処女膜再生術

処女膜再生術に向いているタイプ

●処女に戻りたい
●結婚する前に処女に戻したい
●運動や刺激で損傷した処女膜を再生したい

処女膜再生術のポイント

破れてしまった処女膜を修復する施術です。処女膜には毛細血管があり、初体験の時に感じる痛みと出血は、その膜が破れるためです。運動や刺激などで処女膜が破れる場合もあります。
 
施術は、破れてしまった処女膜を糸で縫い合わせるという方法です。術後初めての性行為では初体験に似た出血や痛みがあります。

 

術後約72時間痛みを抑えるオプションの麻酔『エクスパレル』

デリケートゾーンの施術だからこそ、術後の痛みが気になる方におすすめのオプション麻酔です。
一般的な局所麻酔は術後3~4時間で切れてきますが、エクスパレルは術後約72時間(3日間)痛みを軽減させる持続効果が報告されています。
痛みに弱い方やお仕事が休みにくい方も、術後の痛みをほとんど気にせず安心して施術を受けることが可能です。

処女膜再生術の詳細

破れた処女膜の周りに細い糸を通し、中心に向かって縫合する簡単な施術です。
糸は外見からは見えず、糸を通している感じもありません。

麻酔方法

局所麻酔 笑気ガス麻酔 静脈麻酔+ラリンゲルマスク

エクスパレル(オプション) 1cc~2cc使用

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム
※個人差があります。
 
■腫れ
約1~2週間程です。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
■内出血
細い血管が傷つくと2~3週間程紫色~緑色になります。
  
■抜糸
溶ける糸を使用した場合は不要です。
  

■入浴
シャワーは施術当日から可能。術後2週間までは入浴はお控えください。
 
■完成

約1週間

■性交渉
1ヵ月後 

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

※保険適用外の自由診療です。
処女膜再生術 ¥165,000
エクスパレル 1cc ¥19,800

※価格は全て税込です。

処女膜再生術のよくある質問

生理中でも手術を受けられますか?
止血の確認ができなくなるため、生理中の手術はできません。
入院は必要ですか?
入院の必要はなく、日帰りでお受けいただけます。
入浴、運動など普段通りの日常生活はいつから可能ですか?
シャワーは翌日から可能です。入浴は2週間後くらいから可能です。激しい運動や、手術部位に負担のかかる自転車・バイクの運転は1週間~2週間程控えることをお願いしています。
手術中や手術後に痛みはありますか?
手術中は局所麻酔を行いますので心配ありません。
術後の痛みが気になる方には、オプション麻酔「エクスパレル」がおすすめです。一般的な局所麻酔は術後3~4時間で切れてきますが、エクスパレルは術後約72時間(3日間)痛みを軽減させる持続効果が報告されています。痛みに弱い方やお仕事が休みにくい方も、術後の痛みをほとんど気にせず安心して施術を受けることが可能です。
特に痛みに弱い方には痛み止めを処方しますのでご相談ください。
仕事はいつから可能ですか?
体に強い負担がかかるような手術ではありませんので、お仕事は翌日から可能です。ただし、水に浸かるお仕事(スイミングスクール講師など)の場合は1週間ほどお休みすることをお勧めしています。
性交渉はどのタイミングですれば良いですか?
最低でも1ヶ月程度は控えていただいています。