頬部・頸部フェイスリフト術

  1. ビスポーククリニック
  2. 頬部・頸部フェイスリフト術

この手術に向いているタイプ

●フェイスラインのたるみが気になる
●シャープな輪郭になりたい
●首のしわ・たるみも一緒に改善したい
●骨切り後のたるみを改善したい。

ポイント

しわやたるみは老けた印象を与えます。顔全体の衰えを改善するなら、『頬部+頸部フェイスリフト術』が効果的です。鼻から口にかけてのしわやたるみ、たるんだ首、あごのラインのたるみなどを改善できます。
手術は、髪の生え際や耳の周りなどの傷が目立たないところを切開し、緩んだ皮膚や筋肉組織を一緒に引っ張り上げて固定します。
当院ではSMAS法に準じたフェイスリフトを基本に、一部リガメント(靭帯)を外して、引き上げ効果が保たれるよう工夫した術式を行っています。

手術の詳細

毛髪内または生え際、または、耳の輪郭に沿って皮膚を切開します。
皮下筋膜(SMAS)上を広く剥離した後、筋膜(SMAS)の下を追加して剥離し、筋膜と皮膚を引き上げて固定します。
十分に効果を保つために、リガメント(靭帯)を一部はずして引き上げた位置で再固定します。余った皮膚は切除して丁寧に縫合します。

 

画像シミュレーションで確認することでイメージ通りの仕上りへ導く

患者様のご要望がご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。

また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことが良い結果への近道と考えます。

麻酔方法

全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ
1~2週間程で目立つ腫れはひいていきます。
 
 
■内出血
細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、紫色になりますが、2~4週間で消失します。
 
 
■ドレーン(管)
皮膚の中に血が溜まるのを防ぐ為に血を抜く管を挿入します。
翌日~3日間留置することがあります。管を抜く際に傷口から出血することがあります。
 
 
■フェイスバンテージ(圧迫固定をするバンド)
1週間 その後は就寝時のみ1ヶ月間装着して下さい。
 
 
■抜糸
耳、首、こめかみなど表面の傷口は1週間後、頭の中の傷口は2週間後に行います。
 
 
■メイク
傷口以外はドレーン抜去の翌日から可能です。傷口部分は抜糸の翌日から可能です。
 
 
■完成
4~6ヶ月
 
 
■通院
1日目・(2日目)・1週目・2週目
 
 

 

治療後の経過

■むくみ

術後3ヶ月はムクミがありますのでリフトアップによる小顔効果が実感できないことがあります。

 
 ■つっぱり感

術後3ヶ月はつっぱり感のある顔になりますが、徐々になじんできます。

 
 
■口が開けにくい

術後1~3ヶ月は違和感があり、口が開けにくくなることがありますが、徐々に改善されます。
 

■傷

傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。
3~6ヶ月は傷が硬くなりますが、徐々に改善されます。

 

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

※4ヶ月以内に再手術を行うと、傷が汚くなる、脱毛範囲が広がるなどの可能性があるためおすすめしません。

トラブル一覧

A) 感染(化膿(かのう)すること)

A-1トラブルの内容
手術後に、痛み・熱感・腫れが増える、又は症状が長引く場合は感染が疑われます。
 
A-2 対応

感染が起きた場合、内服薬服用や抗生剤の投与を2 週間続けて経過をみます。
また、感染がひどいケースでは、傷口の一部を再度切開し膿を出す必要があります。

B) 中縫いの糸の露出

B-1トラブルの内容
中縫いの糸(皮膚の下の肉を縫い合わせる糸)が露出することがあります。
放置していると化膿する危険がありますのでお早めにご来院ください。
 
B-2 対応
糸を取り除く処置をさせて頂きます。

C) 血が溜まる

C-1トラブルの内容
術後、傷の中で出血して血が溜まると額や目の周辺が紫色に腫れます。血が溜まったままにすると化膿やしこりになったりすることがあります。
放置しておくと、皮膚が引っ張られ過ぎて血行が悪くなり、皮膚が壊死する可能性がありますので、緊急に処置が必要です。
 
