脂肪注入

この施術に向いているタイプ

●目の下のたるみを改善したい
●こめかみの凹みを改善して老けた印象をなくしたい
●深いシワを改善して若々しい印象になりたい
●平らな額を丸くボリュームアップして女性らしいおでこにしたい
●口唇をボリュームアップしたい
●バストを自然にボリュームアップしたい
●バストの再建をしたい
●ヒップのボリュームアップをしたい
●半永久的な効果が欲しい

ポイント

従来の機器は脂肪細胞を壊した状態で吸引するものが多く、また、不純物が混ざった状態で吸引されていたので、遠心分離機で脂肪細胞のみ取り出す作業が必要でした。
これらの課題をクリアにして注入に適した自己脂肪を採取することに特化したのが先進のテクノロジーを利用した、ダイオードレーザー脂肪吸引です。
 
吸引した脂肪の生存率が従来の約80%台から95%以上に進化しました。そのため注入後の定着率がより高まります。※2
 
施術中、脂肪吸引だけでなく、胸やお顔への脂肪注入を吸引直後に行うことができ、吸引した部分の皮膚のたるみもダイオードレーザーによるタイトニング(引締め)を同時に行うことが可能です。

注入に必要な脂肪のみ抽出

脂肪を吸引する段階で、脂肪溶解に適したダイオードレーザーを分散照射しながら脂肪吸引することで、注入に適した脂肪細胞のみを抽出します。このレーザー照射技術により、小さく均一な脂肪細胞と血液や麻酔液などの不純物を自動的に選別することで、95%以上の高い生存率の脂肪細胞を摂取することが可能になりました。
注入する脂肪細胞の生存率が高い方が注入後の脂肪細胞の定着率も高くなります。


 

吸引した脂肪細胞の生存率95%以上

従来では、脂肪吸引後、採取した脂肪細胞を遠心分離機で注入用に分離する必要がありました。そのため、脂肪細胞の生存率はよくて約80%台、場合によっては70%台というケースもありました。

 
当院のダイオードレーザー脂肪吸引では、ダイオードレーザーを照射しながら脂肪吸引することで、そのダイオードレーザーの水分にのみ反応する波長で、麻酔の水分をターゲットにして蓄熱効果で脂肪細胞が繋がっている部分を溶解、剥がしやすくし「脂肪細胞を壊さない状態」で吸引します。
その結果、生存率が95%以上で注入用の脂肪細胞を採取することが可能になります。


 

自分の脂肪細胞のみを注入

脂肪を注入する際には、吸引した脂肪細胞の状態や生存率はとても重要です。
従来の機器は脂肪細胞を壊した状態で吸引するものが多く、また、不純物が混ざった状態で吸引されていたので、遠心分離機で脂肪細胞のみ取り出す作業が必要でした。これらの課題をクリアにして注入に適した自己脂肪を採取することに特化したのが先進のレーザー脂肪吸引・脂肪注入です。

 

脂肪細胞と血液や麻酔液などの不純物を自動的に選別するため鮮度の高い脂肪細胞が取れることで、注入した後の経過も良くなるという仕組みです。


 

注入後の定着率が向上

このダイオードレーザー照射技術により、小さく均一な脂肪細胞と不純物を自動的に選別することで、95%以上の高い生存率の脂肪細胞を摂取することが可能になりました。
脂肪吸引した直後の、注入に適した良質な脂肪細胞だけを選りすぐり注入していきますので、注入後の脂肪細胞の定着率も高くなります。


 

脂肪注入の度合いを細かく調整可能

例えば、お顔への脂肪注入の場合、加齢とともに顔が痩せてこけてきたり、シワが深くなってくると老けて見えてしまいます。その気になるへこみやくぼみの箇所に注入することで、ふっくらとした若々しいハリへ導きます。
お顔・バスト・ヒップなど、気になる箇所への注入量と注入箇所を微調節する事ができ、患者様の仕上がりイメージに近づけることが可能です。
ご自身の脂肪のため、アレルギーの心配もなく、見た目や感触も極めて自然な仕上がりになります。


 

ナチュラルな仕上がりのデザインが可能

自然な仕上がりを求められるのはフェイスラインだけではなく、バストアップをご希望の患者様にも多数いらっしゃいます。「バストをもっと大きくしたいけど自然な仕上がりにしたい」「加齢によって垂れ下がってしまったバストを改善したい」「産後の授乳によってしぼんだバストを基に戻したい」「手術によって摘出したバストを再建したい」などのご要望があります。

 
サイズダウンをしたい部分の脂肪を吸引し注入するので、自然な触感とバストラインで再びハリが戻ります。また、バストからデコルテ部分まで自然なラインで注入することで、胸元全体のラインを美しく魅せることが可能です。

 

ダイオードレーザー脂肪吸引・脂肪注入ならではの、95%以上の高い脂肪細胞の生存率と新鮮な脂肪を注入することによる高い定着率が、バランスの取れた自然な仕上がりのフェイスライン・バストライン・ヒップラインへ導きます。

施術の詳細

吸引したご自身の脂肪を必要なところに注入する、進化した脂肪吸引と脂肪注入。
より繊細な注入によるボディメイクが可能に!

