CASE

症例写真

肋軟骨を使いたくない場合の耳介軟骨による鼻中隔延長

  • 鼻中隔延長術の症例写真(左斜め)

 

施術名

眉間プロテーゼ(オーダー)、隆鼻術(オーダー)、鼻中隔延長術、鼻尖縮小術

年齢

20代

性別

女性

治療期間・回数

治療回数:1回

施術内容

こちらのモニター様

①とにかく肋軟骨を使いたくない

②鼻先が丸いのがイヤ

③鼻の下を短くしたい

というご希望で、デザインは私にお任せしたいという方でした。

 

私は鼻の形を考えるときに、”額→頬→鼻翼基部→あご”のラインを初めにチェックします。

その後、正面から見て鼻の顔に対する比率を診断していきます。

 

こちらのモニター様はおでこが広めで若々しい印象がありましたので、このバランスを壊さないように全体的な立体感を出すことにしました。

人中が長いのを気にされていたので、鼻の重心を下げつつ鼻が長く見えないような工夫。

肋軟骨を使いたくなかった理由は

・傷跡が残る

・怖すぎる

・硬い鼻になる

などなど、耳の軟骨には限界もある、ということをご理解頂いた上で手術を行いました。

 

まだ術後1ヶ月なので腫れは残っていますが、ずいぶんスッキリしそうな感じです。

当院では肋軟骨を使うことも(全体の20%くらい)、使わずに耳と鼻の軟骨を使って鼻中隔延長術を行うこともあります。

 

それは

・耳の軟骨の硬さや支持力

・鼻軟骨の曲がりや支持力

・延長したい長さ

・鼻翼軟骨の強度

などに個人差が大きいことが理由です。肋軟骨のメリットとデメリット、よく考えて希望の形を目指していきましょう。

リスク・副作用

鼻筋の曲がり・ずれ生じる場合があります

鼻の穴のひきつれ・左右差が生じる場合があります

鼻の穴の左右差が生じる場合があります

※その他のリスク・副作用については手術申し込みの際に詳しくお伝えいたします。

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

税込費用

眉間プロテーゼ(オーダー):¥440,000

隆鼻術(オーダー):¥440,000

鼻中隔延長術:¥660,000

鼻尖縮小術:¥330,000

※効果には個人差がございます。同様の効果を保証するものではありません。

担当医

室 孝明 / 東京院・福岡院統括院長

室 孝明 / 東京院・福岡院統括院長

しっかり効果を出しつつ、人それぞれが持っている個性をいかしてさらに魅力的に。​
美容外科医に最も大切なことは細かな診察・カウンセリングの中で双方の温度差を​なくすことだと考えます。​
皆様一人ひとりの理想を叶えられるよう頑張ります。​

カウンセリングのご相談・お申し込み

携帯からも通話無料
受付時間
10:00~19:00
 

Warning: filemtime(): stat failed for calender.js in /home/bespoke-clinic/public_html/wp/wp-content/themes/original/footer.php on line 501