エラ削り

エラ削りに向いているタイプ

●張っているエラが気になる
●正面から見たときの顔を小さくしたい方
●角張ったフェイスラインをスッキリさせたい

エラ削りのポイント

『エラ削り』は、エラの骨を削る手術です。目や鼻、口など顔全体のバランスを考慮して、どの角度から見てもバランスのいいスッキリとした輪郭になるように整えます。
手術は、奥歯の歯茎の下を切開して、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。口の中からアプローチする手術なので、傷跡も気になりません。

手術の詳細

『エラ削り』は、エラの骨を削る手術です。目や鼻、口など顔全体のバランスを考慮して、どの角度から見てもバランスのいいスッキリとした輪郭になるように整えます。


手術は、奥歯の歯茎の下を切開して、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。口の中からアプローチする手術なので、傷跡も気になりません。

画像シミュレーションで確認することでイメージ通りの仕上りへ導く

患者様のご要望がご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。

また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことが良い結果への近道と考えます。

麻酔方法

全身麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ
約2 週間(3 日目くらいが腫れのピーク)
術後数日間は、口唇『くちびる』の腫『は』れが目立ちます。
内出血や感染症になった場合、腫『は』れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~3週間で消失します。
 
 
■抜糸
口の中の糸を2 週間目に抜糸します。アゴ下や耳の後ろの皮膚を切開した場合は1週間目に抜糸します。
 
 
■ドレーン
血が溜(た)まることを予防するために、血を抜く管を挿入することがあります。
通常、手術の翌日から3 日目までに抜去します。
 
 
■洗顔・シャワー浴
首から下は手術翌日から、顔・頭部から上はドレーン抜去の翌日から濡らしてかまいません。
 
 
■メイク
ドレーン抜去の翌日から可能です。
 
 
■歯磨き
手術翌日から可能。傷に直接当たらないよう注意してください。
 
 
■食事
手術当日から可能。約1~2 週間は熱いもの、辛いもの、堅いものは控えて下さい。噛(か)むことが困難な場合は、3~4 日間 固形物は控えて下さい。2 週間はお渡しするイソジンで食後にうがいをして下さい。
 
 
■通院
翌日・2日目(3日間)・術後1週間目・術後2週間目
 
 
■完成
約6 ヶ月
 
 

ダウンタイム後の経過

1. むくみ
 
3ヶ月~6ヶ月
 
 
2. 傷の経過
 
傷の赤みは数カ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。術後3ヶ月は傷が硬くなりますが徐々に硬さは改善されます。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。
エラ削り ¥840,000+税~

トラブル一覧

A) 感染(化膿(かのう)すること)

A-1トラブルの内容
手術後、熱感・痛み・腫れが増す、あるいは長引く場合は感染が疑われます。
 
A-2 対応
手術後、熱感・痛み・腫れが増す、あるいは長引く場合は感染が疑われます。感染が起きた場合は、内服薬服用や抗生剤の投与、洗浄をします。
また、感染がひどいケースではアゴの下の皮膚を切開して膿を出す必要があります。
 
また、感染がひどいケースでは口腔内やエラの皮膚を切開して膿を出す必要があります。

B) 血が溜(た)まる

B-1トラブルの内容
術後に傷の中で出血して血が溜まると顎から頸にかけて紫色に腫れ上がります。血が溜まったままにすると化膿したりしこりを作ったりするので早目の処置が必要です。
 
B-2 対応
術後に傷の中で出血しますと血が溜まって顎~頸にかけて紫色に腫れ上がります。溜(た)まった血流は感染やしこりの原因となりますので、早目にご来院ください。口腔内を切開し、溜(た)まった血を排出する処置をします。

C) 術中の出血

C-1トラブルの内容
術中にアゴの太い血管が傷ついて大量の出血が起こる可能性があります。出血が多く貧血がひどい時には、大変まれなケースですが輸血が必要になることがあります。
 
C-2 対応
術中にアゴの太い血管が傷ついて大量の出血が起こる可能性があります。出血が多く貧血がひどい時には、大変まれなケースですが輸血が必要になることがあります。
 
出血が止まらない時は、やむなくアゴの下の皮膚を切開して止血しなければなりません。そのため、アゴの下にキズアトが残ることを御了承下さい。

D) たるみ・皮膚の余り

D-1トラブルの内容
細くなった骨格に合わせて皮膚や筋肉は縮まっていきます。皮膚が垂れるようなことはまれですが、出っ張ったエラがなくなる事でタルミのような輪郭に見えることがあります。
 
D-2 対応
皮膚がたれるようなことはまれですが、出っ張ったエラがなくなることで、輪郭(りんかく)がたるんで見えることがあります。
その場合、輪郭をすっきりした印象にするには下記のようなリフトの手術が効果的です。
頬部フェイスリフト、頬部・頸部フェイスリフト、シルエットリフト、スプリングリフトをご案内させて頂きます。

