糸によるリフト スプリングアプトス(シルエットリフト・テスリフト・VOVリフト)

  1. ビスポーククリニック
  2. 糸によるリフト スプリングアプトス(シルエットリフト・テスリフト・VOVリフト)

この手術に向いているタイプ

●ほうれい線を改善したい
●ゴルゴラインを改善したい
●マリオネットラインを改善したい
●弾力・ハリを取り戻したい
●頬や口周りのたるみを改善したい

ポイント

糸によるリフトはいろいろとありますが、当院で用いている糸は非吸収糸によるスプリングアプトスは、吸収糸の「シルエットリフト」・「VOVリフト」・「テスリフト」の3種類になります。それらの中から患者様のご希望と必要なダウンタイム、効果の程度を考慮してご提案いたします。

 

スプリングアプトスは効果が高く、半永久的に糸がたるみを予防する働きが特徴です。非吸収糸は3種類あり、用途によって使い分けています。いずれも何十種類もある糸の中から選りすぐりの引き上げ効果の高い糸になります。

 

挿入後にコイルが縮むことで、垂直方向に入れられた糸はしっかりと皮膚を持ち上げることが可能です。また、コラーゲンや成長因子の生成を促進するため、ほうれい線やマリオネットラインなどのシワに沿って挿入した場合、シワを持ち上げ改善に導きます。

治療法の詳細

●スプリングアプトス
ゴムのように伸び縮みするシリコン製の非吸収糸を使用します。
顔の表情や開口する動きに合わせて伸び縮みをする為、引っ掛かりが外れることがありません。挿入する為にこめかみの皮膚を2cm程切開します。

 

●シルエットリフト
「コーン」と呼ばれる、吸収される素材でできた円錐状の突起が付いた糸を使用します。
糸の部分は吸収糸と非吸収糸があります。コーンの引っ掛かりが強力な為、強く引き上げることが出来ます。挿入する為にこめかみの皮膚を2cm程切開します。

画像シミュレーションで確認することでイメージ通りの仕上りへ導く

患者様のご要望がご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。

また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことが良い結果への近道と考えます。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・ラリンゲルマスク麻酔・全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ
約2~3日目をピークに約7~10日間程で目立つ腫れはひいていきます。
内出血や感染症が起こった場合は、腫れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、頬など糸を通した部分が紫色や緑色になりますが、約1~3週間で消失します。
 
 
■抜糸

傷を縫合した場合は1週間後

 

■メイク
治療箇所以外は翌日からメイクが可能です。
 
 
■通院
1週目
 
 
■痛み

糸のトゲが皮膚を引っかけて引き上げますので、針を刺すような痛みを感じることがあります。
こめかみの筋膜に糸を固定しますので、大きく口を開いたり、咬んだりすると痛みます。
痛みは1ヶ月程で落ち着きます。
 

■完成

3ヶ月

 

経過

■傷

アプトスは傷が出来ません。
スプリングアプトス、シルエットリフトはコメカミの頭皮部分に傷を作りますので、傷に沿って数ミリ脱毛することがあります。数ヶ月は傷の赤みがあり、その後時間の経過と共に薄茶色から白っぽい線に変化します。

■浮腫み

腫れがひいた後もムクミがしばらく続きますが、時間の経過と共に落ち着き、1ヶ月程経つとスッキリと見えてきます。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
術前2 週間前~1 ヶ月は禁煙をお願い致します。喫煙により血液の循環を悪くすることで、傷の治りが悪くなります。
その為、傷口が赤く盛り上がって目立つ、また、頭の中の傷口の脱毛箇所が広くなってしまうことがあります。
また、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。

トラブル一覧

A) 感染(化膿(かのう)すること)

A-1トラブルの内容
手術後に、痛み・熱感・赤みが出る、又は症状が長引く場合は感染が疑われます。
 
A-2 対応

感染が起きた場合、内服薬服用や抗生剤の投与を1 週間続けて経過をみます。それでも改善がみられなかった場合は、 挿入した糸の抜去をさせて頂 きます。抜去後の再挿入手術の時期は、抜去手術より 4 ヶ月後(感染の原因となる細菌が完全に消えてから)になります。

B) 血が溜まる

B-1トラブルの内容
術後、傷の中で出血して血が溜まると紫色に腫れます。血が溜まったままにすると化膿やしこりになったりすることがあります。
放置しておくと、感染や皮膚が壊死する可能性がありますので、早急に処置が必要です。
 
