額ヒアルロン酸注入シミュレーション

  1. ビスポーククリニック
  2. 額ヒアルロン酸注入シミュレーション

額ヒアルロン酸注入シミュレーションに向いているタイプ

●額プロテーゼや形成術(骨セメント)の手術をする前にシミュレーションを行う場合

額ヒアルロン酸注入シミュレーションのポイント

早期に吸収されるヒアルロン酸を用いるため、実際の手術前のシミュレーションとして有効な方法です。

手術の時は完全にヒアルロン酸は溶けているため、手術に影響は与えません。

額ヒアルロン酸注入シミュレーションの詳細

額輪郭形成手術の前に、シミュレーションとして必ず行います。額の部分に短期間で吸収されるヒアルロン酸を注入し、膨らみやボリュームを出し、どの程度まで額を出すか、またどの様な形にするのか等のデザインを決定します。

 

シミュレーションとして、額輪郭形成手術の前に必ず行います。額の部分に短期間で吸収されるヒアルロン酸を注入し、膨らみやボリュームをどの程度まで出すか、どの様な形にするのか等のデザインを決定します。


■女性らしく可愛らしいおでこを作るデザイン
額の上の方を前方に出すことで、丸くぽっこりした可愛らしい額にするデザインです。

 

■ハーフや外国人のような立体的なおでこを作るデザイン
眉間や眉骨の辺りを前方に出すことで、立体的でホリの深い顔立ちのハーフや外国人のような額にするデザインです。

画像シミュレーションで確認することでイメージ通りの仕上りへ導く

患者様のご要望がご自身の顔に合っているかどうかを、より正確に確認するため3Dシミュレーションで体感していただけます。

また、丁寧かつ綿密にカウンセリングを行い、患者様がどんなことを求めているかをしっかりヒヤリングします。「なりたいイメージ」をしっかりキャッチし、医師と患者様のギャップをなくすことが良い結果への近道と考えます。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

局所麻酔・麻酔クリーム

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ・赤み
約3 日間 (注入直後は注射した箇所に赤み、額全体に腫れが出ますが、時間とともに改善します。)
*内出血や感染症が起きた場合は、赤みや腫れが長引くこともあります。
 
 
■内出血
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■メイク
注入直後は、パウダータイプのファンデーションの使用は可能です。
リキッドタイプは感染の原因となるので当日はお控え下さい。
 
 

 

施術後の経過

1、額のふくらみ 
 
約1 週間程で吸収されますが、大量に注入した場合は約1 ヶ月前後残ることもあります。
 
 
2、額の輪郭形成の手術 
 
ヒアルロン酸(短期持続タイプ)の注入後、1 週間以上あけてから、施術を行うことをおすすめします。しかし、翌日でも手術は可能です。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

喫煙について

喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

額ヒアルロン酸シミュレーション ¥22,000

※価格は全て税込です。

※保険適用外の自由診療です。

額ヒアルロン酸注入シミュレーションのよくある質問

体にとって何か影響があったりしませんか?
ヒアルロン酸は元々人間の体の中にもある成分のため、アレルギーなど体に悪影響を及ぼす可能性は低いとされています。鼻以外にもバストアップやしわの改善など、様々な部位に使用されています。当院では、厚生労働省承認のヒアルロン酸を使用していますのでご安心ください。
注入時に痛みはありませんか?
注入する前にクリームによる麻酔をします。また、注入する注射針は極細のものを使用しますし、無理のないように少しずつ注入します。痛みの感じ方には個人差がありますが、チクチクする程度の軽いものとおっしゃる方が殆どです。
術後に腫れはありませんか?
個人差はありますが、腫れが目立つことはほとんどありません。注入直後は注射の箇所に目立つ赤み・腫れが数ヶ所出ますが、時間とともに改善します。稀に内出血をすることがありますが、メイクでカバーできる程度のものです。
注入したヒアルロン酸はどのくらい持ちますか?
シミュレーションで用いるヒアルロン酸は、通常のヒアルロン酸よりも柔らかく1 週間から10 日ほどで全て消退します。ですので、手術前に行うことが可能です。
シミュレーションは必ず必要ですか?
額輪郭形成手術をされる前には、3D シミュレーションで仕上がりのイメージを体感していただけます。短期間で吸収されるヒアルロン酸を注入し、膨らみやボリュームをどの程度まで出すか、どの様な形にするのか等のデザインを決定します。