大陰唇縮小術

  1. ビスポーククリニック
  2. 大陰唇縮小術

この施術に向いているタイプ

●大きい大陰唇を小さくしたい 
●いびつな形の大陰唇を綺麗に整えたい
●左右ふぞろいの大きさを整えたい
●見た目の若々しい女性器を取り戻したい
●黒ずみを改善したい

ポイント

大陰唇のたるんだ皮膚や黒ずみが目立つ箇所を切除し、形を整える施術です。
大陰唇が肥大すると、女性器の内側が被さるようになるために、分泌物などの汚れが溜まりやすくなり、臭いが気になったり炎症を起こしやすい状態になります。

施術を行うことで、余分なシワが改善されてハリ感が出てくるため、デリケートゾーンを若々しい印象に整えることが可能です。
また、極細の溶ける糸を使って丁寧に縫合をしますので、できるだけ表面に傷跡が残らないようにきれいに仕上げます。

 

術後約72時間痛みを抑えるオプションの麻酔『エクスパレル』

デリケートゾーンの施術だからこそ、術後の痛みが気になる方におすすめのオプション麻酔です。
一般的な局所麻酔は術後3~4時間で切れてきますが、エクスパレルは術後約72時間(3日間)痛みを軽減させる持続効果が報告されています。
痛みに弱い方やお仕事が休みにくい方も、術後の痛みをほとんど気にせず安心して施術を受けることが可能です。

施術の詳細

カウンセリング時に患者様のご希望を伺いながらデザインします。
 
デザインに従って施術個所にマーキングし、余分な皮膚を切除します。このとき、もともとあるシワのところから皮膚を切開しますので、新たな傷の線は増える心配はありません。麻酔を使用しますので痛みもありません。
 
極細の吸収糸(溶ける糸)を使って縫合し終了です。
縫合する吸収糸は、1~2週間後から自然に少しずつ糸がポロポロと取れていきますが、抜糸をした方が傷が綺麗に仕上がるため、抜糸をされることをおすすめします。

麻酔方法

局所麻酔 笑気ガス麻酔 静脈麻酔+ラリンゲルマスク

エクスパレル(オプション) 1cc~2cc使用

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム
※個人差があります。
 
■腫れ
約1~2週間程です。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
■内出血
細い血管が傷つくと2~3週間程紫色~緑色になります。
  
■抜糸
7日~14日後。溶ける糸を使用した場合は不要ですが、抜糸されることをお勧めします。
  

■入浴
シャワー浴は手術翌日から可能。術後2週間までは入浴はお控えください。
 
■完成

約1ヶ月

■性交渉
1ヵ月後 

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

大陰唇縮小術 ¥350,000+税
エクスパレル 1cc ¥18,000+税