脂肪注入|吸引したご自身の脂肪をお顔・バスト・ヒップなどに注入してボリュームアップ

ビスポーク式 脂肪注入

ビスポーク式 脂肪注入

ビスポーク式 脂肪注入とは?

余分だな…と思うあなたのお腹まわり、太もも、二の腕などから
余分な脂肪を取り除くと同時に、
お顔、胸やお尻などボリュームアップしたい部分にそのまま注入

脂肪を注入する際には、吸引した脂肪細胞の状態や生存率はとても重要です。
従来の機器は脂肪細胞を壊した状態で吸引するものが多く、また、不純物が混ざった状態で吸引されていたので、遠心分離機で脂肪細胞のみ取り出す作業が必要でした。
これらの課題をクリアにして注入に適した自己脂肪を採取することに特化したのが先進のテクノロジーを利用した、ダイオードレーザー脂肪吸引です。

吸引した脂肪の生存率が従来の約80%台から95%以上に進化しました。そのため注入後の定着率がより高まります。※2

施術中、脂肪吸引だけでなく、胸やお顔への脂肪注入を吸引直後に行うことができ、吸引した部分の皮膚のたるみもダイオードレーザーによるタイトニング(引締め)を同時に行うことが可能です。

※2 文献Higher Cell Viability and Enhanced Sample Quality Following Laser-Assisted Liposuction versus Mechanical Liposuction Alexander Levenberg1*, Mickey Scheinowitz2, Orna Sharabani-Yosef2 より引用

ダイオードレーザー 360°分散照射

脂肪注入のイメージを動画でご覧いただけます

※音声が出ますのでご注意ください。

*動画はイメージです

脂肪注入の特長

  • 360°レーザー照射による脂肪吸引
  • 従来よりもスピーディーにサイズダウン*1
  • 患者様の負担を軽減*1
  • 肌のコラーゲン再生成による肌の引き締め
  • ダイオードレーザー照射によりやけどのリスクを軽減*1
  • 内出血・むくみ・あざなどの軽減*1

*1 当院の従来と比較

360°レーザー照射による脂肪吸引

脂肪を吸引する段階で、脂肪溶解に適したダイオードレーザーを分散照射しながら脂肪吸引することで、注入に適した脂肪細胞のみを抽出します。このレーザー照射技術により、小さく均一な脂肪細胞と血液や麻酔液などの不純物を自動的に選別することで、95%以上の高い生存率の脂肪細胞を摂取することが可能になりました。※2
注入する脂肪細胞の生存率が高い方が注入後の脂肪細胞の定着率も高くなります。

ダイオードレーザー脂肪吸引と従来の
脂肪吸引器から採取した脂肪の比較
ダイオードレーザー 360°分散照射

写真上:従来の脂肪吸引
写真下:ダイオードレーザー脂肪吸引

吸引した脂肪細胞の生存率95%以上※2

従来では、脂肪吸引後、採取した脂肪細胞を遠心分離機で注入用に分離する必要がありました。そのため、脂肪細胞の生存率はよくて約80%台、場合によっては70%台というケースもありました。
当院のダイオードレーザー脂肪吸引では、ダイオードレーザーを照射しながら脂肪吸引することで、そのダイオードレーザーの水分にのみ反応する波長で、麻酔の水分をターゲットにして蓄熱効果で脂肪細胞が繋がっている部分を溶解、剥がしやすくし「脂肪細胞を壊さない状態」で吸引します。
その結果、生存率が95%以上で注入用の脂肪細胞を採取することが可能になります。※2

*効果には個人差があります。

※2 生存率の引用
Higher Cell Viability and Enhanced Sample Quality Following Laser-Assisted Liposuction versus Mechanical Liposuction Alexander Levenberg1*, Mickey Scheinowitz2, Orna Sharabani-Yosef2
1Department of Plastic Surgery, Tel Aviv Sourasky Medical Center, Tel Aviv, Israel
2Department of Biomedical Engineering, Faculty of Engineering, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel

ダイオードレーザー脂肪吸引と従来の
脂肪吸引器から採取した脂肪細胞の比較
脂肪溶解に適したダイオードレーザー(1470nm)

顕微鏡分析による吸引後の脂肪細胞。
ダイオードレーザー脂肪吸引された細胞は直径10-30μmと小さく生存率が高いことが分かる。

自分の脂肪細胞のみを注入

脂肪を注入する際には、吸引した脂肪細胞の状態や生存率はとても重要です。
従来の機器は脂肪細胞を壊した状態で吸引するものが多く、また、不純物が混ざった状態で吸引されていたので、遠心分離機で脂肪細胞のみ取り出す作業が必要でした。これらの課題をクリアにして注入に適した自己脂肪を採取することに特化したのが先進のレーザー脂肪吸引・脂肪注入です。脂肪細胞と血液や麻酔液などの不純物を自動的に選別するため鮮度の高い脂肪細胞が取れることで、注入した後の経過も良くなるという仕組みです。