B-2 対応
傷口の一部を切開し、溜まった血を抜く処置を行わせて頂きます。

C) 傷口が開く

C-1トラブルの内容
稀に、こめかみの傷を縫合した糸が外れて傷口が開いてしまうことがあります。
 
C-2 対応

傷口が開いてしまった場合、再縫合の処置をさせて頂きます。

D) 引き上がりの左右差

D-1トラブルの内容
元々のタルミの左右差や糸の挿入部位のズレ・引き上げる強さの違い、術後の後戻りの違いなどが原因で、リフト効果に左右差が生じる場合があります。
 
D-2 対応

引き上がりに左右差が出た場合、新たに糸を挿入して引き上げるか、引き上がりすぎている側の糸を緩める 、又は抜去いたします。

E) 皮膚の凹み

E-1トラブルの内容
糸を使ったリフトでは、限られたポイントを引き上げますので、強く引き上げると皮膚に凹みが生じてしまいます。
 
E-2 対応

術後 1 2 週間後に深い凹みが目立つ場合には、凹んだ部分の皮膚を引っ張って、糸の 引っかかりを外すことで凹みを修復することが出来ます。但し、術後早い時期(1 2 週目)に引っかかりを緩めてしまいますと、リフト効果が半減してしまうことをご了承下さい。
浅い凹みは時間の経過とともに改善されていきますので、約4 ヶ月程は経過を見て下さい。その間は、凹んだ部分にヒアルロン酸を注入し、膨らませる方法がおすすめです。
4ヶ月経過を見ても改善されない場合は、糸を抜去させて頂きます。

F) 糸を固定した部分が膨らむ・触れる

F-1トラブルの内容
束ねた糸の結び目や固定用のメッシュによって、その箇所に膨らみが出来る、あるいはエッジが触れて気になる場合があります 。
 
F-2 対応

その場合、再度傷跡を切開して糸の結び目やメッシュを切除して小さくする対応をさせて頂きます。

G) 中縫いの糸の露出

G-1トラブルの内容
挿入した糸が皮膚の表に出てくることがあります。
 
G-2 対応

表に出た部分の糸をカットして、中に埋める処置をさせて頂きます。

H) 糸が透ける

H-1トラブルの内容
皮膚の薄い方や色の白い方は、挿入した糸が皮膚から透けて見えたり、浮き出たりすることがあります。
 
H-2 対応ご希望
ご希望でしたらで、糸を抜去させていただきます。

I) 糸に対する違和感・異物感・突っ張り感・引きつり感

I-1トラブルの内容
糸で皮膚を引っ掛けてリフトさせるため、大きく口を開いたり、物を噛んだりする時に痛みを感じることがありますが、約 1 ヵ月程度で落ち着きます。また、異物でリフトをしたことにより、違和感(異物感)や皮膚の突っ張り感が生じることがありますが、 時間の経過と共になくなっていきます。
 
I-2 対応

どうしても抵抗がある方は、糸を抜去させて頂きます。

J) リフトアップの効果が少ない

J-1トラブルの内容
糸を使ったリフトは強く引き上げると皮膚に凹みができたり、余った皮膚が盛り上がったりしますので、そうならないように、ある程度の強さで引き上げます。その結果、物足りなく感じる場合もあります。
また、術後に糸のひっかかりが外れて、リフト効果が半減することがあります。
 
J-2 対応

リフトアップの効果がもの足りないと感じる場合には、再度糸を追加挿入することをおすすめ します。
糸のリフト効果には限界がありますので、しっかりとしたリフト効果をご希望の場合は、皮膚を切開する
フェイスリフトの手術がおすすめです。

K) リフトアップの効果がありすぎる

K-1トラブルの内容
糸を入れた所が、箇所によっては引っ張られすぎていると感じることがあります。約 3 ヶ月程すると馴染んできますので経過を見て頂く必要があります。予定通りのリフト効果が得られた場合でも、ご本人の希望よりリフトアップしすぎと感じることがあるります。
リフトアップの効果が有り過ぎると感じる場合、時間の経過と共に馴染みが生じ、それに伴い効果も薄れてくるため、そのまま経過を見て頂くことをお勧めします。
 
K-2 対応どうしてもリフトアップし過ぎていると感じ、修正をご希望の場合は挿入した糸を抜去させて頂きます。

料金

スプリングアプトス 1本¥50,000+税
(16本以上 ¥550,000)
シルエットリフト 1本¥50,000+税
(16本以上 ¥550,000)
VOVリフト 1本¥40,000+税
(更新VOVリフト 1本¥30,000)