エクスパレル

  1. ビスポーククリニック
  2. エクスパレル

この施術に向いているタイプ

●施術後、麻酔が切れたときの痛みが怖い
●ダウンタイム中の痛みが不安
●デリケートゾーン手術の術後の痛みが心配
●豊胸手術の術後の痛みが心配
●鼻整形の術後の痛みが心配
●目元の術後の痛みが心配
●若返り整形の術後の痛みが心配
●脂肪吸引後の痛みが心配

ポイント

「エクスパレル」とは、術後約72時間痛みを抑える麻酔です。
通常、手術に使用する局所麻酔は、手術中の痛みが抑えられ、術後3~4時間で切れてきます。痛みが出やすいとされる施術後3日間は、痛みを和らげる内服薬を服用するのが一般的です。
そこで、エクスパレル麻酔を使用することで、術後約3日間痛みを軽減させる持続効果が報告されています。
 
エクスパレル麻酔が痛みを長時間抑えられるポイント
痛みを長時間抑えることを可能にしたのは、「リポソーム」と呼ばれる構造です。
従来の長時間効果のあるとされる麻酔は、注入後すぐに周囲組織に拡散し、全体に広がります。
 
それに対しエクスパレルは、注入した位置に留まって拡散しない特徴があるため、時間をかけてゆっくりと体内に作用していくことにより、一般的な局所麻酔よりも長時間麻酔の効果を持続させることが報告されています。
 
使用できる施術
基本的にはどの部位、どの施術でも使用が可能です。
そのため、痛みに弱い方や心配な方、お仕事を休みにくい方などは、カウンセリング時にご相談ください。エクスパレルの適用が可能かどうか診断させていただきます。

施術の詳細

施術時は局所麻酔や全身麻酔などを使用しますが、エクスパレルは、術後の痛みを抑制する麻酔薬のため、術後に注入します。
局所麻酔を行った部位に注入するため、エクスパレル注入時に痛みを感じる心配はありません。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

注意事項

以下の方は使用できません。
・18歳以下の方
・妊娠中の方
・エピネフリンアレルギーの方
・肝臓疾患のある方

リスク・副作用

腫れ・赤み・内出血・吐き気・便秘・嘔吐・発熱・めまい・浮腫・貧血・低血圧・そう痒感・頻脈・頭痛・眠気・筋痙攣・背部痛等の可能性

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

エクスパレル 1cc ¥18,000+税