COLUMN

コラム

日焼け

”うっかり日焼け”は早めのケアが大切!美容クリニックでのケアをご紹介

日焼けクリニックケア_クリニックケア

 

最近、夏日が続くなど暑い日が続いていますね☀

そこで気になり始めるのが【紫外線対策】。ちゃんと日焼け止めを塗っていたのに日焼けしてしまった…なんて事ありますよね?

いわゆる”うっかり日焼け”ですが、赤く焼けてしまった肌を見ると「シミになるかも…」と心配になってきますよね。

日焼けの後は早めのケアが大切!クリニックでできるオススメの美容施術をご紹介します。

 

目次

紫外線とは?

・紫外線の種類について

・効果的な紫外線対策

日焼け後にクリニックで行う美容施術ケア

・美容医療を選ぶ理由

・メソナJ

・美容点滴

日焼けの原因となる紫外線とは?

太陽光から地球に届く光は、大きく3つに分けられます。

・赤外線

・可視光線

・紫外線

日焼けクリニックケア_紫外線とは

 

その中でもよく耳にするのが、紫外線ではないでしょうか?

紫外線と聞くと、「肌が赤くなる」「シミの原因になる」というイメージをする方が多いと思います。

実は、紫外線は3種類に分けることができ、それぞれに対しての紫外線対策を行わないとうっかり日焼けの原因になります。

紫外線の種類は波長の長さによって分けられ、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)があり、近年、注目度が増している可視光線と併せて、それぞれの対策方法などを詳しくご説明します。

紫外線の種類について

日焼けクリニックケア_肌への影響1

波長が長く肌の奥深くまで届く紫外線A波(UVA)

太陽光から発せられる紫外線のうちの一つが紫外線A波と呼ばれる”UVA”で、波長は他2つと比べて最も長くなっており、雲や窓ガラスを透過してしまうため、曇・雨などの天候や、家や車の中でも肌へ到達してしまい、年間を通して降り注いでいます。

太陽から届く紫外線の約9割を占めると言われていますが、紫外線B波(UVB)と比べるとエネルギー量は少なめで肌へ急激な影響は出ません。

しかし、ダメージはしっかり蓄積していき、時間をかけて徐々にハリの低下やたるみ、シワを引き起こすと言われています。

肌への影響

・肌のより深くまで侵入して弾力の低下へ繋がる

・真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊し、シワ・たるみの原因に

など、じわじわと時間をかけて肌に様々な影響をあたえ、光老化の原因となります。

日焼け止めの表記

「PA」で表記され「+~++++」の4段階表記されます。

波長が短くエネルギーが強い紫外線B波(UVB)

UVAに比べエネルギー量が大きいUVBは、肌が真っ赤に焼けたり水ぶくれを伴うような日焼け(サンバーン)の原因となります。

たくさん浴びると炎症を起こし、その後メラニンが作られることでシミや色素沈着(サンタン)を引き起こしてしまいます。

ただし、波長が短くほとんどがオゾン層や雲に吸収されてしまい、人の肌に当たる紫外線のうち9割がUVAで残りの1割がUVBだと言われています。

暑く日差しが強い時期に多く降り注ぐUVBは5~8月がピークとされており、秋冬は比較的少なくなっています。

肌への影響

・肌が赤くなる日焼け(サンバーン)

・数日後に肌が黒くなる日焼け(サンタン)

・「シミ」「そばかす」の原因になるだけでなく、肌表面やDNAを傷つけるなどダメージが大きい

・皮膚がんの原因になる

日焼け止めの表記

「SPF」で表記され、日本の最高値は「50+」とされています

日焼けクリニックケア_肌への影響2

 

最も波長が短くエネルギーの強い紫外線C波(UVC)