C-2 対応
傷口の一部を再度切開し、溜まった血を抜く処置を行わせて頂きます。

D) 皮膚の壊死

D-1トラブルの内容
皮膚を引っ張って傷を縫い合わせるため、傷口への負担が強いため皮膚の血行が悪くなります。そのため、傷口付近の皮膚が壊死し、黒いかさぶたになることがあります。
 
喫煙、術後の強い腫れ、大量の血が溜まるといったことが起きた場合、引き上げた皮膚の血行が悪くなって、壊死するリスクが高くなります。
 
D-2 対応
皮膚が壊死した場合は状態により必要な処置をいたします。
ほとんどの場合、壊死する範囲は小さいので周りの皮膚が伸びてきて傷がふさがるのを待つことになります。
その間は、傷の治りを早める軟膏をお渡ししますので1 日2 回塗って経過を見て下さい。
壊死してしまった部分の傷がふさがると赤黒い傷跡になりますが、約半年くらいで徐々に白くなっていきます。

E) しわが残る

E-1トラブルの内容
耳の周りの切開線に向かって皮膚を引っ張るため、切開部より離れた部分ほどシワが残る可能性があります。
特に鼻唇溝、マリオネットラインのシワは切開部より離れている為、改善はあまり期待できません。
 
E-2 対応

残ってしまったシワには、ヒアルロンやボトックス注射が効果的です。
筋肉の動きによって出来る額のシワを目立たなくするには、ボトックス注射が効果的です。
また、ご自身の脂肪を注入する脂肪注入術をおすすめいたします。

F) たるみが残る

F-1トラブルの内容

口を開けたり閉じたりできるよう頬にある程度のゆるみが必要なため、そのゆるみの分だけタルミは残ります。
また、術中の腫れが強い場合や、筋膜や皮膚にハリがない場合は強く引き上げることができないことがあり、
その場合もタルミは残ります。
 
F-2 対応

術後に残ったタルミの改善を希望される場合、再度リフト手術をさせて頂きます。
但し、引き上げれば引き上げるほど傷口に負担が加わり、H)・I)・L)の症状が出やすい為、行き過ぎでない
程度のリフトをおすすめいたします。

G) 引き上がりの左右差

G-1トラブルの内容
元々の骨格やタルミの左右差、術中の腫れの左右差のため、左右同じようにリフトをしても左右差が生じる場合があります。
 
G-2 対応

ご希望であれば、タルミの多い方を再手術させて頂きます。但し、再手術を行っても完全に左右対称にならないことがあります。また、再手術で引っ張ると傷口の負担が強くなって傷がケロイドのように赤く盛り上がる、皮膚が壊死する、耳が変形するといったトラブルが起こりやすくなることをご理解下さい。

H) 引き上がりが強すぎる

H-1トラブルの内容
術後に後戻りが起こりやすいので、手術完了時はできるだけ強く皮膚を引き上げておきます。
そのため、3ヶ月ほどは突っ張り感が強く目がつり上がっていると感じることがありますが、徐々にゆるみが出て馴染んできますので6ヵ月ほど経過を見て下さい。
 
H-2 対応

6ヶ月経過しても上がりすぎていると感じる場合、引き上げた頬の皮膚をゆるめて下げる手術を行います。切り取った皮膚の隙間を埋めるために、皮膚移植が必要となる場合もあります。

I) 傷が赤く盛り上がる(ケロイド状)

I-1トラブルの内容
切開部の傷が赤く盛り上がることがあります。傷の治りが悪い時や傷の周りの皮膚の緊張が強い時、ケロイド体質の場合に盛り上がりがおこりやすくなります。
 
I-2 対応
盛り上がった部分にステロイドの注射をすることにより傷を平らにする効果が期待できます。
 
※ 十分な効果が得られるまで、1 ヶ月間隔で繰り返さなければならない場合もあります。
   また、ステロイドの副作用として、皮膚や傷が凹む、細かい血管が浮き出るといった場合もあります。

J) 傷口にギャザーがよる

J-1トラブルの内容
こめかみの髪の生え際や耳の後ろで皮膚を縫合しますが、皮膚のタルミが多いと余った皮膚がギャザーのようによじれることがあります。通常は術後半年程でなじんで目立たなくなりますが、ギャザーが残ってしまうこともあります。
 
