乳輪縮小術

この手術に向いているタイプ

●大きな乳輪が気になっている
●授乳によって大きくなった乳輪を小さくしたい
●授乳への影響がないように乳輪を小さくしたい
●乳輪に左右差がある
●乳輪の形を変えたい
●乳輪のぶつぶつを綺麗にしたい

ポイント

乳輪が大きくなる原因は、「先天的に大きい」「バストの発育と共に大きくなった」「授乳によって大きくなってしまった」など様々です。乳房や乳首の状態、乳輪の大きさなどによって、乳輪を小さくする手術方法は様々ですが、乳房とのバランスが大切です。

乳輪縮小術では、乳輪の幅を小さくする、もしくは乳輪の広さを狭くするかによって、乳輪の外側を切除するか乳頭周辺を切除するかのアプローチ方法が異なります。
乳腺を傷つける施術ではないので、授乳への影響の心配はありません。

手術の詳細

乳輪の大きさを縮小する方法として、乳頭周囲の乳輪をドーナツ状に切除し乳頭基部にて縫合する方法と、乳輪の外側の皮膚をドーナツ状に切除して縫い寄せる方法があります。もちろん局部麻酔を行うため、術中の痛みは感じません。

【乳頭周囲の乳輪を切除する方法】
この方法は、さほど乳輪の大きさを小さくする必要がない場合に選択します。
乳頭の基部から余分な乳輪組織を切除し、乳輪を狭くします。乳頭の基部根元と切除した内側の部分を縫合します。

【乳輪の外側の皮膚を切除する方法】
できる限り乳輪の大きさを小さくする場合に、この方法を選択します。
乳輪の外側の組織を切除し、乳輪の面積を小さくします。狭くなった乳輪の外側の部分と、その周囲の皮膚の部分を縫合します。

麻酔方法

局所麻酔 笑気麻酔 静脈麻酔+ラリンゲルマスク

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ
約7~14 日間。乳輪・乳頭周囲に出る可能性があります。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
手術操作によって細かい血管が傷つくと皮膚の下で出血し乳輪周囲~胸全体が紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■抜糸
7~10 日目(皮膚を縫い合わせた糸を抜糸します)
 
 
■保護
抜糸までの間は、ガーゼで保護を行ないます。
 
 
■通院
7 日目
 
 
■完成
約6 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

1. 胸
 
○ 術後しばらくは、むくみにより思ったようでないと感じますが、時間とともに馴染んでいきます。
 
○ 傷の縫合部の皮膚がひきつれて、ギャザーが出来ます。
 
○ 手術後は状態が落ち着くまでの間、強い刺激によって痛みを感じることがあります。
      徐々に軽減されますが、痛みが強い間は出来るだけ刺激を避けてください。
 
 
2. 傷 跡
 
○ 乳輪の外側を切除した場合は、
      傷の赤みは、数ヶ月かけて 薄茶色(一時的な色素沈着)から白っぽい線と変化し改善します。
 
○ 乳頭周囲を切除した場合は、
      傷の赤みは数ヶ月かけて一時的は色素沈着から乳頭乳輪部の茶色の肌とは異なる白いキズアトになります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 左右差

A-1トラブルの内容
切除する乳輪組織の量や位置が左右で異なると、術後に左右差が生じる場合があります。元々乳輪の大きさや形が左右で異なる場合、術後も左右差が出やすくなります。
 
A-2 対応
左右差が生じた場合は、基本的に大きい方を小さい方に合わせるように、乳輪の皮膚を切除させていただきます。
※ ただし、修正手術を行ったとしても、完全に左右対称にならない場合があることをご理解ください。

B) 乳輪の縮小効果が物足りない

B-1トラブルの内容
乳輪組織の切除は、大きさを確認しながら慎重に行いますが、術後3 ヶ月はむくみのため乳輪が大きく見えます。むくみがとれるまで経過をみて頂く必要があります。十分に縮小されていても、見た目には物足りないと感じることがあります。
 
B-2 対応
手術後、乳輪の縮小効果が物足りないと感じた場合、追加切除の手術を行わせて頂きます。
※ 但し、追加で手術を行うほど後戻りやギャザーが生じたり、傷跡がケロイド状になる、などのリスクが高くなります。

