耳プロテーゼ挿入術

  1. ビスポーククリニック
  2. 耳プロテーゼ挿入術

この施術に向いているタイプ

●福耳にしたい
●薄すぎる耳たぶに厚みをだしたい

ポイント

耳プロテーゼ挿入術は、耳たぶの裏側に切れ目を入れて、シリコンプロテーゼを挿入し縫合する施術です。耳たぶに大きさや厚みをもたせ、ふっくらとした福耳に導きます。やわらかいシリコンプロテーゼを使用しますので、触り心地も違和感なく、半永久的に形状を維持しやすいという特徴もあります。
耳たぶの裏側から手術するので傷跡も目立ちません。

施術の詳細

カウンセリングで患者様のご要望をしっかりヒヤリングし、その仕上がりイメージに沿って、シリコンプロテーゼを耳たぶに合った形にデザインします。
 
耳の裏側から少し切開し、シリコンプロテーゼを挿入します。そして、極細の糸で囂々して終了です。
耳の裏側からアプローチするため、傷跡は目立ちません。

麻酔方法

局所麻酔  笑気麻酔  静脈麻酔 

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム
※個人差があります。
 
■腫れ
約1~2週間程です。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
■内出血
細い血管が傷つくと皮下出血により、耳や首に内出血の跡ができますが約 2 週間で消失します。 
  
■抜糸
1週間後
  

■ドレーン
血が溜たまることを予防するために血を抜く管を 挿入する場合があります。
手術の翌日から3日までに抜去します。
 
■通 院
翌日・2日目(3日間)・1週間目・2週間目
 
■メイク
ドレーン抜去の翌日から可能です。
 
■洗顔・シャワー浴
首から下は手術翌日から、顔・頭部はドレーン抜去の翌日から可能です。
 
■完 成
約4ヶ月
 
【ダウンタイム後の経過】
1. むくみ 約3ヶ月
2. 傷の経過 傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。術後3ヶ月は傷が硬くなりますが徐々に硬さは改善されます。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

手術後 4ヶ月間は腫れや炎症が残っているため、手術を行うと傷が汚くなる、癒着を強く起こして変形してしまう等、原則として手術に適していない時期です。調整を行う場合は 4ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承ください。文中の「術後」の表記においては、初回手術を基準とさせていただきます。 

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

耳プロテーゼ挿入術 ¥300,000+税