Example of treatment

乳輪縮小術

乳輪縮小術に向いているタイプ

Type
  • 大きな乳輪が気になっている
  • 授乳によって大きくなった乳輪を小さくしたい
  • 授乳への影響がないように乳輪を小さくしたい
  • 乳輪に左右差がある
  • 乳輪の形を変えたい
  • 乳輪のぶつぶつを綺麗にしたい

乳輪縮小術のポイント

Point

乳輪が大きくなる原因は、「先天的に大きい」「バストの発育と共に大きくなった」「授乳によって大きくなってしまった」など様々です。乳房や乳首の状態、乳輪の大きさなどによって、乳輪を小さくする手術方法は様々ですが、乳房とのバランスが大切です。

乳輪縮小術では、乳輪の幅を小さくする、もしくは乳輪の広さを狭くするかによって、乳輪の外側を切除するか乳頭周辺を切除するかのアプローチ方法が異なります。
乳腺を傷つける施術ではないので、授乳への影響の心配はありません。

 

乳輪縮小術の詳細

Details

乳輪の大きさを縮小する方法として、乳頭周囲の乳輪をドーナツ状に切除し乳頭基部にて縫合する方法と、乳輪の外側の皮膚をドーナツ状に切除して縫い寄せる方法があります。もちろん局部麻酔を行うため、術中の痛みは感じません。

【乳頭周囲の乳輪を切除する方法】
この方法は、さほど乳輪の大きさを小さくする必要がない場合に選択します。
乳頭の基部から余分な乳輪組織を切除し、乳輪を狭くします。乳頭の基部根元と切除した内側の部分を縫合します。

【乳輪の外側の皮膚を切除する方法】
できる限り乳輪の大きさを小さくする場合に、この方法を選択します。
乳輪の外側の組織を切除し、乳輪の面積を小さくします。狭くなった乳輪の外側の部分と、その周囲の皮膚の部分を縫合します。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

Anesthesia
  • 局所麻酔
  • 笑気ガス麻酔
  • 静脈麻酔+ラリンゲルマスク

ダウンタイム・術後経過

Downtime

ダウンタイム

※個人差があります。

  • 腫れ

    約7~14 日間。乳輪・乳頭周囲に出る可能性があります。 内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。

  • 内出血

    手術操作によって細かい血管が傷つくと皮膚の下で出血し乳輪周囲~胸全体が紫色になりますが、1~2 週間で消失します。

  • 抜糸

    7~10 日目(皮膚を縫い合わせた糸を抜糸します)

  • 保護

    抜糸までの間は、ガーゼで保護を行ないます。

  • 通院

    7 日目

  • 完成

    約6 ヶ月

ダウンタイム後の経過

1. 胸

○ 術後しばらくは、むくみにより思ったようでないと感じますが、時間とともに馴染んでいきます。

○ 傷の縫合部の皮膚がひきつれて、ギャザーが出来ます。

○ 手術後は状態が落ち着くまでの間、強い刺激によって痛みを感じることがあります。
      徐々に軽減されますが、痛みが強い間は出来るだけ刺激を避けてください。

2. 傷 跡

○ 乳輪の外側を切除した場合は、
      傷の赤みは、数ヶ月かけて 薄茶色(一時的な色素沈着)から白っぽい線と変化し改善します。

○ 乳頭周囲を切除した場合は、
      傷の赤みは数ヶ月かけて一時的は色素沈着から乳頭乳輪部の茶色の肌とは異なる白いキズアトになります。

手術後に起こりうるトラブル

Trouble

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

  • 左右差
  • 乳輪の縮小効果が物足りない
  • 乳輪が小さくなりすぎる
  • ギャザーが残る
  • 傷跡
  • 乳頭の平坦化
  • 感覚の麻痺
  • 糸が触れる
  • 糸が出てくる
  • 感染(化膿する)
  • 血が溜まる
  • 傷が開く
喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。
手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

Price

※保険適用外の自由診療です。

乳輪縮小術¥550,000
乳頭乳輪縮小術¥770,000

※価格は全て税込です。

 

乳輪縮小術のよくある質問

Faq
  • どのような手術を行うのでしょうか?

    方法として2種類あります。乳輪の色のある部分を切除しますが、一つは乳頭の外側でリング上に切除する方法。もう一つの方法は乳輪の外側で切除する方法です。こちらの方法は外周を切除することにより乳輪を小さくすることが可能です。

  • 乳輪縮小の手術後は、胸の大きさが変わってしまう事はありますか?

    乳輪縮小の手術でバストサイズが小さくなるような心配はありません。

  • 傷跡は目立ちませんか?

    乳頭の外側でリング上に切除する方法は、傷跡が乳頭との境になりますのでほとんど目立ちません。乳輪の外側で切除する方法は、傷跡は乳頭周囲のものよりは少しですが目立つかもしれません。個人差もありますが、傷跡はおよそ3ヶ月~半年ほどで目立たなくなります。

  • 術後、授乳は可能ですか?

    授乳に影響する心配はありません。

  • 術後の腫れはありますか?

    抜去施術後の経過としては、腫れ・痛みのピークが2~3日あった後、およそ1週間ほどで落ち着いてくるかと思います。

  • 術後、乳輪の大きさが元に戻ることはありませんか?

    手術で皮膚を取り除きますので、元に戻ることはありません。

ボディの施術例

sample_body