蒙古襞形成術

  1. HOME
  2. 施術例
  3. 蒙古襞形成術

蒙古襞形成術に向いているタイプ

  • 目と目の距離が近い
  • 顔が中心に寄っている
  • 目頭切開で切り過ぎた
  • 「綺麗」ではなく、「可愛い」目元になりたい

蒙古襞形成術のポイント

どの程度の蒙古襞を形成するか、元の目頭の形態などによって術式を使い分けています。

蒙古襞形成術の詳細

見えすぎた涙丘(ピンクの粘膜)を隠す目的で蒙古襞を新たに形成し、適度に丸みのある目頭に近づけます。内眼角の一部組織を切開し皮弁として挙上し、これを内下方へ巻き込んで蒙古襞として利用します。
術中に丸みの程度と覆われる涙丘の形を確認、調整し縫合します。
蒙古襞として利用する組織が少ない場合は植皮術などを併用する場合もあります。
● 蒙古襞形成
● 蒙古襞形成 下眼瞼flap法

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ

約7〜10日間(目頭部分から目の周り、および白目に出る可能性があります) 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
 

■内出血

注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し目頭から目の周りが紫色になりますが、1〜2週間で消失します。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。
 

■抜糸

7〜14日目(目頭に付いている糸を2回に分けて抜糸します)
 

■通院

7日目・14日目
 

■コンタクトレンズ

翌日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。
 

■メイク

アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。
 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。
 

■完成

約6ヶ月

ダウンタイム

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■まぶた

腫れやむくみにより、作った蒙古襞が太く盛り上がって見えることがあります。
 

■傷

傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)目頭の被りが物足りない
2)目頭が被り過ぎている
3)目頭の被り方の左右差
4)2回以上の手術が必要
5)傷跡が気になる
6)二重の形が変わる
7)中縫いの糸が出てくる
8)感染(化膿する)
9)血が溜まる
10)傷が開く
11)白目や角膜の損傷
12)眼球の火傷

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

蒙古襞形成術(目頭切開の修正) ¥400,000+税