CASE

症例写真

輪郭

顎プロテーゼ、バッカルファットによるフェイスラインの改善

  • 顎の美容施術の症例写真

施術名

顎プロテーゼ、バッカルファット、脂肪溶解注射リポビーン、ヒアルロン酸分解注射、黒子CO2レーザー

年齢

20代

性別

女性

治療期間・回数

治療回数:1回

施術内容

フェイスラインの改善のため、バッカルファットの他に顎プロテーゼも挿入しています。

この方のようにもともとアゴが極端に小さい場合、通常のプロテーゼでは顎先だけがツンとなりフェイスラインの流れが不自然になります。

そのため、バッカルファット切除と顎プロテーゼを行って自然に劇的な効果が出ています。

バッカルファット手術は口の中に1cmの傷をつけて、頬の内側にある深部頬脂肪(通称バッカルファット )を取り除く手術です。

脂肪を取りすぎないようにさえ気をつければそれほど難しい手術ではありません。

 

オトガイ形成を行っても骨自体が極端に小さいこのような症例の場合は不十分な結果になります。

最も良い答えはおそらく、オトガイ形成の後、フェイスラインを改善させるオーダーメイドプロテーゼを入れる、だと思いますが、予算やダウンタイムを考えると現実的ではないような気もします。

既製品のシリコンプロテーゼを削って挿入する場合、4-5mm程度は骨吸収が起こります(10mm以上のプロテーゼ高を入れた場合)。

その理由は日々笑ったり噛んだり喋ったりする表情筋の力がプロテーゼごと顎の骨を押し続けるからと言われています。

オーダーメイドプロテーゼはそのリスクを低減させる(骨吸収は50%以下(院内調べ))良い方法だと思います。ちなみに骨吸収はバイオペックスであっても同じように生じます。

フェイスラインは骨格と脂肪、筋肉、皮膚によって作られているので、これらをコラボした手術は合目的と言えます。

リスク・副作用

除去後の取り残しが生じる場合があります

皮膚のたるみが生じる場合があります

アレルギー反応が生じる場合があります

※その他のリスク・副作用については手術申し込みの際に詳しくお伝えいたします。

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

税込費用

顎プロテーゼ ¥605,000

バッカルファット ¥330,000

脂肪溶解注射リポビーン(3本) ¥39,600

ヒアルロン酸分解注射 ¥22,000 

黒子CO2レーザー(6箇所) ¥66,000

※効果には個人差がございます。同様の効果を保証するものではありません。

担当医

室 孝明 / 東京院 院長​

しっかり効果を出しつつ、人それぞれが持っている個性をいかしてさらに魅力的に。​
美容外科医に最も大切なことは細かな診察・カウンセリングの中で双方の温度差を​なくすことだと考えます。​
皆様一人ひとりの理想を叶えられるよう頑張ります。​

カウンセリングのご相談・お申し込み

携帯からも通話無料
受付時間
10:00~19:00