目尻切開

  1. HOME
  2. 施術例
  3. 目尻切開

目尻切開に向いているタイプ

  • 目が小さい
  • 黒目の外側の白目を大きくしたい
  • 顔のパーツが中心に寄っている
  • 吊り目

目尻切開のポイント

切開できる長さには個人差があり、効果が出やすいタイプ、そうでないタイプがあります。どのくらい切開できるかは、診察を行って判断します。

目尻切開の詳細

切開可能な長さを診察で確認して、外瞼角部(目尻のコーナー)の皮膚と粘膜を切開します。次に目尻の靱帯(外眼角靭帯)に連続する下瞼の筋腱組織を切離して目尻の位置を外側へ移動させて形を整えて粘膜と皮膚を縫合します。


白目の外側の面積が広くなる為、目元全体がひと回り大きくなった印象になります。また、グラマラスライン手術と組み合わせることでさらに目元を大きく華やかにすることができます。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ

約7日間(目の周り及び白目に出る可能性があります) 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
 

■内出血

注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し目尻から目の周りが紫色になりますが、1〜2週間で消失します。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。
 

■抜糸

7〜14日目(目尻に付いている糸を2回に分けて抜糸します)
 

■通院

7日目・14日目
 

■コンタクトレンズ

当日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。
 

■メイク

アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。
 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。
 

■完成

約3ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■まぶた

・腫れやむくみにより、一時的に左右差が生じる、目尻が見えすぎると感じることがあります。
・傷が治っていく過程で、傷跡が縮んだり、傷口が癒着したりして、幾分後戻りが起こる可能性があります。
・手術によって延長された目尻部分にはまつ毛は生えません。
 

■傷

傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。
 

■加齢による変化

手術後も、たるみにより目尻の形が変わるなど、加齢による変化は引き続き起こります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)目尻の開きが足りない
2)目尻を延ばし過ぎたと感じる
3)目尻の長さの左右差
4)逆さまつ毛になる
5)目尻のラインに段差ができる
6)中縫いの糸が出てくる
7)感染(化膿する)
8)血が溜まる
9)傷が開く
10)白目や角膜の損傷
11)眼球の火傷
12)結膜の露出

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

目尻切開術 ¥250,000+税