膣縮小術

この施術に向いているタイプ

●出産で緩んでしまった膣を狭くしたい 
●鈍くなった感覚を改善したい
●膣に空気が入りやすい
●入浴時に中にお湯が入りやすい
●以前のような感覚を取り戻したい

ポイント

膣のゆるみは加齢や出産などの原因で起こります。
出産時に膣の筋肉が伸ばされた状態になるため、膣のゆるみが生じます。また、加齢により膣や肛門周りの筋肉が緩んできます。膣が緩むと、膣内に水や空気が入りやすくなるため、細菌の感染による炎症のリスクが生じてきます。
 
施術はいくつかの方法がありますが、半永久的に膣のゆるみを改善するには手術による膣縮小術が有効です。膣入り口の部分を切開して、膣の入り口を狭く縫い縮めるのと同時に筋肉も縫い合わせ、縮小します。

 

術後約72時間痛みを抑えるオプションの麻酔『エクスパレル』

デリケートゾーンの施術だからこそ、術後の痛みが気になる方におすすめのオプション麻酔です。
一般的な局所麻酔は術後3~4時間で切れてきますが、エクスパレルは術後約72時間(3日間)痛みを軽減させる持続効果が報告されています。
痛みに弱い方やお仕事が休みにくい方も、術後の痛みをほとんど気にせず安心して施術を受けることが可能です。

施術の詳細

カウンセリング時に、患者様それぞれのお悩みやご希望に合わせて縮小範囲を決定します。


膣の下側の筋肉を引き寄せて縫合し括約筋を引き締めます。そして、膣内部にある余分な膣粘膜を切除し、ヒダを形成しながら縫合します。膣の入口から奥まで縮小するため、以前の状態にまで近づけます。

麻酔方法

局所麻酔 笑気ガス麻酔 静脈麻酔+ラリンゲルマスク

エクスパレル(オプション) 2cc~3cc使用

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム
※個人差があります。
 
■腫れ
約1~2週間程です。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
■内出血
細い血管が傷つくと2~3週間程紫色~緑色になります。
  
■抜糸
7日~14日後。溶ける糸を使用した場合は不要ですが、抜糸されることをお勧めします。
  

■入浴
シャワー浴は手術翌日から可能。術後2週間までは入浴はお控えください。
 
■完成

約1ヶ月

■性交渉
1ヵ月後 

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

膣縮小術 (肛門筋膜縫縮)¥450,000+税
(粘膜縫縮)¥300,000+税
エクスパレル 1cc ¥18,000+税