眉間プロテーゼ

  1. ビスポーククリニック
  2. 眉間プロテーゼ

この手術に向いているタイプ

●彫りが欲しい
●サングラスが似合うようになりたい
●小さくすっきりした鼻になりたい
●鼻を高くしたいがアバターにはなりたくない
●鼻を高くしたいが長くはしたくない

ポイント

ゴアテックスまたはオーダーメイドシリコンプロテーゼで彫りを出す方法です。 隆鼻術と併せて鼻の重心を下げる目的で用います。 眉毛から鼻筋にかけて自然なカーブを作り、ナジオンと呼ばれる鼻の付け根の最も低い点を調整できるメリットがあります。 術後の腫れが長く残存する為、しばらくは予定より高く感じます。

手術の詳細

眉間プロテーゼは、プロテーゼを入れる箇所や、プロテーゼの長さ・厚み・形などによって、仕上がりが大きく変わってきます。
プロテーゼは、ただ単に高くするのではなく、鼻筋の細さやホリの出し方など様々なご要望に合わせてプロテーゼを使い分け、全体的にバランスの良い整った仕上がりになるようにします。
 

ゴアテックス

通気性と保温性に優れているため、スキーウェアーなどに用いられている繊維です。人体との親和性に優れており、布のようにしなやかなため美容整形はもちろん、医療用として 人工血管や心臓のパッチ・脳を包む硬膜の修復などにも使用されています。

しなやかな素材なので、鼻スジから眉間にかけての複雑な骨の形にフィットさせることができます。シリコンに比べると、感染や折れ曲がりやわん曲が起こりやすいのが欠点です。

仕上がりのイメージを画像シミュレーションで確認することで、より理想的な鼻のカタチへ

当院では、自然で目立たない鼻のデザインがご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。

また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。
「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことがよい結果への近道と考えます。

麻酔方法

静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔 全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ

約2週間で目立つ腫れは引いていきますが、1ヶ月位は鼻の付け根がご希望の高さより高く感じます。
内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
※術後1週間はギプスを装着しますので、表から腫れは見えません。
 

■内出血

細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し目の周り、鼻の周りが紫色や緑色になりますが、1〜2週間で消失します。
 

■ドレーン(管)

出血が皮下に溜まるのを防ぐ為に、1〜3日間額と鼻内に留置します。
ドレーンを抜く際に鼻の粘膜から出血することがあります。ドレーンを留置している間は感染防止の為、抗生剤点滴を行います。
 

■ギプス

約1週間
 

■抜糸

・オープン法(表面よりアプローチする場合) 約1週間後(鼻の表面)・約2週間後(鼻の穴の中)鼻中隔延長術や複雑な鼻尖のご手術を合わせて行う場合はオープン法で行います。表面よりアプローチする為、鼻の外側(鼻柱の皮膚)にも傷が出来ます。
・クローズ法(内側よりアプローチする場合) 約2週間後(鼻の穴の中)
鼻の内側よりアプローチする為、傷は鼻の中のみです。
 

■通院

翌日〜3日目・1週間目・2週間目
 

■メイク

治療箇所はギプス除去後表面の抜糸が終わってから、それ以外は手術当日から可能です。
 

■洗顔

ギプス除去後可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴は翌日から、入浴はドレーン抜去後可能です。

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■傷

・クローズ法
傷は鼻の中に出来ます。3〜6ヶ月は鼻の中の傷が硬くなりますが、徐々に改善されます。
・オープン法
傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。
 

■浮腫み

ギプス除去後は、一時的に浮腫みを感じます。その為、「高すぎる」「太すぎる」等感じることがあります。
時間の経過と共に落ち着き、4〜6ヶ月程経つとすっきりと見えてきます。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)感染(化膿する)
2)血が溜まる
3)傷口が開く
4)眉間の曲がり・ずれ
5)鼻の穴のひきつれ・穴が左右非対称
6)眉間の異物感
7)眉間の高さ。幅の見た目の違和感
8)プロテーゼが出てくる
9)中縫いの糸(皮膚の内側を縫い合わせている糸)の露出
10)プロテーゼの輪郭が浮き出る
11)額のしびれ・感覚麻痺
12)鼻の穴が開きにくくなる
13)骨が吸収される

