COLUMN

コラム

婦人科形成

副皮切除術とは?大きさや形・ニオイなど、人には言えないデリケートゾーンのお悩みを解消

婦人科形成イメージ画像

 

デリケートゾーンの悩んでいる方の多くは、なかなか人に相談できずにいる方も多いのではないでしょうか?

大きさや形状、臭いなど人と比べて普通なのか?そうでないのか?判断が難しい問題でもあります。

今回はそんなデリケートゾーンのお悩みを解消する手段の一つ”副皮切除術”を紹介していきます。

 

副皮とは?小陰唇と大陰唇の間にあるヒダ状の皮膚

副皮のイメージ画像

 

副皮とは、小陰唇と大陰唇の間にあるヒダ状になっている皮膚のことです。ただし、「副皮」というのはいわゆる俗称であり医学的な正式名称ではありません。

副皮は個人差が大きく、全くない方や片側だけにある方、二重三重…とヒダの数や大きさも人それぞれです。

正常な大きさというものはなく、必ず手術が必要というわけではありません。

また、小陰唇や陰核包皮と一体化していることも多く、小陰唇縮小術と合わせて施術を行う方が多くいらっしゃいます。

副皮の大きさよりも全体のバランス

花束と窓のイメージ

 

上記でもお伝えした通り、小陰唇や陰核包皮と一体化していることが多く、小陰唇や陰核包皮だけ手術を行った場合、副皮が大きく残ってしまう可能性がある方には手術をお勧めしています。

例えば、術前は小陰唇が大きくそちらの方が目立つため、副皮をあまり気にされていない方もいらっしゃいます。

そんな方でも、いざ小陰唇だけを切除してみると副皮が目立つようになり、バランスが悪くなってしまう事も考えられます。

副皮が大きいかどうかというよりも、小陰唇や陰核包皮など他部位との全体的なバランスをみて手術が必要かどうか診察させていただきます。

「陰部の大きさが気になる」「副皮切除が必要なのかわからない」という方はお気軽にご相談ください。

副皮切除術を受ける方が抱えているお悩み

副皮切除術を受ける方が抱えているお悩み

 

副皮といわれる場所は薄く伸びやすいため、たるみが強く出ている方がいらっしゃいます。そのたるんだヒダの部分に恥垢が溜まりやすく、臭いや炎症の原因になる場合があります。

また、見た目(大きさや左右差)などがコンプレックスになり、自信が持てないなど、女性特有のお悩みにつながる方も多くいらっしゃいます。

上記のようなお悩みを抱えている方は、衛生面や形的に治療をお勧めしています。

(もしも、副皮や小陰唇、外陰部などにできものができている場合は、保険診療の適用の治療が必要となる場合がありますので、皮膚科や内科、婦人科などの受診をお勧めする事があります。)

副皮切除術のカウンセリング~手術までの流れ

副皮切除術について

 

 

まずはカウンセリングを行い、お悩みの把握・診察を行います。カウンセリングを行うお部屋は完全個室となっているため、安心して受けていただけます。

デザインに関しては、手術前にご希望を伺い、大きさや形など手鏡を使って一緒に確認をしていきます。

手術に関しては、女性器は感覚神経が集中しているため痛みにとても敏感な場所です。

実際カウンセリングにいらっしゃった患者様から、痛みと傷跡に関してご質問を受けることがとても多いです。手術中は静脈麻酔で行うため、リラックスして寝ている間に手術を行います。

傷跡に関しても、患部は血液の循環が豊富なため、傷跡が残ることはほぼありません。

当院が気を付けていること・こだわり

大切なのは患者様の希望をしっかりきかせていただくこと、”普通や正解の形”はないので、その方のお悩みや理想から納得のいく最適のバランスをみつけます。

また、痛みや傷跡に対して繊細に配慮し、できる限り痛みを抑え、傷跡も残りにくいよう工夫しています。

痛みに対する不安を減らすための工夫

実際カウンセリングにいらっしゃった患者様から、痛みに関してご質問を受けることがとても多くあります。

しかし、実際は手術中は静脈麻酔を使用し、寝ている間に手術を行うため、術中の痛みを感じることは殆どありません。

また、当院では、少しでも患者様の負担を減らしたいと考え、【エクスパレル】という局所麻酔をオプションで付けることをオススメしています。

局所麻酔のエクスパレル

エクスパレルは、FDAにより医薬品として認証を受けた麻酔薬です。これまでに使用した患者様は、米国で700万人以上(2020年現在まで)に上ります。

有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、術後約72時間(3日間)痛みを軽減させる持続効果が報告されています。(一般的な局所麻酔は術後3~4時間で切れてくるといわれています。)

手術後3日程度は排せつ時や長時間の座り姿勢で痛みを感じるので、その間の痛みを抑えてくれるのはとても嬉しいことですよね。縫合に使用する糸にも配慮し、患部は粘膜のため張りがある糸だとチクチクと痛むことから、柔らかい糸で縫合していくようにしています。

さらに痛み止めの内服薬も処方をするため、心配しているより痛みの少ない場合が殆どかと思います。

施術詳細

施術名:副皮切除術

税込み費用:¥198,000

治療回数:1回

リスク・副作用:手術後は1~2週間程腫れが生じる場合があります、副皮に左右差が生じる場合があります、極稀に感染や化膿が生じる場合があります。

※その他のリスク・副作用については手術申し込みの際に詳しくお伝えいたします。

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

 

執筆監修者

五反田 希和子 / 福岡院 院長

美容医療は「喜びの医療」です。​
たくさんの方々と一緒にHappyを創っていきたいと思っています。​

カウンセリングのご相談・お申し込み

携帯からも通話無料
受付時間
10:00~19:00