お腹や太ももなどの脂肪を取りたい部分から余分な脂肪を吸引し、膨らませたい部分に注入します。
 
その脂肪吸引のシステムは、360度にレーザーを分散照射しながら脂肪吸引することで、従来よりもスピーディーな吸引を実現。同時に、やけどなどのリスクを軽減します。
 
そして、吸引したご自身の脂肪をコンプレックスをお持ちの箇所に注入する「脂肪注入」によって、より美しくボディデザイン・フェイスデザインが行えます。「バストをもっと大きく」「バストの再建」「目の下のたるみやこめかみの凹みの改善」「額や口唇のボリュームアップ」「ヒップのボリュームアップ」など、ボリュームアップしたい部分にそのまま注入する方法です。
 
患者様にとってリスクが軽減された、進化した脂肪吸引と脂肪注入による繊細なボディメイキングを提案させていただきます。

1.360°レーザー照射による脂肪吸引
ダイオードレーザー(1470nm)は水分にのみ反応する波長で、麻酔の水分をターゲットにして蓄熱効果で脂肪細胞が繋がっている部分を溶解、剥がしやすくすることで脂肪細胞をほとんど壊さない状態で、スルスルっと吸引します。
効率よく吸引されるため、治療時間が短縮化され、同時に体への負担も軽減されます。
2.やけどのリスクや身体への負担の軽減
レーザーの照射は血液凝固の役割もするので、術後の内出血が少なくなります。 
また、メルセデス穿孔チップカニューレに組み込まれたラディアルファイバーによる360℃低電力密度で照射エネルギーを均等化することによりチップ温度は38-42℃、体内温度42−45℃に保たれ、熱傷(やけど)のリスクの低減を可能にしました。
3.注入に必要な脂肪のみ抽出
ダイオードレーザーを分散照射しながら脂肪吸引することで、注入に適した脂肪細胞のみを抽出します。このレーザー照射技術により、小さく均一な脂肪細胞と血液や麻酔液などの不純物を自動的に選別することで、95%以上の高い生存率の脂肪細胞を摂取することが可能になりました。
4.注入の度合いを細かく調整しながら脂肪注入
お顔・バスト・ヒップなど、気になる箇所への注入量と注入箇所を微調節する事ができ、患者様の仕上がりイメージに近づけることが可能です。
ご自身の脂肪のため、アレルギーの心配もなく、見た目や感触も極めて自然な仕上がりに導きます。

麻酔方法

局所麻酔・ラリンゲルマスク麻酔・全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ
約1 週間~2 週間
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
細い血管が傷つくと、脂肪吸引部位や脂肪注入部分が2~3 週間程、紫色~緑色になります。
 
 
■抜糸
1 週間
 
 
■メイク
手術翌日から可能です。
 
 
■洗顔・シャワー浴
手術翌日から、傷口を防水テープで保護すれば洗顔・シャワー浴は可能です。
 
 
■通院
(1 日目)1 週目・2 週目
 
 

術後経過

1. 痛 み 
 
脂肪吸引部には1 週間程、強い痛みがあります。
その後1~3 ヶ月程は、動いた時や触った時に痛みを感じます。
 
 
2. 傷 跡
 
脂肪吸引部の傷跡の赤みが3~6 ケ月続きます。最終的には数ミリの白い傷跡になります。
脂肪注入部の傷跡は太い針穴程度ですが、傷の赤みが落ち着くのには3~6 ケ月必要です。
 
 
3. 注入した脂肪の吸収
 
注入された脂肪の半分以上は1 ケ月程で吸収されてしまいます。
そのため、必要量の2~3 倍の脂肪を注入しますので、術後2~4 週間は膨(ふく)らみすぎと感じます。
 
 
4. 完 成
 
約3 ヶ月

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 感 染(化膿(かのう)する)

A-1トラブルの内容
脂肪注入の手術後、赤み・腫れ・痛み・熱感が増したり、長く続いたりする場合は、感染が疑われます。
 
A-2 対応
感染が起きた場合は、内服薬の服用や抗生剤の投与をさせて頂きます。感染がひどい場合には、傷の一部を開いたり、別の部位を切開したりして膿を出す処置と洗浄をさせて頂きます。