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

眉間プロテーゼ挿入術 ¥300,000+税
オーダーメイド眉間プロテーゼ挿入術
(ゴアテックス)※3D模型有
¥350,000+税
オーダーメイド眉間プロテーゼ挿入術
(シリコン)※3D模型有
¥450,000+税

よくある質問

眉間にプロテーゼを入れると、鼻が不自然な形になるアバター顔になると聞いたことがありますが本当ですか?
眉間に挿入するプロテーゼの高さにもよりますが、通常なることはありません。むしろ眉間にもプロテーゼを入れることで、短くてすっきりとした鼻を形成することが可能になります。
術後に入れたプロテーゼがずれたりすることはないですか?
術後にずれることのないように、骨膜下にプロテーゼを挿入しています。通常であればずれる可能性は低いです。
年数が経過した頃に、再びプロテーゼを入れ替える必要はありますか?
通常であれば可能性は低いです。
よく、ブラックライトを当てると光ると聞きます。あれは本当ですか?
通常では考えにくいです。粗悪な素材を使用した場合や技術が未熟であった場合などでしたら可能性的には無きにしも非ずですが、当院は質の良いプロテーゼを正しい位置へ挿入します。ご心配でしたらカウンセリングの際にお気軽にお尋ねください。
眉間を触った際に、不自然な硬さはないでしょうか?
シリコンプロテーゼは人工軟骨と呼ばれており、鼻の軟骨とほぼ同じ硬さです。触った感じも非常に自然ですので、不自然な感じがすることはまず考えにくいです。また当院では、より自然な状態となるよう、素材にも形にもこだわった美しく自然な鼻となるプロテーゼを採用しています。
術後、普通に鼻をかむことはできますか?
術後は、鼻の穴の中に傷があります。ですので、およそ1週間程度、傷が治るまでは強く鼻をかまないようにしてください。強く鼻をかむことにより、鼻の穴の中の傷口に負担がかかってしまいます。花粉症やアレルギー性鼻炎の人は、なるべく鼻水が出ないように、鼻炎薬などの内服薬などでコントロールしていただいた方が良いと思います。
術後1週間を経過すれば、傷口は塞がっているので、多少鼻をかんでいただいても大丈夫です。ただし、強くいきんだり、鼻を強く押さえたりすることは、手術部位に負担がかかります。小鼻を軽く押さえ、強くいきまず、控えめに鼻をかむようにしてください。
術後1ヶ月を経過すれば、傷も手術部位もかなり安定していますので、普段通り鼻をかんでもまず大丈夫だと思います。ただし、どの手術でも傷が完全に安定して落ち着くのは約6ヶ月かかります。そのため、術後6ヶ月が経過するまでは、必要以上に強く鼻をかんだり、強く押したりなど無理をするのは避けてください。
額にしびれが残ったり、感覚が麻痺することはありませんか?
眉間にポケットを作る過程で目から額に向かう神経が引き伸ばされることにより、額にしびれや感覚の麻痺を感じることがあります。通常はおよそ6ヶ月~1年ほどで自然に治ります。
ダウンタイムはどのくらいですか?
術後は、主にプロテーゼを入れた部分が腫れます。腫れのピークは手術当日~手術翌日で、その後は時間の経過と共に腫れが引いていきます。個人差はありますが、腫れが引くのが早い人の場合、術後2~3日目ほどで大きな腫れは引き、人前に出ても特に違和感がない程度になります。腫れやすい人の場合でも、およそ1週間も経過すれば、人前に出ても違和感のないくらいの腫れになります。