ヒアルロン酸分解注射注入

  1. ビスポーククリニック
  2. ヒアルロン酸分解注射注入

この施術に向いているタイプ

●仕上がりのイメージと違っていた
●注入した箇所に不自然な膨らみがある
●鼻筋に注入したところ膨らみ過ぎて見える
●涙袋に注入したヒアルロン酸が不自然に広がっている
●注入した箇所が腫れたり違和感を感じる

ポイント

ヒアルロニダーゼとは、ヒアルロン酸を分解させることのできる酵素です。ヒアルロン酸が注入されている部位に注射することにより、ヒアルロン酸が分解され消滅します。他院で受けたヒアルロン酸注入に仕上がりのイメージと違っていたり、不自然になった場合、元に戻すことが可能です。

ヒアルロニダーゼも元々体内に存在する成分なので、アレルギーを起こす心配はありません。

施術の詳細

注射でヒアルロニターゼを注入します。施術時間は15分程です。
注入しすぎたヒアルロン酸や不自然な状態を修正するために使用します。
 
※ヒアルロン酸以外の注入剤を溶かすことはできません。

麻酔方法

麻酔クリーム・麻酔テープ

ダウンタイム・施術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ・赤み
約2~3日間程度(注入後は注射の箇所に目立つ赤み、腫れが数ヶ所出ますが時間とともに改善します)
※内出血や感染症になった場合は腫れ、赤みが長引くこともあります。
 
 
■内出血
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~2週間で消失します。
 
 
■メイク
直後は、パウダータイプのファンデーションは使用できます。
リキッドタイプは、針穴から入り込み、感染の原因となるので当日はお控え下さい。
 
 
■完成
約1週間(個人差がありますが、ヒアルロン酸は注入後数日かけて分解、吸収されます)

 

手術後に起こりうるトラブル・対応

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) アレルギーをおこす

A-1トラブルの内容
ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在する物質ですが、稀(まれ)にアレルギーを起こすことがあります。
異常な腫れ・赤み・熱感などの症状が注入後から、又は数日後から約2 週間の間に出ることがあります。
頻度は2,000~3,000 人に1人といわれています。
 
A-2 対応
アレルギーが生じた場合、抗アレルギー剤の内服や点滴(ステロイド)をお受けいただくために通院が必要になります。
また、注入したヒアルロン酸はヒアルロン酸分解注射で溶解する処置をいたします。

B) ヒアルロン酸が残る

B-1トラブルの内容
過去に注入したヒアルロン酸の量が多い場合は、ヒアルロン酸分解注射1回の注入では分解吸収されず残ってしまうことがあります。
 
B-2 対応
ヒアルロン酸分解注射の注入量不足が原因です。
ご希望の方は、ヒアルロン酸分解注射を追加注入致します。

C)溶けすぎる(部分的な溶解を希望される場合)

C-1トラブルの内容
注入されているヒアルロン酸を部分的に減らして欲しいとご希望の場合、分解酵素を少量注入させて頂きます。
但し、ヒアルロン酸が溶ける量を正確にコントロールする事は難しいので、ご希望よりもヒアルロン酸が減り過ぎて、凹んでしまう場合があります。
 
C-2 対応
ご希望よりもヒアルロン酸が減り過ぎて、凹んでしまった場合は、ヒアルロン酸の再注入を提案させて頂きます。

D) しびれが生じる

D-1トラブルの内容
神経に注射の針があたって、しびれが生じる場合があります。
 
D-2 対応
自然な回復をお待ちいただかなければなりません。回復するのに1 ヵ月程、長くて3 ヶ月程かかる場合もあります。

E) 感 染(化膿(かのう)する)

E-1トラブルの内容
注入部の赤み・腫れ・痛み・熱感が増したり、長く続いたりする場合は、感染が疑われます。
 
E-2 対応
感染が起きた場合は、内服薬の服用や抗生剤の投与をさせて頂きます。

感染がひどい場合には、傷の一部を開いたり、別の部位を切開したりして膿を出す処置と洗浄をさせて頂きます。

【喫煙について】
術前2 週間前~1 ヶ月は禁煙をお願い致します。喫煙により血液の循環を悪くすることで、傷の治りが悪くなります。
その為、傷口が赤く盛り上がって目立つ、また、頭の中の傷口の脱毛箇所が広くなってしまうことがあります。
また、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。

料金

ヒアルロン酸分解注射
-ヒアルロニダーゼ注入-
1単位¥20,000+税