アゴプロテーゼ挿入 固定術

  1. ビスポーククリニック
  2. アゴプロテーゼ挿入 固定術

下顎プロテーゼ挿入術+固定術に向いているタイプ

●引っ込んだアゴを前に出したい
●アゴが小さい
●シャープなアゴになりたい
●アゴが割れている

下顎プロテーゼ挿入術+固定術のポイント

鼻の頭~唇~アゴを結ぶラインを「Eライン」といい、このラインが一直線に位置するのが美人顔として理想的なバランスと言われています。
特に横顔のバランスが美しくなり、どこから見ても整っている顔立ちの印象になります。

その理想的なあごのラインを作るのに適しているのが『シリコンプロテーゼ』です。
シリコンプロテーゼは、人間の軟骨に性質が似ている医療材料です。変形や変質がほとんどないため半永久的な効果が期待できます。また、術後の腫れや痛みも少ないので、手術当日から日常生活が可能です。

手術の詳細

アゴプロテーゼ挿入術とは、下唇の裏側2~3cm程を切開して、アゴの骨の形に合わせて整えたプロテーゼを挿入し、フェイスラインを整える手術です。当院では、固定具でプロテーゼと骨を固定する事もあります。フェイスラインに合わせて最も理想的なあごの形にカットしたプロテーゼを骨の上に挿入。口の中の粘膜は傷の治りが早いので、術後の経過もよく、傷跡も気になりません。

画像シミュレーションで確認することでイメージ通りの仕上りへ導く

患者様のご要望がご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。

また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことが良い結果への近道と考えます。

麻酔方法

静脈麻酔+ラリンゲルマスク 全身麻酔・局所麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ
約1~2 週間(3 日目くらいが腫れのピーク)
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■抜糸
2 週間目に口の中につく糸を抜糸します。
 
 
■ドレーン
血が溜(た)まることを予防するために、血を抜く管を挿入する場合があります。
手術の1 日から3 日までに抜去します。
 
 
■洗顔・シャワー浴
首から下は手術翌日から可能、顔・頭部はドレーン抜去の翌日から濡らしてかまいません。
 
 
■メイク
ドレーン抜去の翌日から可能です。
 
 
■歯磨き
手術翌日から可能。傷に直接当たらないように注意して下さい。
 
 
■食事
手術当日から可能。約1~2 週間は熱いもの、辛いもの、堅いものは控えて下さい。
噛(か)むことが困難な場合は3~4 日間固形物は控えて下さい。
2 週間はお渡しするイソジンで食後にうがいをして下さい。
 
 
■通院
翌日・2日目(3日間)・術後1週間目・術後2週間目
 
 
■完成
約3 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

1. むくみ
 
3ヶ月~6ヶ月
 
 
2. 傷の経過
 
傷は口腔内のため、外観からはわかりません。術後3ヶ月は傷が硬くなりますが徐々に硬さは改善されます。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

トラブル一覧

A) 感染(化膿(かのう)すること)

A-1トラブルの内容
手術後、熱感・痛み・腫れが増す、あるいは長引く場合は感染が疑われます。
 
A-2 対応
感染が起きた場合は、内服薬服用や抗生剤の投与を2 週間続けて経過をみます。
それでもおさまらない場合はプロテーゼを抜去します。再挿入は抜去から3 ヶ月以降に行います。
大変稀なことではありますが、プロテーゼを固定するための金属(プレートやスクリュー)が感染の原因となる場合があります。その際は、金属の抜去が必要になります。

B) 異物反応(アレルギー反応)

B-1トラブルの内容
稀(まれ)にプロテーゼに対して異物反応(アレルギー反応)を起こす場合があります。
 
B-2 対応
プロテーゼに対して異物反応(アレルギー反応)を起こす場合はプロテーゼを抜去します。

C) 血が溜(た)まる

C-1トラブルの内容
術後に傷の中で出血して血が溜まるとアゴや首が紫色に腫れ上がります。血が溜まったままにすると化膿したりしこりを作ったりするので早目の処置が必要です。
 
C-2 対応
再度、傷を開け溜(た)まった血を排出する処置をします。

D) アゴから下口唇、下アゴの歯茎にかけて知覚が鈍くなる、しびれる

D-1トラブルの内容
アゴから下口唇(したくちびる)下アゴの歯茎(はぐき)にかけて知覚が鈍くなったり、プロテーゼを入れるポケットを作る際に知覚神経の近くを剥離して神経をひっぱるため、しびれたりします。
 
