鼻孔縁形成術

  1. HOME
  2. 施術例
  3. 鼻孔縁形成術

この手術に向いているタイプ

  • 正面から見て鼻の穴が目立つ
  • 横から見て鼻の穴が目立つ
  • 鼻の穴の左右差が気にある
  • 鼻の穴の形を変えたい

ポイント

鼻の穴が見えると品が無く見えたり、鼻が上を向いて見えることがあります。

下げたい部分を中心に耳介軟骨や皮膚の一部を移植することで目立たない鼻孔縁を形成します。

また、鼻中隔延長術などで鼻先の位置を下げる手術を行う場合にも併せて行う事で鼻の穴が目立ちにくくなります。 しかし、正面からは見えませんが、鼻の穴を下から覗くと、移植した部分の傷が目立つ場合があるという弱点もあります。

手術の詳細

最も下げたい部分を7〜12mm程切開し、耳介から採取した軟骨や皮膚の一部を移植します。

移植した組織は時間経過と共に多少小さくなる為、できるだけ 小さくならないように栄養となる血液供給を妨げないような固定を行います。最終的な仕上がりは3〜4ヶ月後です。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ

約2〜3日目をピークに約7〜10日間程で目立つ腫れは引いていきます。 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
 

■内出血

細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し鼻の周りが紫色や緑色になりますが、1〜2週間で消失します。
 

■抜糸

約2週間目(鼻の穴の中)
 

■通院

翌日・1週間目・2週間目
 

■メイク

治療箇所以外は手術当日から可能です。
 

■固定ガーゼ

移植した皮膚がずれないように、皮膚側と裏側にガーゼを当てて糸で留めておきます。1週間後に固定ガーゼを外します。
 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。
 

■完成

約4〜6ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■傷

傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。
 

■浮腫み

鼻孔縁に皮膚の余裕を作るために、鼻の皮膚を上方まで軟骨や骨から剥がす事により、腫れは鼻孔近くだけではなく、鼻尖から鼻筋にまで及びます。 浮腫みが取れるのに1〜3ヶ月必要です。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)感染(化膿する)
2)移植した組織が生着しない
3)移植した組織が鼻腔内で盛り上がる
4)鼻孔縁の皮膚側の膨らみ
5)鼻孔縁が硬くなる
6)鼻孔の形が横長に見える
7)鼻孔縁の左右差
8)効果が物足りない
9)鼻孔縁が下がり過ぎる
10)糸が出てくる
11)耳の変形

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。