眼瞼下垂 挙筋腱膜前転法

  1. HOME
  2. 施術例
  3. 眼瞼下垂 挙筋腱膜前転法

この手術に向いているタイプ

  • 眠そうな目元を改善したい
  • 目元を華やかにしたい
  • 大きな目元にしたい
  • 切れ長の目元にしたい
  • 垂れ目風の丸い目元にしたい
  • 彫りを出したい

ポイント

目力には生まれつき人差があります。この手術では潜在的な筋力も含めて引き上げる為、大きな目元を形成する上では大きな効果をもたらします。

手術の詳細

眼瞼下垂 挙筋腱膜前転法とは、上まぶたの二重のライン上を切開して、目を開ける挙筋と呼ばれる筋肉、または、腱膜といわ
れる挙筋と瞼をつないでいる部分を短縮させ、目の開きを大きくし、且つ重瞼(二重)をつくる手術です。同時に皮膚のたるみ
や脂肪を取ることもできます。
 
この手術により 目の開きが大きくなり、黒目がよりはっきりと見えるため、目力をアップさせることができます。
■手術の流れ

※ 視力矯正などのため、コンタクトレンズ(ソフトタイプ・使い捨てタイプ・カラー有)を日常生活で使用されている場合
は、目の開きや二重の幅を確認して頂く為、手術の際に装着して頂くことをおすすめ致します。

麻酔方法

局所麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク・全身麻酔
※眠る麻酔を使用した場合は、手術中に目を覚まして頂き、鏡を見ながら開きの調節が必要となります。

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ
約7〜10日間(朝晩にむくみを感じたり、目やにが増えたりします) 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
 
 
■内出血
注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し上眼瞼から目の周が紫色になりますが、1~2週間で消失します。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。
 
 
■抜糸

3~7日目(切開部の糸とは別に、ラインを固定させるための糸(3日目に抜糸)が付く場合があります)
 

■通院

3日目・7日目
 

■コンタクト
翌日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。
 
 
■メイク

アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。

 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。創部は強く擦らない様にしてください。

 

■入浴・シャワー浴

入浴・シャワー浴は翌日から可能です。

 

■完成
約3~4ヶ月
 
 

 

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 
 
■まぶた
 
腫れやむくみにより、一時的に二重の幅が広くなります。目の開きや二重の幅に左右差が生じたり、ラインの食い込みが強すぎると感じることがあります。
 

■視界

●まれに視界がぼやける時期があります。角膜の腫れの影響と考えられますので、腫れが落ち着くと共に改善されます。
●目の開きが良くなることで光が今までより多く入り、眩しく感じることがありますが、次第に慣れ、自然と調整ができるようになります。
 
■眉毛
 
目を開ける際に額の筋肉を使用する癖がある方は、眉が本来の位置よりも高い位置にある傾向があります。手術後は過剰に額の筋肉を使用する必要が無くなるため、上がってい た眉毛が本来の位置へと戻ります。その為、手術前と比べると眉毛の位置が下がります。
 
 
■傷
 
傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。
 
 
■加齢による変化
 
手術後も、目の開きや二重の幅が狭くなるなど、加齢による変化は引き続き起こります。

 

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)目の開きの左右差
2)希望の二重幅と異なる
3)二重幅の左右差
4)顔の雰囲気の変化
5)上まぶたが厚くなる
6)まぶたが閉じない
7)目が大きく開き過ぎる
8)逆さまつ毛
9)目の開きが足りない
10)ラインの乱れ
11)目頭側・目尻側のラインが二股になる
12)たるみが残る
13)二重の食い込みが深すぎる
14)ラインが浅い
15)しわが増える
16)手術前の状態に戻る
17)二重のラインが短くなる
18)傷跡が気になる
19)違和感
20)切開箇所にミリウム(白い膨らみ)が出来る
21)糸が出てくる
22)感染(化膿する)
23)視力の変化
24)血が溜まる
25)傷が開く
26)白目や角膜の損傷
27)眼球の火傷
28)眼瞼痙攣
29)視野障害
30)失明

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月間は、腫れや炎症が残っているため、手術を行うと、傷が汚くなる、癒着(ゆちゃく)が強く変形するなど、原則として調整や手術は行えない時期です。腫れや炎症が収まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせて頂くことを御了承下さい。

※文中の『術後』の表記においては、初回手術を基準とさせて頂きます。