Example of treatment

鼻骨骨切り幅寄せ術

鼻骨骨切り幅寄せ術に向いているタイプ

Type
  • 鼻が幅広く大きく見える
  • 男性的な鼻を改善したい
  • 華奢な鼻になりたい
  • 鼻筋を通したい
  • 鼻全体を小さく目立たなくしたい

鼻骨骨切り幅寄せ術のポイント

Point

骨切り幅寄せ手術は、鼻の骨の形を整える整鼻術の代表的な手術法です。鼻の大きさがコンプレックスで鼻を小さくしたい場合に行うことが多いです。この手術で小さくできるのは、正面から見たときの鼻の骨の部分の横幅です。

鼻の高さは十分あるが幅広く、鼻筋が通っていない場合に有効です。

わし鼻でお悩みの方は、鷲鼻骨切り術と併せることで 女性らしく華奢な鼻にすることが可能です。

鼻骨骨切り幅寄せ術の詳細

Details

鼻の中と鼻の横に数ミリ切開をし、鼻の骨に切り込みを入れ、両側の鼻の骨を内側に折り込んでギプスで固定します。傷跡は小さく目立ちません。

■鼻骨骨切り幅寄せ術

仕上がりのイメージを画像シミュレーションで確認することで、より理想的な鼻のカタチへ

当院では、自然で目立たない鼻のデザインがご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。
また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。
「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことがよい結果への近道と考えます。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

Anesthesia
  • 全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

Downtime

ダウンタイム

※個人差があります。

  • 腫れ

    約14日程で目立つ腫れは引いていきます。 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。

  • 内出血

    細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し目元や鼻の周りが紫色や緑色になりますが、1〜2週間で消失します。 また、下まぶたに起きた内出血が吸収された後に、血液の色素が残り、茶色っぽく見えることがありますが、半年〜1年位で自然に分解されていきます。

  • ドレーン(管)

    出血が皮下に溜まるのを防ぐ為に、1〜3日間鼻内に留置します。 ドレーンを抜く際に鼻の粘膜から出血することがあります。ドレーンを留置している間は感染防止の為、抗生剤点滴を行います。

  • ギプス

    約1週間

  • 抜糸

    約1週間後(鼻の表面)・約2週間後(鼻の穴の中)

  • 通院

    翌日〜3日目・1週間目・2週間目

  • メイク

    治療箇所はギプス除去後から、それ以外は手術当日から可能です。

  • 洗顔

    ギプス除去後可能です。

  • 入浴・シャワー浴

    シャワー浴は翌日から、入浴はドレーン抜去後可能です。

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。

  • 傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。

  • 浮腫み

    ギプス除去後は一時的に浮腫みを感じます。その為「太すぎる」と感じることがあります。 時間の経過と共に落ち着き、4〜6ヶ月程経つとすっきりと見えてきます。

手術後に起こりうるトラブル

Trouble

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

  • 感染(化膿する)
  • 血が溜まる
  • 傷口が開く
  • 中縫いの糸(皮膚の内側を縫い合わせている糸)の露出
  • 左右差
  • 鼻閉感(鼻が通りにくい感じ)
  • 骨切りした部分の段差
  • 効果が物足りない
  • 細くなり過ぎたと感じる
喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

Price

※保険適用外の自由診療です。

鼻骨骨切り幅寄せ術¥660,000

※価格は全て税込です。

鼻骨骨切り幅寄せ術のよくある質問

Faq
  • 傷あとは出来ますか?

    基本的に鼻の中で行う手術(クローズ法)のため、外見上の傷は出来ません。他の手術と併用する場合はオープン法で行うこともありますが、正面からは見えにくい部位に傷が入りますので目立つことはありません。

  • 術後、骨がズレることはありませんか?

    術後はしっかりと固定を行います。状態が落ち着き正しい位置に定着した後は、動くことやずれることはありません。

  • 鼻を細くするのに骨を切らない方法はありますか?

    骨自体を細くするには手術しか方法がありません。骨を切る手術に抵抗があるのでしたら、隆鼻術で鼻筋を高くすることにより幅を細く見せるという方法もあります。その他にも、鼻のヒアルロン酸注入という方法もありますので、ご希望をお伺いし様々な方法をご提案させて頂きます。

  • 術後の注意事項はありますか?

    術後1ヶ月間程度は切った骨が安定していないため、外からの強い力が加わると変形するおそれがあります。そのため、その間は強い力がかからないようにする注意が必要です。 鼻をかむときも優しく抑える程度にするなど、できるだけ刺激を与えない様に気をつけていただきます。ボールがぶつかった、強く押された、うつ伏せの姿勢で強く鼻を圧迫するなど、その様なことの無いよう十分な注意が必要になります。

  • 左右差ができることはありませんか?

    術後はギプスで固定して左右差を防止していますが、完全に骨の位置をコントロールすることは困難です。そのため、左右の鼻の骨の位置にずれが生じることがあります。 その場合、ふくらんでいる側の鼻の骨を適切に切除、もしくはへこんでいる側の鼻の骨の部分にプロテーゼや軟骨を移植するなど、調整をすることも可能です。ただし、完全に左右対称にならないことがあることを予めご了承下さい。

  • 鼻が通りにくい感じになったりしませんか?

    筋の幅を狭めますので、必然的に鼻の中のスペースは狭くなり、術後しばらくは鼻の中に腫れが生じるため鼻が通りにくいと感じることがあります。術後3~6ヵ月位で鼻の中の腫れが引いてきますので、鼻が通りにくい感じは改善されていきます。 ただし、もともと鼻の通りにくかった方は、余計に通りにくく感じることがあります。腫れが引いても改善しない場合、ご希望でしたら狭めた鼻筋を元に戻すことは可能です。

  • 骨切りした部分に段差ができたりしませんか?

    術後に鼻を触ると骨切りした部分に段差を感じることがあります。外見上問題がなければ修正をすることはおすすめしておりません。外見でわかる段差については、術後4ヶ月以上経過してから、段差を作っている鼻の骨の角を調整する手術を行うことは可能です。

  • 鼻筋が太すぎると感じる(効果を物足りなく感じる)ことはないですか?

    術後は、腫れやむくみがありますので鼻筋や鼻先が太く見えることがあります。そのため、術後3~6ヵ月は経過をみていただいております。また、鼻の骨を動かせる範囲には限界があるため、効果を物足りないと感じることがあります。 その場合は、鼻の骨を再度切り直す手術を行うことも可能です。 もしくは、隆鼻術によるプロテーゼを使用することにより鼻筋をスマートに見せる方法もあります。

  • 鼻筋が細くなりすぎた様に感じることはないですか?

    もともとの組織の構造上、鼻筋を細くする度合いを正確にコントロールすることは困難です。そのため、術後の鼻筋がご希望より細いと感じることがあります。 その場合は、鼻骨をカットして広げることで、ある程度改善することは可能です。また、細くなった方の鼻骨にヒアルロン酸注入する、プロテーゼを挿入する、軟骨を移植するなど、鼻筋を調整することも能です。

  • 麻酔は何を使用しますか?

    非常に細かい手技を使い、手術時間も要します。お身体の負担に配慮するために全身麻酔での手術となります。術中の意識はないため、痛みを伴うことはありません。

  • ダウンタイムはどのくらいですか?

    目立つ腫れやむくみは1~2週間程度です。その後は時間の経過と共に落ち着いてきますので、メイクでカバー頂ける程度になります。最終的な仕上がりまでは約4~6か月ほどです。

鼻の施術例

sample_nose