Example of treatment

目力アップクイック法(眼瞼下垂 ミュラー筋タッキング法)

目力アップクイック法について

About

目を持ち上げる筋肉をたぐり寄せるよう上瞼の裏へ糸を使って短縮させ、目を大きく開くようにする手術で、眼瞼下垂を切開することなく修正する方法です。

目の開きに伴って黒目の見える部分も広がるため、ぱっちりとした目になります。眠たそうな目の方も目が開くことで改善へと繋がります。

二重の幅を調整する手術ではないため、目の開きが良くなることで二重幅は狭くみえるようになります。

そのため、新しく二重を作りたい、もしくは二重幅の調整を希望の方は、目力アップクイック法とは別で二重の手術が必要になります。

目力アップクイック法に向いているタイプ

Type
  • 傷を付けずに目力を上げたい
  • ダウンタイムが取れない

目力アップクイック法のポイント

Point

目力アップクイック法(ミュラー筋タッキング法)とは、瞼を持ち上げる筋肉であるミュラー筋を糸によって上げる手術です。

“切らない眼瞼下垂“とも言われ、加齢によって弱くなった目の開きを改善することができます。上瞼の裏側へ縫合するため皮膚側に傷ができないのがポイントです。

また、腫れにくくダウンタイムが短いのも特徴です。切開のない施術のため、術後の約3日~1週間程度で腫れは落ち着きます。

ただし、瞼の痙攣が生じてきたり、左右差が出たり、思った効果が得られなかったなどというリスクがあります。

目力アップクイック法の詳細

Details

瞼の裏側に糸を通して、ミュラー筋という目を持ち上げる筋肉を手繰り寄せ短くして、目の開きを大きくする手術です。切らずに眼瞼下垂を修正する方法です。二重の幅を調整する手術ではありません。この手術によって二重幅が狭くなるので、必要に応じて別途二重の手術を行います。

 

 

※ 視力矯正などのため、コンタクトレンズ(ソフトタイプ・使い捨てタイプ・カラー有)を日常生活で使用されている場合は、二重の幅を確認して頂くため、手術の際に装着して頂くことをおすすめ致します。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

医師コメント

切開をしない眼瞼下垂施術:目力アップクイック法 (眼瞼下垂 ミュラー筋タッキング法)

五反田 希和子医師
五反田 希和子医師

ミュラー筋を傷つける可能性がある、左右差が出やすい、手術前の状態に戻るなど様々なリスクはありますが、仕事の関係などで長期の休みが取りにくく、ダウンタイムがとれないため試しにやってみたいという方に向いている方法です。
手軽に受けられる施術ですが後戻りしやすいため、上記のような理由の方以外は切開する施術を選択した方がご希望の目元に近づけやすいと思います。
目力アップクイック法と同時に、二重まぶたのデザインをご要望されるケースが多いため、埋没法と組み合わせた施術がよく行われています。この施術の組み合わせは術中の腫れが少なく、術中に鏡を見ながら仕上がり具合を確認していただけます。そのため、特徴として微調整を行うことができるということが挙げられます。

麻酔方法

Anesthesia
  • 局所麻酔
  • 笑気麻酔
  • 静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔
  • 全身麻酔

※眠る麻酔を使用した場合には、手術中に目を覚まして頂き、鏡を見ながら開きの調整が必要となります。

ダウンタイム・術後経過

Downtime

ダウンタイム

※個人差があります。

  • 腫れ

    約3〜7日間(朝晩にむくみを感じたり、目やにが増えたりします) 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。

  • 内出血

    注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し上眼瞼から目の周りが紫色になりますが、1〜2週間で消失します。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。

  • 抜糸

    ありません。

  • 通院

    無し(1ヶ月後に仕上がりを確認する為検診にお越し下さい)

  • コンタクトレンズ

    当日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。

  • メイク

    手術当日から可能です。

  • 洗顔

    基本的に翌日から可能です。

  • 入浴・シャワー浴

    シャワー浴・入浴は翌日から可能です。

  • 完成

    約1ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。

  • まぶた

    腫れやむくみにより、一時的に二重の幅が広すぎる、目の開きに左右差が生じると感じることがあります。

  • 視界

    ・目の開きが良くなることで、光が今までより多く入り、眩しく感じることがありますが、次第に慣れ自然と調整ができるようになります。 ・まれに視界がぼやける時期があります。角膜の腫れの影響と考えられますので、腫れが落ち着くと共に改善されます。