E) 口唇・アゴの知覚の麻痺、しびれ

E-1トラブルの内容
手術操作の際に知覚神経の近くを触る必要があります。それによって口唇・アゴの知覚の麻痺やしびれがおこることがあります

E-2 対応
手術操作の際に知覚神経の近くを触る必要があります。それによって口唇・アゴの知覚の麻痺(まひ)やしびれがおこることがあります。個人差はありますが、ほとんどの場合、3~12 ヶ月かけて回復します。
しかし、まれに感覚が完全に元通りには戻らないこともあります。

F) 口のゆがみ

F-1トラブルの内容
手術操作の際に下アゴに沿って走る顔面神経の近くを触る必要があります。それによって表情筋の動きが鈍くなり口のゆがみが出現することがあります。
 
F-2 対応
手術操作の際に下アゴに沿って走る顔面神経の近くを触る必要があります。それによって表情筋の動きが鈍くなり口のゆがみが出現することがあります。
 
個人差はありますが、ほとんどの場合1~6 ヶ月かけて回復します。まれに完全に元通りには戻らないこともあります。回復するまでの間ゆがみが目立つ場合はボトックス注射で調整することも可能です。

G) エラが小さくなりすぎた・凹んでいると感じる

G-1トラブルの内容
口の中を切開して行う為、骨を削る操作を直接見ながらすることは出来ません。どうしても手探りの操作になります。その為予定より沢山、骨が削れてしまうことがあります。
 
また骨を削ったことによってエラの筋肉が萎縮して凹みになることがあります。計画通りに骨が削り取ることができても出来あがったエラが小さいと感じる場合もあります。
 
G-2 対応
エラが思ったより小さくなりすぎてしまったと感じる場合、わずかな膨らみをご希望であればヒアルロン酸注入がおすすめです。
 
永久での注入でご希望の場合は脂肪注入がおすすめですが正確さにかけています。その場合はエラプロテーゼ挿入もしくは人工骨による修正が効果的となります。

H) エラの縮小効果が足りない・出っ張りが残っていると感じる

H-1トラブルの内容
口の中からエラの骨を削るのは手探りの操作になります。その為予定通り正確に骨を削ることは出来ません。骨を削ることが不十分になることがあります。また予定通り骨を切り取っても、骨の上にかぶさる筋肉・脂肪・皮膚が原因で輪郭が十分に小さくならないことがあります。
 
H-2 対応
思ったよりエラが小さくなっていないと感じる場合があります。術後半年はむくみのためすっきりした輪郭になりません。半年経過をみてもエラをもっと小さくして欲しいとご希望される場合はレントゲンを撮り再手術を検討しますが、エラを削れる範囲には限界があります。
 
安全に削り取れる骨が残っていることが確認できた時はエラの骨削りを再度させて頂きます。大きく削るほど凹みができて不自然なフェイスラインになりやすい、また知覚麻痺が起こりやすいことを御了承下さい。骨より筋肉(エラの咬筋)が原因の時はボトックス注射による治療をおすすめします。

I) 左右差

I-1トラブルの内容
口の中からエラの骨を削るのは手探りの操作になり、正確に骨を削るのは容易ではありません。その為、削り取った骨の大きさに左右差が起きる事があります。また元々下顎の骨に左右差があることがございます。
その場合は術後も左右差が残りやすくなります。
 
I-2 対応
明らかな左右差が出た場合、エラが大きく残っているほうの骨を削り修正します。
また骨より筋肉(エラの咬筋)が原因の時はボトックス注射による治療をおすすめします。
再手術を行っても完全に左右対称にならないことがあることを御了承下さい。

J) 口を大きく開けられない

J-1トラブルの内容
術後は痛むため口を大きく開くことができません。2~3 週間開口を開けないでいると顎の関節が硬くなって痛みがとれた後も大きく開く事が難しくなります。特に骨削りに合わせて咬筋(エラの筋肉)を切り取る手術を行った場合は開口期限が長くなります。
 
J-2 対応
術後は痛みのため口を大きく開くことが出来ません。数週間口を開かないでおりますと、顎の関節が硬くなって痛みがとれた後も口を開けられなくなります。開口訓練を行わないと開口障害になる可能性がありますので、指導に従って自宅でも開口訓練を行ってくだい。

K) 口唇の火傷、すり傷、色素沈着

K-1トラブルの内容
手術中、口を大きく開ける器具を使用する為、口唇の火傷、すり傷、色素沈着が起こる事があります。
 
K-2 対応
手術のために口を大きく開ける器具を使用しますので、口唇に火傷・すり傷・色素沈着が起こる可能性があります。
ほとんどの場合、自然に回復します。
色素を薄くするハイドロキノンクリームや肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚を再生させるトレチノイン+ハイドロキノンクリームを必要に応じて処方致します。

料金

エラ削り ¥840,000+税~