J-2 対応

半年経過してもギャザーが残った場合、切開線を延長してギャザーの原因である余った皮膚を切除させて頂きます。

K) 脱毛する(はげる)

K-1トラブルの内容
髪の毛の生え際を切開した場合、縫い合わせた傷口の負担が強く結構が悪くなるため一時的に脱毛することが
あります。
 
K-2 対応
傷の周囲の脱毛は約半年程でほとんど回復します。頭の中の髪の毛が生えている部分を切開した傷痕は、最終的に2~5ミリの脱毛が残ります。
 
◆ 脱毛してしまった部分の周囲に皮膚の余裕があれば、再度切開し縫い縮めることにより、脱毛部分の幅を小さくすることが可能です。

L) 顔面神経麻痺(眉毛の動き、口の動きの麻痺)

L-1トラブルの内容
手術の際に顔面神経が引っ張られてしまうことによって術後しばらくの間、眉の動きや
口の動き、笑った時の頬の動きに麻痺が出る場合があります。片側で麻痺が起こりますと表情に左右差が起こります。
 
L-2 対応

通常1ヶ月から半年で自然回復します。ごく稀に完全には麻痺が回復しないこともあります。
麻痺が回復するまでの間、左右のバランスを整えるため、麻痺が出ている箇所とは反対側にボトックスを
注射させて頂きます。

M) 頬のしびれ・知覚鈍麻

M-1トラブルの内容
手術操作の際に、こめかみから頬骨付近の細かい知覚神経を引っ張りますので、頬表面の知覚が鈍くなります。
 
M-2 対応

頬のしびれ・知覚鈍麻ほとんどの場合3~6ヶ月ほどで自然に回復します。
ごく稀に完全には元に戻らないこともあります。

N) 耳たぶが延びる・耳の変形

N-1トラブルの内容
術後にリフトの後戻りが起こる為、時間の経過と共に耳が下方や前方に引っ張られてくることがあります。
耳の変形を避けるため、耳の周囲の皮膚を切り取る際には皮膚が余るようにしますので、手術直後は耳たぶ
がよじれたような形になりますが、約2~3ヶ月で改善されます。
 
N-2 対応

予想以上に後戻りが起きたときには、耳たぶが伸びてしまうことがあります。その場合は以下の対応をさせていただきます。
 頬にたるみが残っている場合:再度リフトをしてたるみを耳に向かって引き寄せ、皮膚縫合に緊張が加わらないように処置することで多少改善できます。
 頬にたるみが残っていない場合:伸びてしまった耳たぶの付け根の皮膚を切開し、少し上に持ち上げ
た部分に耳たぶを付け直すことで改善できます。
この場合、耳たぶの下の部分に傷が残りますことをご理解下さい。

O) 傷の段差・凹み

O-1トラブルの内容
出来る限り丁寧に縫合しておりますが、肌の質により傷跡の段差や凹みが生じる場合があります。
 
O-2 対応

傷跡の段差や凹みが起こる場合は、CO2レーザーを照射することで削って滑らかにする・ぼかす等の対応を致します。レーザー処置後は、治療部位に赤みが3ヶ月程残ります。
レーザーで修正できない程の大きな段差や凹みは、傷を切り取って縫い合わせる処置を行わせて頂きます。

P) 皮膚の表面の凹凸

P-1トラブルの内容
皮膚を縫合した傷口に強い負担がかからないようにするため、皮下の筋膜やリガメント・真皮に糸をかけ
て吊り上げておきます。そのため、皮膚の表面に凹みができますが、3~4ヶ月で馴染んできて平らになりますが、皮膚のゆるみが強いと凹みが残ってしまうことがあります。
 
P-2 対応
通常、約4ヶ月ほどで目立たなくなりますが、それまでの間に凹みの修正を希望される場合には、ヒアルロン酸を注射して凹みを浅くする処置をさせて頂きます。
半年経過しても凹みが残っている場合には、再度フェイスリフトの傷跡を部分的に切開して凹みの周りを剥離
して引き伸ばす処置をさせて頂きます。

料金

頬部+頸部フェイスリフト術 ¥1,200,000+税
※スプリングリフト併用の場合+¥200,000+税