目尻切開術

目尻切開術に向いているタイプ

●目が小さい
●黒目の外側の白目を大きくしたい
●顔のパーツが中心に寄っている
●吊り目

目尻切開術のポイント

切開できる長さには個人差があり、効果が出やすいタイプ、そうでないタイプがあります。どのくらい切開できるかは、診察を行って判断します。

目尻切開術の詳細

切開可能な長さを診察で確認して、外瞼角部(目尻のコーナー)の皮膚と粘膜を切開します。次に目尻の靱帯(外眼角靭帯)に連続する下瞼の筋腱組織を切離して目尻の位置を外側へ移動させて形を整えて粘膜と皮膚を縫合します。


白目の外側の面積が広くなる為、目元全体がひと回り大きくなった印象になります。また、グラマラスライン手術と組み合わせることでさらに目元を大きく華やかにすることができます。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ

約7日間(目の周り及び白目に出る可能性があります) 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
 

■内出血

注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し目尻から目の周りが紫色になりますが、1〜2週間で消失します。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。
 

■抜糸

7〜14日目(目尻に付いている糸を2回に分けて抜糸します)
 

■通院

7日目・14日目
 

■コンタクトレンズ

当日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。
 

■メイク

アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。
 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。
 

■完成

約3ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■まぶた

・腫れやむくみにより、一時的に左右差が生じる、目尻が見えすぎると感じることがあります。
・傷が治っていく過程で、傷跡が縮んだり、傷口が癒着したりして、幾分後戻りが起こる可能性があります。
・手術によって延長された目尻部分にはまつ毛は生えません。
 

■傷

傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。
 

■加齢による変化

手術後も、たるみにより目尻の形が変わるなど、加齢による変化は引き続き起こります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)目尻の開きが足りない
2)目尻を延ばし過ぎたと感じる
3)目尻の長さの左右差
4)逆さまつ毛になる
5)目尻のラインに段差ができる
6)中縫いの糸が出てくる
7)感染(化膿する)
8)血が溜まる
9)傷が開く
10)白目や角膜の損傷
11)眼球の火傷
12)結膜の露出

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

※保険適用外の自由診療です。
目尻切開術  ¥275,000

※価格は全て税込です。

目尻切開術のよくある質問

目尻切開に向いていない目のタイプなどありますか?
目尻切開に向いていない目としては、目尻の皮膚を外側に引っ張ってすぐにピンク色の結膜が見えるという方です。確認の仕方としては、正面を見ながら目尻の皮膚を外側に引っ張り、ピンク色の結膜が露出する手前まで目尻を広げます。
隠れている白目の量が1㎜程度の方は目尻切開の効果はほとんどありません。
この様に、全ての人に効果があるわけではないということをあらかじめご承知おきください。
たれ目にしたいのですが目尻切開で可能ですか?
切り上がった目尻の方の場合は、多少たれ目効果は得られます。
ただし、下まぶたを下げて横にも下にも広がるようなグラマラスラインのような効果はありません。
たれ目にすることがご希望でしたら、目尻切開に併せて、グラマラスラインの施術をすることにより下まぶたを下げ、横にも下にも広がり、目をより大きく見せる効果が期待できます。
目尻の開きが足りないということはありませんか?
切開した傷口が癒着したり、傷跡が縮んだりすることによる「後戻り」が起きると、目尻切開の効果を物足りなく感じることがあります。また、「後戻り」が生じなくても、元々の延長出来る長さがご希望より短いため、効果を物足りなく感じることがあります。
もっと目尻を延ばしたいと希望される場合は、再度目尻切開をさせていただきますが、延ばせる長さには限界があります。
グラマラスラインと併用することで後戻りを予防し、目尻側の開きを保つことが可能です。
目尻を延ばし過ぎたと感じることはありませんか?
抜糸までの目尻に糸が付いている期間は、目の錯覚により目尻が長すぎると感じることがあります。抜糸を行うことで気にならなくなることがほとんどです。また、目尻に隠れている白目の量以上に延長すると、目尻のピンク色の結膜部分が見えて不自然な印象を与えます。その他にも、目尻でまぶたが緩むことによって、まぶたと眼球の間にすき間ができ、まぶたの裏側のピンク色の結膜部分が見えてしまい目尻が長すぎると感じることがあります。
どうしても気になる場合は、目尻を閉じる手術をさせていただきますが、手術前の状態など、完全には元に戻せない場合があります。特に、目尻のピンク色の結膜部分は完全に隠れない場合がありますことをあらかじめ御了承下さい。
目尻の長さに左右差はできませんか?
術後の後戻りによって左右でズレが起こりますと、目尻の長さや形に左右差が生じる可能性があります。目尻部分に左右差が生じた場合は、基本的に長さが足りない側(片側)の目尻を再度切開して調整させていただきます。
逆まつ毛になったり、まつ毛が抜けたり切れたりする様なことはありませんか?
手術をすることにより、内側(結膜側)にまぶたが織り込まれると逆まつげになり、目尻部分のまつ毛が抜けたり切れたりする可能性があります。それは上まぶたと下まぶたのどちらにも起こる可能性があります。 逆まつ毛になった場合は、基本的に手術後1 ヶ月以上経過してからの判断となりますが、外側の皮膚を取り除く処置をさせて頂きます。手術によりまつ毛が抜けたり切れたりする可能性については、細心の注意を払いますが、目尻部分に起こる可能性は否定できないことをご理解下さい。