上眼瞼脂肪注入

  1. ビスポーククリニック
  2. 上眼瞼脂肪注入

この手術に向いているタイプ

  • 眼瞼の凹みに対してヒアルロン酸注入で良好な結果が出ている
  • 眼瞼下垂症状が無い又は軽度(上眼瞼への注入の場合)
  • 目のクマが目立つ
  • 目がくぼんで老けて見える目元をふっくらさせたい

ポイント

ご自身の脂肪を採取し、脂肪の塊を微小にしたものをカニューラを使って注入します。注入したところがかたまりにならないよう、あらゆる層にまんべんなく平均に注入することがポイントです。

手術の詳細

上まぶたのくぼみにご自身の脂肪を注入して改善する手術です。腋やお腹などの脂肪を採取し、専用の器械を使って細かく注入し、くぼみを改善します。

脂肪は塊として採取するため、脂肪細胞を傷つけることがありません。そのため、術後の脂肪の吸収が少なくなるため、改善効果が実感できます。ただし、脂肪を移植するには、まぶたの皮膚を切開する必要があります。

目の開きが悪い方には同時に眼瞼下垂の修正をお勧めします。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔・全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ
約7~10 日間 朝晩にムクミを感じたり、目やにが増えたりします。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引く事があります。
 
 
■内出血
注射針が当たるか手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、紫色になりますが、1~2 週間で消失します。上眼瞼から目の周り、脂肪採取部周囲に出る可能性があります。
 
また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、こちらも1~2 週間で消失します。
 
 
■抜糸
5~7 日目 (二重のライン上と脂肪採取部についている黒い糸を抜糸します。)
 
 
■コンタクト
当日から可能ですが、ゴロゴロと違和感があるときは中止して下さい。
 
 
■メイク
アイメイクは抜糸の翌日から可能です。その他の部分は翌日から可能です。
 
 
■通院
7 日目
 
 
■完成
約3~4 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

術後は腫れやむくみがあり、希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますので安心ください。
 
1. まぶた
 
○ 腫れやムクミにより 一時的に厚ぼったさや違和感を覚えることがあります。また、一時的に目を開けづらく感じことがあります。
○ 自己組織の移植となりますので、移植した脂肪は4ヶ月の間に、若干の吸収が起こります。
 
 
2. 傷 跡
 
傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。
 
 
3. 加齢による変化
 
手術後も、まぶたが痩せるなどの加齢による変化は引き続き起こります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)膨らみ過ぎたと感じる
2)膨らみが物足りない
3)上まぶたの膨らみの左右差
4)希望の二重幅と異なる
5)二重幅の左右差
6)二重の食い込みが深すぎる
7)目が開きにくい
8)脂肪採取部の傷跡が気になる
9)中縫いの糸が出てくる
10)凹凸が残る
11)感染(化膿する)
12)血が溜まる
13)傷が開く
14)白目や角膜の損傷
15)眼球の火傷

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

上眼瞼脂肪移植 ¥500,000+税