人工乳腺抜去術

  1. ビスポーククリニック
  2. 人工乳腺抜去術

この手術に向いているタイプ

●豊胸をしたけれど、形が気に入らない
●思っていたサイズと違っていた
●バッグの破損や液漏れがある
●必要性がなくなった
●バッグインプラントの位置に違和感がある

ポイント

豊かできれいなバストを手に入れたいと思い豊胸したものの、理由があって除去をご希望される患者様に綺麗に除去する手術です。
除去される原因の多くは、人口乳腺の硬化による乳房の変形や疼痛です。当院ではシリコンインプラントを挿入した時の傷跡を切開し抜去します。

手術の詳細

挿入した人工乳腺を抜去(除去)します。
 
人工乳腺(シリコンバッグ)を挿入した際の傷跡に沿って切開し、バッグを取り出し元の乳房に戻す手術法です。

麻酔方法

静脈麻酔+ラリンゲルマスク 全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ
約7~14 日間(ワキ~胸全体に出ることがあります。)
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
手術操作によって細かい血管が傷つくと皮膚の下で出血し、ワキの切開部~胸全体が紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■抜糸
6~8 日後
 
 
■ドレーン
術後の浸出液や血液をバストの中に貯めずに、外に排出させるための管を付けます。
通常は、2~3 日程で抜去となります。
 
 
■ブラジャー
(術後の状態によりますが)手術直後から着用して頂いても構いません。
 
 
■通院
1 日目・7 日目
 
 
■完成
約3 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

1. 胸 
 
○ 一時的に胸の感覚が鈍くなることがありますが、数ヶ月かけ徐々に改善します。
 
○ 手術後は、状態が落ち着くまでの間、強い刺激によって痛みを感じることがあります。徐々に軽減されますが、痛みが強い間は、出来るだけ刺激を避けて下さい。
 
○ ワキを切開した時に、ワキから胸にかけてつっぱり感が生じることがあります。ストレッチなどを行って頂くことで、徐々に馴染んでいきます。
 
○ バストの膨みによって伸びていた皮膚は、バッグを抜去し、膨らみが減少する事でハリ感がなくなります。
 
 
2. 切開部の傷跡
 
傷の赤みは数ヶ月かけて、薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。
 
 
3. 加 齢
 
手術後もバストの位置が下がる、ボリュームが減るなど、加齢による変化は引き続き起こります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) バストの下垂症状が強くなる・ハリがなくなる

A-1トラブルの内容
豊胸術によってハリや膨らみが保たれていた分、バッグを抜去することで余った皮膚がたるみ、バストの下垂症状が強くなることがあります。
 
A-2 対応
手術を行うにあたって避けられないことをご理解ください。

B) 傷跡が痕が気になる

B-1トラブルの内容
傷跡が赤く盛り上がる、色素沈着、凹む、幅が広くなる、など、傷跡が目立つ場合があります。
 
B-2 対応
傷跡が気になる場合、その状態に応じて下記の方法を用いて改善を図ります。


ステロイド(ケナコルト)注射
ケロイドのように赤く盛り上がった傷を平らにする効果が期待できます。
十分な効果が得られるまでは、1 ヶ月に1 回の治療を繰り返す必要があります。
ステロイドの副作用として、傷が凹む、毛細血管が浮きでる場合があります。
 
切開法(術後4 ヶ月以降、傷の赤みが消えたうえで)
傷痕の凹(へこ)みは、ワキの傷とバストの傷が繋がってしまうことにより、引っ張られている事が原因です。
その際は、再度傷を切開し、傷の癒着(ゆちゃく)をはがす処置を行います。
 
ハイドロキノンクリーム ※沈着した色素を薄くします。
 
トレチノイン+ハイドロキノンクリーム ※肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚の再生を促進します。

C) バストの変形・左右差

C-1トラブルの内容
バッグを抜去することで、バッグによって持ち上げられていたご自身のバストが胸壁にくっついて、バッグの入っていたスペースは消失します。
 
しかし、バストがどこに癒着(ゆちゃく)するのかを正確にコントロールすることは困難なため、バストの位置がずれたり、よじれて変形する場合があります。
 
C-2 対応
変形や左右差が生じた場合、手術にて癒着を剥離する、またはご自身の脂肪やヒアルロン酸を注入して膨らみを作り、調整をさせて頂きます。
 
*癒着解除の場合、癒着を解除しても、ご希望通りのバストにならないことがあることをご理解ください。
*脂肪注入を行う場合、ご自身の脂肪の量が少ない場合は採取出来る脂肪も少くなるため、ご希望通りの膨らみが作れず、ご満足頂けない場合もあります。

D) シリコンバッグの破損

D-1トラブルの内容
シリコンバッグを傷口から引っ張り出す時に破れてしまう可能性があります。
 
D-2 対応
破れたバッグとその中身のシリコンジェルは出来る限り除去しますが、多少、胸の中に残ってしまう可能性があります。
 
また、もともと胸の組織とバッグの癒着(ゆちゃく)が強い場合、ワキからの手術ではバッグの破片をきれいに取りきれない場合もあります。
 
癒着したバッグを全て綺麗に摘出することをご希望される場合には、アンダーバストに沿って切開し、バッグの破片を綺麗に除去します。

E) 感 染(化膿(かのう)する)

E-1トラブルの内容
腫れ・赤み・痛み・熱感が増したり、長びいたりする場合は感染の可能性があります。感染が起こりそのまま放置すると、菌が全身に広がって熱が出たり、胸の皮膚が破れて膿が出てくることもあります。
そして、皮膚が破れた箇所には傷痕が残ってしまうため、感染が疑われる場合には皮膚が破れる前に早急な処置が必要です。
 
E-2 対応
基本的に、抗生剤の投与や内服薬の服用を2 週間続けて経過を見ます。必要に応じて再度傷を開けるか、新しい切開を加えて膿を出す処置を行います。

F) 血が溜まる

F-1トラブルの内容
術後、傷の中で出血が起こった場合、血が溜まって胸部が紫色に腫れ上がります。血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりを作る可能性があります。
 
F-2 対応
血が溜まった場合、出来るだけ早く溜まった血液を排出する必要があります。

G) 中縫いの糸が出てくる

G-1トラブルの内容
皮膚下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が出てくることがあります。
 
G-2 対応
そのままにしておくと化膿する可能性がありますので、早めに抜糸を行なわせて頂きます。

H) 傷が開く

H-1トラブルの内容
稀に糸が外れて、傷が開くことがあります。
 
H-2 対応
傷が開いた場合は、再度縫合させていただきます。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

人工乳腺抜去術
(当院で受けられた手術の場合)
¥200,000+税
人工乳腺抜去術
(他院で受けられた手術の場合)
¥400,000+税