  • 眉毛

    目を開ける際に額の筋肉を使用する癖がある方は、眉が本来の位置よりも高い位置にある傾向があります。手術後は過剰に額の筋肉を使用する必要が無くなるため、上がってい た眉毛が本来の位置へと戻ります。その為、手術前と比べると眉毛の位置が下がります。

  • 加齢による変化

    手術後も、たるみによって二重の幅が狭くなるなど、加齢による変化は引き続き起こります。

手術後に起こりうるトラブル

Trouble
  • 顔の雰囲気の変化
  • 目の開きが強すぎる
  • 目の開きが弱い
  • 目の開きの左右差
  • 手術前の状態に戻る
  • 施術しても目の開きを大きくする効果が出ない
  • 二重の幅の変化(元々が二重の方)
  • 二重ラインの消失(元々が二重の方)
  • まぶたが閉じにくい
  • 違和感
  • 視力の変化
  • 眼瞼痙攣
  • 感染(化膿する)
  • 糸の露出
  • 血が溜まる
  • 白目や角膜の損傷
ミュラー筋タッキング法は、皮膚を切開せず糸で固定する手術ですので、仕上がりには限界があり、永久的な手術方法ではありません。希望に添うためには別のご手術が必要な場合もありますことをご理解下さい。
喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

Price

※保険適用外の自由診療です。

目力アップクイック法¥220,000
眼瞼下垂 ミュラー筋タッキング法挙筋短縮術¥660,000
筋膜移植術¥880,000
小切開¥550,000

※価格は全て税込です。

目力アップクイック法のよくある質問

Faq
  • 不自然な目になりませんか?

    手術中に目の開き具合を確認するとともに、二重幅の確認も可能です。もし、目が開きすぎていたり左右差があるといった場合には手術中に希望の状態になるまで調節することが可能です。

  • 一度手術をしたら元に戻ることはありませんか?

    この手術は切開せずに糸で筋肉を縫い縮める方法です。糸が取れなければ戻りませんが、糸が切れてしまう、組織から外れてしまうなどすると元に戻ってしまう可能性はあります。

  • 片目だけの手術は可能ですか?その場合左右差ができたりしませんか?

    片目だけの手術は可能ではありますが、目の開きは左右の開きがお互いに関係しあっているため(「へリングの法則」)、片目の手術だけ行うと結果的に左右差となってしまう可能性はあります。しかし、この「へリングの法則」による影響がどのように現れるか、術前のシミュレーションである程度予測することは可能です。術前に片目だけの施術で良いか、両目の方が良いか判断をお伝えすることは可能です。

  • 脂肪除去やたるみ除去も同時にすることはできますか?

    同時に脂肪除去やたるみ除去を行うことは可能です。

  • 眼瞼下垂ではないのですが、目の縦幅を広げる為に行う事もできますか?

    眼瞼下垂ではないけれど、「目の開きが少し弱い」という希望で手術をされる方は多くいらっしゃいます。ただ、そのような方は二重幅を広げることにより、眠たい様な目になってしまう可能性が高くなります。その場合はこの手術法を行うことにより、二重幅を広げても目の開きが悪くならず、目力のある目元となります。また、目の開きが元々強い方については埋没法だけで目の開きを強くすることが可能です。

  • 筋肉を縫い縮める際に使う糸はまぶたの中に残るのでしょうか?

    使用する糸は非吸収性の糸なためまぶたの中に残ります。ただ、糸はまぶたの裏側なので見えることはありませんし、異物感を感じることもほとんどありません。

  • 糸が出てくることはないですか?

    皮膚の上から透けて見えることや、まれに皮膚を貫いて表に出てくることもあります。 万が一、皮膚の表に糸が出てきた場合はそのままにしておくと化膿する恐れがあります。早めに来院して頂き、抜糸を行います。

  • 白目や角膜を損傷したりすることはないですか?

    大変稀なことですが、可能性は否定できません。手術中に手術器具が当たる、糸やまつ毛の先端が当たって眼球の表面に傷がつく可能性があります。白目や角膜の損傷や眼球に火傷が生じた例も報告されています。状態に応じた適切な処置や対応を行いますのでご安心ください。

目の施術例

Eye surgery example