下眼瞼脱脂術(結膜側)

  1. HOME
  2. 施術例
  3. 下眼瞼脱脂術(結膜側)

下眼瞼脱脂術『結膜側』に向いているタイプ

  • 皮膚のたるみが少なく目の下のクマだけが気になる
  • 早めにたるみの予防をしておきたい

下眼瞼脱脂術『結膜側』のポイント

比較的ダウンタイムが短い手術です。切除しすぎると目元が窪むため、適量切除する必要があります。

下眼瞼脱脂術『結膜側』の詳細

結膜側を5〜10mm切開して、ポコッと膨らんでいる部分の眼窩脂肪を切除します。術中に切除量が適切か確認、調整を行い、粘膜同士を溶ける糸で縫合し終了です。
目元の状態や目袋と呼ばれる不自然な膨らみの程度によっては、脱脂術ではない方法をご提案する場合があります。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ

約3〜14日間(目の周りおよび白目に出る可能性があります。白目に腫れが出ると白目を覆っている膜が、ゼリー状に膨らむことがありますが、 通常1〜2週間で消失します) 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
 

■内出血

注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し下まぶたから目の周りが紫色になりますが、1〜2週間で消失します。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。
 

■抜糸

瞼の裏(結膜側)で縫合していますので抜糸はありません。
 

■通院

無し
 

■コンタクトレンズ

当日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。
 

■メイク

手術当日から可能です。
 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。
 

■完成

約3ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■左右差

腫れやむくみにより、一時的に左右差が生じることがあります。
 

■加齢による変化

手術後も、しわ、たるみ、膨らみなど、加齢による変化は引き続き起こります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)膨らみが残る
2)下まぶたが凹み過ぎたと感じる
3)膨らみや凹み具合の左右差
4)若返り効果の物足りなさ
5)小じわ、しわ、たるみが残る、または増加する
6)目のチクチク感
7)目が小さく感じる
8)感染(化膿する)
9)血が溜まる
10)傷が開く
11)白目や角膜の損傷
12)眼球の火傷
13)視野障害
14)失明

喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

下眼瞼脱脂術(結膜側) ¥300,000+税