3つのなかで最も波長が短く、オゾン層に吸収されるため地表には届かないUVC。そのため、対策は特に必要ありません。

波長が短い=エネルギーが強いため、もし地表に届いていたら人体にとても大変な影響を与えてしまいます。

その強いエネルギーを利用して、人工的にUVCを作り出し、殺菌灯などに使われています。

UVAよりもさらに深部に届く可視光線

紫外線だけでなく、可視光線も光老化の影響を与えているということがわかってきました。

可視光線の中でも、肌の酸化ストレスを高めるとしてブルーライトの影響が近年注目を浴びています。

ブルーライトと聞くと、パソコンやスマートフォンの光を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は太陽光にも含まれ、その強度はパソコンやスマートフォンの光と比べ、数百倍とも言われています。

真皮層まで届くUVAよりもさらに奥の深い部分にまで届き、じわじわとダメージを与えていきます。

効果的な紫外線対策

シミ・シワ・たるみなどの肌の老化現象は、8割が【光老化】の影響を受けています。(加齢による影響は2割程度なのです)

これからの季節はUVA、UVB共に強くなりますので、下記のように効果的な紫外線対策を行いましょう。

・塗る日焼け止め

・飲む日焼け止め

・日傘

・サングラス

・外でのレジャーなどの時はラッシュガードなどの着用

★あわせて読みたい記事

当院で取り扱っている日焼け止めを徹底比較

日焼け後に行うクリニックでのケア

美容医療を選ぶ理由

美容クリニックでは、医師や看護師など医学的知識を持った医療従事者が在籍しています。

患者様の肌状態を診察し、どの施術に適応があるのか施術の説明、注意点、アフターケアまでをご提案します。

使用できる機械や薬剤にも違いがあり、医学的な観点に基づき、効果を重視した的確な美容施術をご提供します。

日焼けクリニックケア_東京院内観

 

さらに、ビスポーククリニックは完全個室を完備しており、患者様のプライバシーに配慮しております。常に空気の清浄度も保ち、安心してお過ごしいただけます。

メソナJ

日焼けクリニックケア_MesonaJ

 

日焼け後のお肌はとても乾燥しています。

そこで!

短時間で効果的にお肌の奥まで美容成分を浸透させることのできるメソナJがとてもオススメ。

メソナJは、そのまま肌に塗布したときの約300倍、イオン導入の約70倍の浸透率があると言われています。

▮プレミアムプランA、B 23,100円※初回限定価格

▮ホワイトニングプラン 15,400円※初回限定価格

※日焼けによる赤みがひいていればお受けいただけますが、 皮むけが起きている時の施術は行うことができません。

美容点滴

日焼けクリニックケア_美容点滴

 

点滴で体内に直接取り込むことにより、高い効果を期待できます。

ビスポーククリニックでは、美白効果の高いビタミンC入りの【美肌美白点滴】や、強力な抗酸化作用と美白作用のあるグルタチオンが入った【スペシャル美白点滴】をご用意しています。

お顔の施術と同時進行で点滴を行うことも可能なので、メソナJとのセット治療はまさにゴールデンペアです。

▮美肌・美白点滴 6,600円

▮スペシャル美白点滴 11,000円

※全て税込価格

クリニックでの専門的なケアでうっかり日焼け後のダメージを残さない

普段の生活の中で避けることができない紫外線。

日焼けの仕組みとお肌のケアをする方法をしっかり身につけて、ダメージを出来る限り抑えながら乗り越えていきましょう!

クリニックでの専門的なケアだけではなく、帰宅後にすぐに行うホームケアも大切となってくるため、どちらも併用がオススメです。

★あわせて読みたい記事

自宅で出来る効果的な日焼けケアをまとめ

執筆監修者

上野 佐知 / 東京院 医師

上野 佐知 / 東京院 医師

今はインターネットなど情報を得る場がたくさんあり、患者様の知識も深く、美容医療に携わる医師として、医師と患者というより、ともに美を追求する戦友や同志のような気持ちで日々診療しています。何か治療をしてみたいと思った時にいつでも気軽にアクセスしていただけるような存在でありたいです。​

カウンセリングのご相談・お申し込み

携帯からも通話無料
受付時間
10:00~19:00
 

Warning: filemtime(): stat failed for calender.js in /home/bespoke-clinic/public_html/wp/wp-content/themes/original/footer.php on line 501