ヒアルロン酸 注入法(鼻)

  1. ビスポーククリニック
  2. ヒアルロン酸 注入法(鼻)

ヒアルロン酸 注入法(鼻)に向いているタイプ

●メスを入れず手軽に鼻筋を通したい
●立体的な顔の印象になりたい
●ダウンタイムを取るのが難しい
●プロテーゼを入れる前にプチ整形を体験しておきたい

ヒアルロン酸 注入法(鼻)のポイント

メスを使わず手軽にスッと通った鼻筋にしたい方にピッタリなのがヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸は元々体内に存在している成分なので、アレルギーの心配はほとんどありません。

ヒアルロン酸を注入する量は、どの箇所ににどれくらいの量を注入するのかが重要なポイントです。患者様のご要望をお聞きした上で、顔のバランスに合ったデザインを提案いたします。

使用するヒアルロン酸は、鼻の整形に適した硬さのものを使用しています。
通常のヒアルロン酸注射に用いるヒアルロン酸は、粒子の小さく柔らかいものを使用すると、ヒアルロン酸が横に広がって鼻が太くなる可能性があります。当院では、鼻の形成に適した高密度のヒアルロン酸を使用していますので、横に広がりにくく太い鼻になりにくいメリットがあります。
そのため、鼻の高さや形をデザインしやすいという特徴があります。

ヒアルロン酸 注入法(鼻)の詳細

極細の針を使用し、鼻根部分から鼻筋、鼻先までバランスを見ながら少量ずつヒアルロン酸を皮下組織と真皮下層の間に注入していきます。麻酔クリームを塗布していますので、痛みはほとんど感じません。
 
まず少量のヒアルロン酸を注入します。患者様に手鏡で確認していただき、追加注入するかどうかを確認しながら施術していきます。
注入後、見た目が自然になるよう形を整えます。
施術時間は約10分程度です。
 
ヒアルロン酸は元々体内にある保湿成分です。注入後は徐々に吸収されていきますので、定期的な注入をおすすめします。

Step1
メイクを落とすためにクレンジング・洗顔をしていただきます。
 
Step2
麻酔クリームを塗布します。30分程で麻酔の効果が現れます。
 
Step3
注入部位に極細の針でヒアルロン酸を注入します。

麻酔方法

麻酔クリーム・麻酔テープ

ダウンタイム・施術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ・赤み
2~3日程度
(注入直後は注射の箇所に目立つ赤み・腫れが数ヶ所出ますが、時間とともに改善します)
*内出血や感染症が起こった場合は腫れ・赤みが長引くこともあります。
 
 
■内出血
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~2週間で消失します。
 
 
■メイク

注入直後は、パウダータイプのファンデーションは使用できます。
リキッドタイプは、針穴から入り込み、感染の原因となるので当日はお控え下さい。

 

■洗顔
基本的に翌日から可能です。
 
■入浴・シャワー浴
シャワー浴・入浴は翌日から可能です。

 

■完成

約1週間

経過

■効果の持続期間

ヒアルロン酸の吸収速度には個人差がありますが、初回注入は吸収が早く、約3~4ヶ月で、効果の実感がなくなることがあります。
一度にたくさんの量を注入すると、ヒアルロン酸が塊となり持続性が高くなる傾向があります。

注意事項

光・レーザー機器の施術を受ける場合は、2週間は間隔を空けて下さい。

施術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
術前2 週間前~1 ヶ月は禁煙をお願い致します。喫煙により血液の循環を悪くすることで、傷の治りが悪くなります。
その為、傷口が赤く盛り上がって目立つ、また、頭の中の傷口の脱毛箇所が広くなってしまうことがあります。
また、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。

料金

※保険適用外の自由診療です。
ヒアルロン酸 1本
¥66,000
鼻柱+
¥33,000
ボリューマ・ボリフト・ボルベラ
¥110,000
ドールチーク(頬)
¥220,000
胸(MM) 1cc
¥5,280
アルツシミュレーション
¥22,000
ヒアルロン酸分解注射 1単位 ¥22,000