Alexander Levenberg1*, Mickey Scheinowitz2, Orna Sharabani-Yosef2

ダイオードレーザー脂肪吸引と従来の脂肪吸
引器から採取した脂肪細胞の生存率の比較
 ダイオードレーザー脂肪吸引と従来の脂肪吸引器から採取した脂肪細胞の生存率の比較
注入後の定着率が向上

このダイオードレーザー照射技術により、小さく均一な脂肪細胞と不純物を自動的に選別することで、95%以上の高い生存率の脂肪細胞を摂取することが可能になりました。※2
脂肪吸引した直後の、注入に適した良質な脂肪細胞だけを選りすぐり注入していきますので、注入後の脂肪細胞の定着率も高くなります。

脂肪細胞を壊さず吸引したイメージ
脂肪細胞を壊さず吸引したイメージ
脂肪注入の度合いを細かく調整可能

例えば、お顔への脂肪注入の場合、加齢とともに顔が痩せてこけてきたり、シワが深くなってくると老けて見えてしまいます。その気になるへこみやくぼみの箇所に注入することで、ふっくらとした若々しいハリへ導きます。
お顔・バスト・ヒップなど、気になる箇所への注入量と注入箇所を微調節する事ができ、患者様の仕上がりイメージに近づけることが可能です。
ご自身の脂肪のため、アレルギーの心配もなく、見た目や感触も極めて自然な仕上がりになります。

お顔の注入箇所の一例
お顔の注入箇所の一例
ナチュラルな仕上がりのデザインが可能

自然な仕上がりを求められるのはフェイスラインだけではなく、バストアップをご希望の患者様にも多数いらっしゃいます。「バストをもっと大きくしたいけど自然な仕上がりにしたい」「加齢によって垂れ下がってしまったバストを改善したい」「産後の授乳によってしぼんだバストを基に戻したい」「手術によって摘出したバストを再建したい」などのご要望があります。
サイズダウンをしたい部分の脂肪を吸引し注入するので、自然な触感とバストラインで再びハリが戻ります。また、バストからデコルテ部分まで自然なラインで注入することで、胸元全体のラインを美しく魅せることが可能です。

ダイオードレーザー脂肪吸引・脂肪注入ならではの、95%以上の高い脂肪細胞の生存率と新鮮な脂肪を注入することによる高い定着率が、バランスの取れた自然な仕上がりのフェイスライン・バストライン・ヒップラインへ導きます。※2

メルセデス穿孔チップカニューレ

料金Price

■脂肪注入(自由診療)

上眼瞼脂肪注入術 ¥300,000+税
下眼瞼脂肪注入術 ¥300,000+税
頬部脂肪注入術 ¥400,000+税
額部脂肪注入術 ¥500,000+税
こめかみ部脂肪注入術 ¥300,000+税
口唇部脂肪注入術(上・下) 各¥200,000+税
胸部脂肪注入術 脂肪吸引+¥300,000+税
臀部脂肪注入術 脂肪吸引+¥300,000+税
マクロフィル使用時 各脂肪注入術+¥100,000+税
手技代 ¥10,000+税

*エイジングケアのメニューにつきまして詳しくはお問い合わせください。

カウンセリングのご相談・お申し込み

専門医によるカウンセリングを行い、
お悩みやご希望のイメージをお聞きしています。
まずはお気軽にご相談ください。

0120-690-206

[受付時間 10:00~19:00]

ダイオードレーザー脂肪吸引を受けられない方、または医師の診断を必要とする方
  • 治療領域に限局された重篤な全身性疾患または病気の方
  • 治療を妨げる治療または薬物療法
  • 妊娠、妊娠または最近妊娠している可能性がある
  • 何らかの全身疾患の病歴
  • 最近の腹部手術または下部腹部の障害(すなわち、ヘルニア、潰瘍性大腸炎、クローン病、痙性結腸など)
  • 血栓性静脈炎の病歴
  • 急性感染症
  • 心不全
  • 麻酔アレルギー
  • ケロイド体質
予想される副作用

ライポライフの施術により、出血、感染、瘢痕、皮膚の輪郭の不規則性、脂肪吸引後に左右の非対称性、また稀に外科的ショック、肺の合併症、皮膚の喪失、漿液腫、アレルギー反応および麻酔関連の合併症などを起こすなどのリスクがあります。詳しくはクリニックにおたずねください。

治療後ケア
  • 着圧サポーター等: 術後最初の2日間、24時間着用してください。その後必要に応じて医師の指示に従って7日間2〜4時間(連続または非連続)着用してください。
  • 下半身の施術の場合は、コンプレッサーを24時間、3日間にわたって着用してください。
  • 施術1週間後にフォローアップを行ってください。
  • 術後7日間は運動を控えてください。特に激しい運動は2週間くらい控えてください。
  • 術後2週間はとても熱いお風呂やシャワーを浴びないでください。 腫れ、感染の危険性があります。
  • 皮膚や皮下組織に損傷を与える可能性があるため、治療を受けた部分をアイスパックで冷却しないでください。
  • 術後にめまいがある場合は、車や重機を運転したり操作したりしないでください。
  • 日焼けは1ヶ月間避けてください。