CASE

症例写真

輪郭

医療用HIFU(ハイフ)でお顔全体をスッキリと引き締める

五反田医師によるHIFU(ハイフ)の症例写真

施術名

ウルトラセルHIFU(顔~フェイスライン)

年齢

20代

性別

女性

治療期間・回数

治療回数:1回

施術内容

こちらのモニターさんは、輪郭も含めたお顔全体をすっきりさせたいということでご相談に来られました。

輪郭をすっきりさせるには…

① HIFU

② ボトックス注射

③ 糸リフト

④ 切開リフト

⑤ 脂肪溶解注射

⑥ 脂肪吸引

⑦ 骨切手術

などなど…、ダウンタイムが少なく手頃なものから大がかりな手術まで、色々な方法があります。

今回はHIFUを行いました。

HIFUはご存知の通り、高密度焦点式超音波を利用して表情筋、SMAS筋膜に熱エネルギーを発生させ、コラーゲンの縮小と増生を促す治療です。

切らない治療のため、ダウンタイムがほとんどありません。(痛みも麻酔なしで我慢できる程度ですが、ご希望の場合は麻酔クリーム、笑気麻酔などご用意いたします)

引き上げる効果と引き締める効果を出せるように工夫して打つと、施術直後から全体的に引き締まった感覚はありますが、コラーゲンの増生効果に伴って1ヶ月ほど経過すると更に引き上げ効果も感じていただけます。

ちなみに…エステで行うHIFUと医療用HIFUは出力パワーだけではなく、正しい深さに照射する精密さなども異なります。

「切らないフェイスリフト」というキャッチコピーで知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、リフトほどのたるみが引き上げ効果は正直難しいため、「引き締める」というイメージが正しいなと感じます。

重度のたるみを完全に改善することはできませんが、ダウンタイムも比較的短く、費用や身体への負担を抑えながらたるみを予防したり、鏡を見たときに自分自身には分かるちょっと嬉しい効果がほしい
という方におすすめの施術です。

何事もそうですが、「〇〇が良いらしい」と聞いて真似をするのではなく、その方の原因や進行度に合わせた施術のチョイスが必要です。

「自分には何の施術が最適かわからない」という方もカウンセリングにお越しいただくと、ご希望を聞きながら患者様に合ったご提案をさせていただきます。

リスク・副作用

赤みや腫れなどが生じる場合があります

極めて低頻度ですがやけどを負う可能性があります

・一時的に紫外線の影響を受けやすくなります

※その他のリスク・副作用については手術申し込みの際に詳しくお伝えいたします。

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

税込費用

ウルトラセルHIFU(顔全体~フェイスライン)※Dr施術 ¥198,000

※効果には個人差がございます。同様の効果を保証するものではありません。

担当医

五反田 希和子 / 福岡院 院長

美容医療は「喜びの医療」です。​
たくさんの方々と一緒にHappyを創っていきたいと思っています。​

カウンセリングのご相談・お申し込み

携帯からも通話無料
受付時間
10:00~19:00