます。
十分な効果が得られるまでは、1 ヶ月に1 回の治療を繰り返す必要があります。
ステロイドの副作用として、傷が凹む、毛細血管が浮きでる場合があります。
 
クリーム治療 ※色素沈着によって傷跡が目立つ場合 
● ハイドロキノンクリーム ※沈着した色素を薄くします。
● トレチノイン+ハイドロキノンクリーム ※肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚の再生を促進します。
 
切開法
① 傷痕の凹(へこ)みは、ワキの傷とバストの傷が繋がってしまうことにより、引っ張られている事が原因です。
その際は、再度傷を切開し、傷の癒着(ゆちゃく)をはがす処置を行います。
 
② 傷痕の幅が広がってしまった場合は、術後4 ヶ月以降に傷の赤みが消えた上で再度切開し、傷痕を切除して丁寧に縫合いたします。

I) インプラントの破損

I-1トラブルの内容
通常、バッグが破損することは考えにくいですが、非現実的な強い衝撃が加わることによって破損する可能性もあります。
 
I-2 対応
バッグが胸の中で破損した場合、バッグを抜去、又は入れ替えを行います。
また、出来る限りバッグの破片と中身のシリコンジェルを除去しますが、多少体内に残ってしまう可能性がありますことをご理解ください。
 
また、もともと胸の組織とバッグの癒着(ゆちゃく)が強い場合、ワキからの手術ではバッグの破片をきれいに取りきれない可能性もあります。残ったバッグの破片を確実に取り除く事を希望される場合、アンダーバストに沿って切開してバッグの破片を除去します。

J) 胸部の感覚麻痺

J-1トラブルの内容
手術中にバストの知覚神経が引き伸ばされるため、バストの皮膚や乳輪・乳頭の知覚が鈍くなることがあります。
 
J-2 対応
基本的には、時間の経過と共に少しずつ感覚が戻ってきます。ただし、日常生活には問題ない程度ですが、完全には回復しない場合もあります。

K) 感 染(化膿(かのう)する)

K-1トラブルの内容
腫れ・赤み・痛み・熱感が増したり、長びいたりする場合は感染の可能性があります。感染が起こりそのまま放置すると、菌が全身に広がって熱が出たり、胸の皮膚が破れて膿が出てくることもあります。
そして、皮膚が破れた箇所には傷痕が残ってしまうため、感染が疑われる場合には皮膚が破れる前に早急な処置が必要です。
 
K-2 対応
基本的に、抗生剤の投与や内服薬の服用を2 週間続けて経過を見ます。それでも改善が見られない場合は、バッグの抜去が必要となります。ただし、状態によっては、早急にバッグを抜去しなければならない場合もあります。
抜去後の再挿入は、抜去手術から4 ヶ月経過した後(感染の原因となる細菌が完全に消えてから)となります。

L) 血が溜まる

L-1トラブルの内容
術後、傷の中で出血が起こった場合、血が溜まって胸部が紫色に腫れ上がります。血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりを作る可能性があります。
 
L-2 対応
血が溜まった場合、出来るだけ早く溜まった血液を排出する必要があります。

M) 傷が開く

M-1トラブルの内容
稀に糸が外れて、傷が開くことがあります。
 
M-2 対応
傷が開いた場合は、再度縫合させていただきます。

N) 中縫いの糸が出てくる

N-1トラブルの内容
皮膚下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が出てくることがあります。
 
N-2 対応
そのままにしておくと化膿する可能性がありますので、早めに抜糸を行なわせて頂きます。

O) 術中の出血

O-1トラブルの内容
手術中、スペースを作る操作によって太い血管に傷がついて、大量に出血する可能性があります。
 
O-2 対応
ワキからの切開の場合、止血する事が出来ないことがあります。その際は、乳房下縁を切開し止血する処置を行います。

P) テープかぶれ

P-1トラブルの内容
傷口を保護するために、傷のズの上にガーゼをあててテープで止める処置を行います。肌の弱い方は、テープかぶれが起きて水疱ができることがあります。
 
P-2 対応
通常、1 週間程で水ぶくれは破れて治ります。その後、色素沈着になることがあり、その場合はシミ取りのクリームを処方させて頂きます。

料金

豊胸術 (シリコンバック) ¥900,000+税
※ケラーファンネル使用時+¥20,000+税