C) 乳輪が小さくなりすぎる

C-1トラブルの内容
小さくなりすぎた乳輪を拡大するのは大変困難なため、乳輪の切除は控えめに行う配慮をしております。それでもご希望より小さくなりすぎたと感じることがあります。
 
C-2 対応
乳輪が小さくなりすぎたと感じる場合は、乳輪部と同じ色のアートメイクを行う事で乳輪周囲を広く見せる事は可能です。但し、色が完全にマッチしないことがあるため不自然さは残る場合があります。

D) ギャザーが残る

D-1トラブルの内容
乳輪周囲にギャザー(デコボコな傷)が残ることがあります。
 
D-2 対応
乳輪周囲にギャザーが残った場合は、傷をバストの皮膚の方へ向かって伸ばす修正をいたします。

E) 傷 跡

E-1トラブルの内容
患者様の体質によっては、傷跡がケロイドのように赤く盛り上がる・凹む・段差になる・色素沈着になることがあります。
 
E-2 対応
傷跡が気になる場合は、状態に合わせて下記の方法を用いて改善を図ります。
 
ステロイド(ケナコルト)注射
※ ケロイドのように赤く盛り上がったキズを平らにしていく効果が期待できます。
十分な効果が得られるまで、1 ヶ月に1 回の治療を繰り返す必要があります。
ステロイドの副作用:傷が凹む、毛細血管が浮きでる
 
◆ ハイドロキノンクリーム
沈着した色素を薄くする効果が期待できます。
 
◆ トレチノイン+ハイドロキノンクリーム
肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚の再生を促進します。
 
切開法
大きな段差や凹み、広がったキズの場合は、傷の赤みが消えた上で再度切開し綺麗に縫合します。
皮膚を切開することによって、乳輪の形が変形する場合があります。
 
● 傷跡が白くなった場合、色の濃い乳輪に対して目立つことがあります。
その場合、乳輪色素に合わせるため、アートメイクにて処置を行うことをお勧め致します。
※ 傷を完全になくす事は不可能なため、傷跡を目立たなくするという目的であることをご了承下さい。
また、個人の体質的な要因が大きいため、傷跡の修正には限界がありますことをご理解ください。

F) 乳頭の平坦化

F-1トラブルの内容
縫い縮められた乳輪が引っ張られることで、広がるにつれて乳頭も引っ張られて平坦化する場合があります。
 
F-2 対応
平坦化した乳頭を再度突出させる事は、大変困難である事をご理解ください。

G) 感覚の麻痺

G-1トラブルの内容
手術によって細かい知覚神経が傷つくことがありますので、一時的に感覚が鈍くなります。
 
G-2 対応
通常3 ヶ月程で知覚は回復してきます。稀に完全に元の状態まで戻らないことがあります。

H) 糸が触れる

H-1トラブルの内容
乳輪が広がるをの防ぐため、乳輪周囲の傷に沿って糸を皮膚の下に通しておきます。乳輪の表からこの糸が触れることがあります。
 
H-2 対応
そのままにしておいても特に問題はありません。気になるようでしたら抜糸する事も可能です。
※ 但し、埋めていた糸の抜糸を行うと、乳輪が広がる可能性がある事を御了承下さい。

I) 糸が出てくる

I-1トラブルの内容
皮膚の下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が表面に出てくることがあります。
 
I-2 対応
放置していると化膿する恐れがありますので、お早めにご来院下さい。糸を取り除く処置をさせて頂きます。

J) 感 染(化膿(かのう)する)

J-1トラブルの内容
赤み・腫れ・痛み・熱感が強くなったり、長いたりする場合は、感染が疑われます。
 
J-2 対応
感染が起きた場合は、抗生剤の投与を行います。膿が溜まっている場合は、必要に応じて傷を切開し、膿を出す処置を行います。

K) 血が溜まる

K-1トラブルの内容
術後に傷の中で出血すると、血が溜まって乳頭や乳輪が腫れが生じます。血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりを作る可能性があります。
 
K-2 対応
出来るだけ早く処置をする必要があります。その際は再度傷を切開し溜まった血液の排出を行います。

L) 傷が開く

L-1トラブルの内容
稀に糸が外れて、傷が開いてしまう場合があります。
 
L-2 対応
傷が開いた場合は、再度縫合させていただきます。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

乳輪縮小術 ¥500,000+税
乳頭乳輪縮小術 ¥700,000+税