CASE

症例写真

肋軟骨を使わない耳軟骨による鼻中隔延長術の長期経過の症例

  • 鼻中隔延長術の症例写真(6ヶ月後)

 

施術名

隆鼻術、鼻中隔延長術、鼻尖縮小術

年齢

20代

性別

女性

治療期間・回数

治療回数:1回

施術内容

こちらのモニター様は中顔面全体が少し後退している方。自然で整形感のないお鼻をご希望でした。

あえて横顔だけで比較しますが、手術して6ヶ月後と一年後で後戻りはありません。

まだ後戻りの可能性はないわけではありませんが、一年経過していればその可能性はかなり少なくなったといえます。ナチュラルな仕上がりで窪んだ印象も改善しましたね。

三本の矢ならぬ三本の柱で支えれば(通常法は耳軟骨を一本の柱として使います)、それぞれの柱にかかる負荷は小さくてすみます。

また、高さは出ていても弾力があり、多少動きも保たれるので少し手間はかかりますが、とても良い方法だと思います。(料金も同じなので必要な方には行っています)

 

では肋軟骨では?当院でもしっかり効果を出す場合や、修正の患者様には肋軟骨を使った鼻中隔延長を行っています。

肋軟骨は後戻りが少ないのは間違いありません。ただそのことが別の問題を生み出すことがあります。

鼻先を前に出そうとすると後ろに下がろうとする力が同じだけかかります。この力に耐えるために硬い肋軟骨を使うとその両方の強い力が鼻先にかかって

①鼻先の皮膚が薄くなる

②軟骨が浮き出る

③鼻先が硬く動かなくなる

といったことが起きます。

自然で整形感のない鼻を作るときはそういったことにも気を配る必要があります。

リスク・副作用

鼻の穴の左右差が生じる場合があります

延長した鼻が長すぎる・鼻尖が高すぎると感じる場合があります

鼻孔縁が上に挙がる場合があります …など

※その他のリスク・副作用については手術申し込みの際に詳しくお伝えいたします。

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

税込費用

隆鼻術:¥440,000

鼻中隔延長術:¥660,000

鼻尖縮小術:¥330,000

※効果には個人差がございます。同様の効果を保証するものではありません。

担当医

室 孝明 / 東京院・福岡院統括院長

室 孝明 / 東京院・福岡院統括院長

しっかり効果を出しつつ、人それぞれが持っている個性をいかしてさらに魅力的に。​
美容外科医に最も大切なことは細かな診察・カウンセリングの中で双方の温度差を​なくすことだと考えます。​
皆様一人ひとりの理想を叶えられるよう頑張ります。​

カウンセリングのご相談・お申し込み

携帯からも通話無料
受付時間
10:00~19:00
 

Warning: filemtime(): stat failed for calender.js in /home/bespoke-clinic/public_html/wp/wp-content/themes/original/footer.php on line 501