※価格は全て税込です。

ヒアルロン酸 注入法(鼻)のよくある質問

一本打つと何年ほど持ちますか?
ヒアルロン酸には様々な種類があります。持続する期間はヒアルロン酸の種類、使用する量、打つ部位によって違いがあります。個人差がありますが、ヒアルロン酸自体の持続期間はおよそ1 年前後です。
プロテーゼとヒアルロン酸はどういった違いがありますか?
プロテーゼとは体内へ入れる人工物の総称であり、ヒアルロン酸とはもともと体内にもある物質名を指します。プロテーゼは取り出さない限りは永久的に体内に残ります。ヒアルロン酸は、注入した後は時間とともに体内に吸収されることが一般的です。
術後、時間経過と共にどのような状態になっていきますか?
ヒアルロン酸を注入すると、針で刺すことによる腫れ、内出血、むくみができます。そのため、術直後は、完成時よりも若干ボリュームを感じると思います。 その後、早い方で2~3日、遅くとも1週間程度で腫れやむくみが引いていくため、術後1週間で完成に近い状態になります。さらにその後は、ヒアルロン酸の吸収のしやすさに比例しますが、数ヶ月後では、8割近くの状態を維持できているケースが多く、1 年後には、ほぼ元の状態に近くなっていることがほとんどです。
形が気に入らなかった場合、すべて取り除いてもらうことはできますか?
万が一、形が気に入らなかった場合は、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸溶解注射で全て溶かして取り除くことは可能です。鼻のヒアルロン酸だと注入量も1cc 以内ですので、ほとんど取り除くことが可能です。
体に悪影響はありませんか?
ヒアルロン酸は元々人間の体の中にもある成分のため、アレルギーなど体に悪影響を及ぼす可能性は低いとされています。鼻以外にもバストアップやしわの改善など、様々な部位に使用されています。当院では、厚生労働省承認のヒアルロン酸を使用していますのでご安心ください。
妊娠中でも施術は可能ですか?
元々人間の体の中にもある成分のヒアルロン酸が、胎児に影響するということは考えにくいです。しかし、体調がデリケートになっている妊娠中のお身体のことを考えますと、お勧めはしておりません。出産後に心身ともに落ち着き安定しましたら、改めてご検討いただければと思います。
注入後、ヒアルロン酸が広がったり流れたりすることはありませんか?
当院では、という高密度、高凝集性、高粘弾性のヒアルロン酸を使用しているため、形状を保ちやすい特徴があり、ヒアルロン酸が広がったり流れたりすることはほとんどありません。
プロテーゼの上からヒアルロン酸を入れる事はできますか?
ある程度の量を入れるのでしたら可能な場合が多いですが、皮膚の薄い方や皮膚に余裕のない大きなプロテーゼが入っている方の場合は難しいこともあります。その方の状態によって変わりますので、詳しくはカウンセリングにてご相談ください。
注入後、気を付けることはありますか?
ヒアルロン酸は、注入してからその部位の皮膚や組織にある程度馴染んでくるまでおよそ2~3 日かかります。そのため、ヒアルロン酸注入後2~3 日の間に、過度に注入部位をいじったり揉んだりすると、注入部位の皮膚や組織に炎症が起こり、腫れてくることが稀にあります。もし、いじりすぎたり揉みすぎたりして腫れてきた場合、感染などが起こっていなければ、数日程度安静にすることで腫れは引いていくことがほとんどです。
ダウンタイムはどのくらいですか?
個人差はありますが、2~3日程度です。注入直後は注射の箇所に目立つ赤み・腫れが数ヶ所出ますが、時間とともに改善します。 翌朝は少しむくんだ感じになり、午後にはおさまってきます。痛みについては、重い感じが数日残ります。その後も数日間は突っ張った感じはあります。日常生活をする上での注意点は特にありませんが、腫れやむくみを確実に抑えるため、施術当日は飲酒や過度に身体を温めることはお控えください。