CASE

症例写真

グラマラスラインと埋没法で大きく華やかなタレ目へ。術後の後戻りの経過も紹介

  • 室医師による目の美容整形の症例写真

施術名

埋没法(4点)、グラマラスライン

年齢

20代

性別

女性

治療期間・回数

治療回数:1回

施術内容

こちらのモニターさんは目元を大きく華やかにしたいというご希望で埋没法、グラマラスライン(タレ目形成)を行いました。

写真2枚目に手術後1週間目と術後7ヶ月目の写真を載せています。

何をお伝えしたいのかというと、術後早期の結果と術後数ヶ月以上経った時の形は少し変わる、ということです。

俗に言う後戻りです。グラマラスライン(タレ目形成・下眼瞼下制)実はこの手術法はいくつかの種類があり、それによって後戻りの程度が異なります。

手術後ほとんど腫れなかった!というタレ目手術を行うクリニックの場合、術後1ヶ月くらいで完全に元に戻ることが多異印象です。

ビスポーククリニックで行っているのは平均で術後1ヶ月目に20%、そのあと半年くらいかけて10%程度後戻りします(個人差あり)。

300症例ほど調べた結果なので結果は安定しています。

目尻切開がよいのか?グラマラスライン形成が良いのか?外眼角靭帯移動がよいのか?わからない方はご相談ください。

リスク・副作用

二重幅の左右差が生じる場合があります

下げ幅の左右差が生じる場合があります

希望の下げ幅と異なる場合があります

※その他のリスク・副作用については手術申し込みの際に詳しくお伝えいたします。

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

税込費用

埋没法(4点) ¥132,000

グラマラスライン ¥330,000

※効果には個人差がございます。同様の効果を保証するものではありません。

担当医

室 孝明 / 東京院 院長​

しっかり効果を出しつつ、人それぞれが持っている個性をいかしてさらに魅力的に。​
美容外科医に最も大切なことは細かな診察・カウンセリングの中で双方の温度差を​なくすことだと考えます。​
皆様一人ひとりの理想を叶えられるよう頑張ります。​

カウンセリングのご相談・お申し込み

携帯からも通話無料
受付時間
10:00~19:00