B) 血が溜(た)まる

B-1トラブルの内容
術後に傷の中で出血しますと、血が溜まって胸部が腫れが生じます。血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりになる、あるいは血行不良のため壊死になる恐れがあります。
 
B-2 対応
出来るだけ早い処置が必要です。その際は再度傷を開け、溜まった血液を排出します。

C) 物足りないと感じる

C-1トラブルの内容
脂肪の生着率には個人差があるため、予想外に体内に吸収されて膨らみが足りなくなる場合があります。
 
C-2 対応
手術後の経過が物足りないと感じる場合、再度脂肪注入をするか、ヒアルロン酸を注入して膨らみを補うことが可能です。

D) 膨(ふく)らみすぎたと感じる

D-1トラブルの内容
脂肪の生着率には個人差があるため、予想以上に生着がよく、膨らみすぎてしまう場合があります。
 
D-2 対応
膨らみすぎたと感じる場合の対処法として、膨らみすぎた部分の脂肪を吸引する、ステロイド(ケナコルト)注射を行う、あるいは脂肪溶解注射を打つといった方法があります。
 
※ ステロイドには脂肪を萎縮させる作用がありますが、副作用として、凹みすぎる、皮膚が薄くなる、毛細血管が浮きでるといった事が起きる場合があります。

E) 左右差

E-1トラブルの内容
脂肪の注入量や注入部位はできる限り左右で揃うように行いますが、生着率が左右で異なって膨らみに左右差を生じることがあります。
 
E-2 対応
左右差の修正をご希望の方は、C) D)に準じてボリュームの足りない側に追加で脂肪注入をする、あるいはボリュームが大きい側に脂肪吸引を行うといった対応をさせて頂きます。

F) 皮膚の色素沈着

F-1トラブルの内容
内出血が起こることは珍しいことではありません。
稀(まれ)に、内出血の血液の分解産物の色素が皮膚の中に残って、茶色の色素沈着が続くことがあります。
 
F-2 対応
内出血が起きた場合、通常約3 週間で消失しますので経過を見ていただく必要があります。
茶色の色素沈着が続くことがありますが、通常6~12 ヶ月で色は徐々に薄くなっていきます。

G) 傷跡の盛り上がり・凹み・色素沈着

G-1トラブルの内容
脂肪を吸引した箇所に、数ミリの傷跡が何ヶ所かできます。体質によって傷跡がケロイドのように赤く盛り上がる、色素沈着が起きる、あるいは凹みが生じて目立つ場合があります。
 
G-2 対応
気になる場合、下記の方法を用いて改善を図ります。
 
◆ ステロイド(ケナコルト)注射
   ケロイドのように赤く盛り上がったキズを平らにしていく効果が期待できます。
 十分な効果が得られるまで、1 ヶ月に1 回の治療を繰り返す必要があります。
 *ステロイドの副作用:傷が凹む、毛細血管が浮きでる
 
◆ ハイドロキノンクリーム
   沈着した色素を薄くする効果が期待できます。
 
◆ トレチノイン+ハイドロキノンクリーム
   肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚の再生を促進します。
 
◆ 切 開 法
   凹んで目立つ傷は、切開して再度縫合を行うことで改善が期待できます。

H) テープかぶれ

H-1トラブルの内容
手術後、傷口を保護するためにテープを貼る処置をさせて頂きます。肌の弱い方は、テープかぶれによって水疱ができることがあります。
 
H-2 対応
なるべくテープかぶれが起きにくいように、テープを貼るのは短期間にさせて頂きます。
 
テープかぶれで出来た水ぶくれや皮膚のむけた所は、通常1~2 週間で治りますが、その後3~6 ケ月程色素沈着になることがあります。
 
その場合は、ハイドロキノンクリーム、トレチノイン+ハイドロキノンクリームでの治療をおすすめします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、手術を行うと、傷が汚くなる、癒着(ゆちゃく)が強く変形するなど、手術は行えない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

上眼瞼脂肪注入術 ¥300,000+税
下眼瞼脂肪注入術 ¥300,000+税
頬部脂肪注入術 ¥400,000+税
額部脂肪注入術 ¥500,000+税
こめかみ部脂肪注入術 ¥300,000+税
口唇部脂肪注入術(上・下) 各¥200,000+税
胸部脂肪注入術 脂肪吸引+¥300,000+税
臀部脂肪注入術 脂肪吸引+¥300,000+税
マクロフィル使用時 各脂肪注入術+¥100,000+税