D-2 対応
個人差はありますが、ほとんどの場合1年以内に自然回復します。まれに、感覚が完全に元通りには戻らないこともあります。

E) プロテーゼのずれ

E-1トラブルの内容
アゴの筋肉は強いため、その筋肉の動きにプロテーゼが押されて、手術で作ったポケットの中でプロテーゼが安定する前にずれてしまうことがあります。また、長い経過のうちにずれてくる可能性もあります。
 
E-2 対応
術後半年以内にプロテーゼの明らかなずれが認められた場合は、プロテーゼ抜去あるいはプロテーゼの位置の調整を行い修正します。
 
※再手術でプロテーゼの伝達を調整する場合、プロテーゼがずれるのを防ぐために、ドリルで下アゴの骨に穴を開けてプロテーゼを縫い付けたり、スクリューで固定したりする必要があることを御了承下さい。

F) アゴが正中からずれている

F-1トラブルの内容
元々アゴが顔の軸からずれている人も少なくありません。その場合は、プロテーゼが顎の骨の正中からずれて固定されてしまうことがあります。
プロテーゼが正しい位置に入っていても偏りが強調されて見えることがあります。
 
F-2 対応
アゴが正中からずれていると感じることがあります。
原因がプロテーゼのずれの場合は、上記のE)に準じて修正させて頂きます。
 
しかし、元々アゴが顔の軸からずれている人も少なくありません。プロテーゼが正しい位置に入っていても偏りが強調されて見えることがあります。
 
骨が原因の場合は、修正することは困難です。
プロテーゼの位置をずらすことで調整できる場合は、できる範囲で修正手術をさせて頂きます。

G) プロテーゼが大きすぎる、又は、小さすぎると感じる

G-1トラブルの内容
顎が大きすぎる、又は、小さすぎるといった期待していたイメージと違う結果になることがあります。
 
G-2 対応
① 大きすぎると感じる場合、プロテーゼ抜去、又は小さいプロテーゼへの入れ替えで修正させて頂きます。
 
② プロテーゼが小さすぎると感じる場合、大きいプロテーゼへの入れ替え、ヒアルロン酸注入、脂肪注入で修正させて頂きます

H) アゴの梅干しじわが改善しない

H-1トラブルの内容
アゴにプロテーゼを入れることによって、アゴの筋肉による梅干しジワが改善されることもありますが、多くの場合改善されません。
 
H-2 対応
ボトックスを注入することをおすすめします。

I) 骨の変形

I-1トラブルの内容
長年に渡るプロテーゼの圧迫によりアゴの骨が吸収されて骨の表面に凹(へこ)みができることがあります。
 
I-2 対応
長年に渡るプロテーゼの圧迫によりアゴの骨が吸収されて骨の表面に凹(へこ)みができることがありますが、通常は問題になりません。

J) アゴの異物感

J-1トラブルの内容
手術後、アゴに異物感を感じることがあります。
 
J-2 対応
時間の経過とともに異物感は無くなりますが、どうしても気になる場合は、抜去させていただきます。

K) 口唇の火傷(やけど)、すり傷、色素沈着

K-1トラブルの内容
手術中、口を大きく開ける器具を使用する為、口唇の火傷、すり傷、色素沈着が起こることがあります。
 
K-2 対応
ほとんどの場合、自然に回復します。
色素を薄くするハイドロキノンクリームや肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚を再生させるトレチノイン+ハイドロキノンクリームを必要に応じて処方します。

L) プロテーゼ・固定金属のレントゲン・CT・MRIに対する影響

L-1トラブルの内容
アゴに入れたプロテーゼやプロテーゼを固定するためのスクリューは画像に写ります。しかし、CT やMRI の検診を受けて頂くことに支障はございません。
 
L-2 対応
レントゲン・CT・MRIいずれの検査も問題なく受けていただけますが、プロテーゼはCT・MRIに、固定金属はレントゲン・CT・MRI全てに写ります。
固定の強度を増すために使用したスクリューは、どうしても気になる場合、抜去が可能です。

料金

下顎プロテーゼ挿入術+固定術 ¥400,000+税
オーダープロテーゼの場合+¥150,000+税