CO2 レーザー(脂漏性角化症)治療

  1. ビスポーククリニック
  2. CO2 レーザー(脂漏性角化症)治療

この手術に向いているタイプ

●脂漏性角化症(いぼ)を取りたい
●ほくろを取りたい
●いぼを取りたい
●傷跡の修正をしたい

ポイント

CO2レーザーは、脂漏性角化症やほくろやいぼ、傷跡の修正などに適しています。
水分を含むものに吸収される性質をもち、照射すると一瞬で熱エネルギーに転換して組織を蒸散させます。短時間に高いエネルギーをピンポイントで照射することができるため、治療時間が短く、皮膚組織のダメージを最小限にすることができます。
また、メスで切除するよりも出血が少ないのが特長です。

手術の詳細

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とは、黒ずんだところが盛り上がっている状態のシミ一種です。
水分を含むものに吸収される特性があり、CO2レーザーが放つ光と皮膚に含まれる水分が反応し、熱エネルギーに転換して組織を蒸散させることで皮膚が削られます。短時間に高いエネルギーをピンポイントで照射することができるため、治療時間が短く、皮膚組織のダメージを最小限にすることができます。

麻酔方法

局所麻酔・麻酔クリーム・麻酔テープ

ダウンタイム・治療後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■かさぶた
レーザーを照射した直後は、すり剥き傷のように赤くただれたようになります。
1~3 日でかさぶたが形成され、1 週間程で剥がれます。
患部がかさぶたになるまでお渡しする軟膏を塗って下さい。
 
 
■メイク
患部を避ければ、直後から可能です。患部は、かさぶたになればメイク可能です。
 
 
■洗顔
当日から可能です。患部も濡らして構いません。
 
 

治療後の経過

むくみ 
 
かさぶたが剥がれると、新しくできたピンク色~赤色の肌が現れます。その後1~3 ヶ月程で赤みは薄れます。
しかし肌質によっては、2~4 週間経過するうちに茶色くなることがあります。
これはレーザーの刺激による色素沈着です。日焼けと同じように半年~1 年程で色はさめてきます。
 
 

注意事項

◆ 治療後は、通常の日焼け予防をして下さい。
◆ 皮膚が再生する前にかさぶたを剥がしますと傷になり色素沈着が起こりやすくなりますので、かさぶたは自然に剥がれるまで、洗顔時に強くこすったり、爪で引っかいたりしないで下さい。

手術後に起こりうるトラブル・対応

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 色素沈着

A-1トラブルの内容
赤みが収まり出す頃に(治療後2~4 週間)、レーザー照射部位に色素沈着が生じることがあります。
 
A-2 対応
レーザーの刺激に対する一時的な反応ですので、半年~1 年程で徐々に薄くなります。日焼けの色がさめにくい肌質の人では色素沈着が残ることがあります。
 
色素沈着の治療をご希望の場合は、メラニン産生をおさえつつ肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚を再生させるクリームを処方します。

B) 取り残し、再発

B-1トラブルの内容
レーザーのパワーが弱すぎると、盛り上がったシミが取りきれない事があります。
 
B-2 対応
脂漏性角化の取り残しがありますと、1 ヶ月~3 ヶ月でシミの盛り上がりが確認できます。
その場合、再度、レーザー治療をさせて頂きます。
 
シミの盛り上がりが完全に取りきれた場合でも、数年経過するうちに、同じ部分に盛り上がったシミができることはめずらしくありません。その場合は、再度治療を承ります。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

CO2 レーザー(脂漏性角化症)治療 1~3mm ¥10,000+税 
3mm以上¥20,000+税
1mmごと¥10,000+税