被膜拘縮解除術

  1. ビスポーククリニック
  2. 被膜拘縮解除術

この治療に向いているタイプ

●人口乳房により胸の形が変わったように感じる
●人口乳房により胸が硬くなったように感じる
●人口乳房により胸に不自然なシワができている
●人口乳房により胸の下の方に段差ができている

ポイント

豊胸用バッグを挿入した後、バッグを包むように薄い膜(被膜)が作られますが、この被膜が縮んでくることで硬くなる、不自然な形になる、シワが寄るなど、バッグインプラントに変形が生じます。この状態を被膜拘縮(カプセル)といい、このカプセルを取り除いたり切り開くことで拘縮や引き連れを解消する手術です。

手術の詳細

手術は基本的に前回の豊胸手術で出来た傷跡を再度切開して行います。
しかし、ワキからの切開ではカプセルを切り取ることが出来ない場合や、出血をコントロール出来ないこともあります。その時は、乳房下縁(アンダーバスト)を切開し手術を行います。
■手術の流れ
■レイヤーの変更もあります

麻酔方法

全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ
約7~14 日間 (ワキ~胸全体に出ることもあります。)
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
手術操作によって細かい血管が傷つくと皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~2 週間で消失します。ワキの切開部~胸全体に出る可能性があります。
 
 
■抜糸
6~8 日目
 
 
■ドレーン
術後の浸出液や血液を胸に貯めずに、外に排出させるための管を付けます。
通常は、2~3日程で抜去となります。
 
 
■圧迫
アップ帯という包帯を2~3日装着します。
その後、抜糸までは、取り外し可能なバストバンドにて.圧迫を継続します。
 
 
■ブラジャー
術後3 ヶ月は、ワイヤー入りブラジャーの着用を控えていただきます。(スポーツブラや柔らかいタイプの物を使用)
 
 
■通院
1 日目・2 日目・3 日目(4 日目~)・7 日目
 
 
■完成
約3 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

1. 胸
 
○ 一時的に腫れやムクミにより違和感を生じることがありますが、時間と供に馴染んでいきます。
○ 一時的に胸の感覚が鈍くなりますが、数ヶ月かけ徐々に改善します。
○ ワキから胸にかけてつっぱり感が生じることがあります。
    ストレッチなどを行っていただくことで、徐々に馴染んでいきます。
○ ワキから肘にかけて筋がつっぱることもあります。リンパ管の腫れ・しこりが原因となります。
    通常3 ヶ月ほどで改善されます。
 
 
1. 傷 跡
 
傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 被膜拘縮の再発

A-1トラブルの内容
被膜拘縮の原因はまだ完全には明らかになっていませんが、患者様の体質も原因の一つといわれています。そのため被膜拘縮を解除する手術をした後、拘縮が再発する可能性があります。
 
A-2 対応
被膜拘縮が再発した場合、再度拘縮を切除する手術をさせていただくことは可能です。いくつかある方法として、シリコンインプラントのサイズを小さくする、エキスパンダーを用いる、バッグを挿入する箇所を大胸筋の上から下へ挿入する、被膜の切除を徹底的に行うなどの方法をとらせて頂きます。
 
それでも再発をくり返す可能性が高いことをご了承ください。再発をくり返す場合は、バッグを抜去することをご提案させていただきます。

B) 胸部感覚麻痺

B-1トラブルの内容
手術中にバストの知覚神経が引き伸ばされため、バストの皮膚や乳輪・乳頭の知覚が鈍くなる場合があります。
 
B-2 対応
基本的には、時間の経過とともに感覚が戻ってきます。ただし、日常生活には問題ない程度ですが、完全には回復しない場合もあります。

C) 授乳への影響

C-1トラブルの内容
被膜が非常に厚くなり乳腺との癒着が強い場合は、乳腺を部分的に切除する必要があります。それでも授乳障害を引き起こす可能性はほとんどありません。
 
C-2 対応
通常の授乳に支障が出る心配はございませんのでご安心ください。

D) シリコンバッグの破損

D-1トラブルの内容
慎重に解除手術を行いますが、シリコンバッグを傷つけ破損する可能性はございます。
 
D-2 対応
万が一、手術中にシリコンバッグが破損した場合、流れ出たシリコンジェルはできる限り取り除きます。シリコンバッグは同じサイズの新しいものを挿入いたします。
 
もし、同じサイズのバッグがご用意できていない場合は、仮のバッグを挿入させていただき、バッグが用意でき次第再度バッグの入替をいたします。

E) 感 染(化膿(かのう)する)

E-1トラブルの内容
赤み・腫れ・痛み・熱感が強くなったり、長いたりする場合は、感染が疑われます。
 
E-2 対応
感染が起きた場合、そのまま放置されますと菌が全身に広がり、高熱が出たり、胸の皮膚が破れて膿が外に出てくることもあります。そして、皮膚が破れた後には傷跡が残ってしまうため、感染が起きた時には皮膚が破れる前に早急な処置が必要となります。
 
基本的に、内服薬の服用や抗生剤の投与2 週間続けて経過を見ます。それでも改善が見られない場合は、バッグインプラントの抜去が必要となります。ただし、状態によっては、早急にバッグを抜去しなければならない場合もあります。
 
抜去後の再挿入の時期は、最低でも抜去手術から4 ヶ月経過した後(感染の原因となる細菌が完全に消えてから)になります。

F) 血が溜まる

F-1トラブルの内容
術後に傷の中で出血すると、血が溜まって胸部に腫れが生じます。血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりを作る可能性があります。
 
F-2 対応
出来るだけ早く処置をする必要があります。その際は再度傷を切開し溜まった血液の排出を行います。

G) 傷が開く

G-1トラブルの内容
稀に糸が外れて、傷が開いてしまう場合があります。
 
G-2 対応
傷が開いた場合は、再度縫合させていただきます。

H) 中縫いの糸が出てくる

H-1トラブルの内容
皮膚の下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が表面に出てくることがあります。
 
H-2 対応
放置していると化膿する恐れがありますので、お早めにご来院下さい。糸を取り除く処置をさせて頂きます。

I) 術中の出血

I-1トラブルの内容
手術中、バッグインプラントを挿入するスペースを作る操作によって太い血管が傷つき、大量に出血する可能性があります。
 
I-2 対応
ワキからの切開の場合、出血を止める事が出来ない場合があります。その場合、乳房下縁を切開し止血させて頂きます。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月間は、腫れや炎症が残っているため、手術を行うと、傷が汚くなる、癒着(ゆちゃく)が強く変形するなど、原則として調整や手術は行えない時期です。腫れや炎症が収まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせて頂くことを御了承下さい。

料金

被膜拘縮解除術 ¥300,000+税~