ヒアルロン酸 注入法 -バスト-

  1. ビスポーククリニック
  2. ヒアルロン酸 注入法 -バスト-

この施術に向いているタイプ

●メスを使わず手軽にバストのボリュームアップをしたい
●周りにバレずに少しずつ大きくしたい
●出産や加齢でしぼんだバストを改善したい
●豊胸が初めての方

ポイント

バストのボリュームを出したい部位にヒアルロン酸を注入して、バストの大きさ・形をデザインするプチ豊胸です。ヒアルロン酸は元々体内にある保湿成分なので、身体への負担がとても軽いため手軽にバストアップが可能です。
 
全体的に大きくする場合は、ヒアルロン酸をバスト全体に注入します。谷間を強調したい場合は、バストの内側へヒアルロン酸を注入します。加齢や出産などでしぼんでしまったバストは、上側へ注入してハリのあるバストへ導きます。

施術の詳細

ヒアルロン酸はカニューレを用いて注入します。施術時間は約10~30分程です。
注入する位置によって、自由自在にバストのデザインができるのも大きな特徴です。また、一気に大きくすることに抵抗のある方には、数回に分けて徐々に大きくしていくことで、施術したことが他人にバレにくく、自然なバストアップも可能です。
 
豊胸術にも過去10年間用いられてきました。
その安全性は認められていますが、注入をしていない方と比較した場合、ヒアルロン酸注入で豊胸されたバストは乳がん検診のマンモグラフィーの診断が、多少なりとも難しくなるため、2012年4月17日付で、ヒアルロン酸の製造会社が、胸部への注入を推奨しないことを決定しました。
胸部へのヒアルロン酸注入をご希望の際は、以上の事柄を充分ご理解頂いた上で、ご判断をお願い致します。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・施術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ・赤み
約2~3日間程度
(注入直後は注射の箇所に目立つ赤み、腫れが数ヶ所出ますが時間とともに改善します)
*内出血や感染症が起こった場合は腫れ、赤みが長引くこともあります。
 
 
■内出血
注射の針が当たって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~2週間で消失します。
 
 

 

施術後の経過

1. 効果の持続期間
 
ヒアルロン酸の吸収速度には個人差がありますが、初回注入は吸収が早く約3~4ヶ月で、効果の実感がなくなることがあります。
 
何度か注入するうちに吸収速度が遅くなり、持続性が高くなる傾向があります。また、一度にたくさんの量を注入すると持続性が高くなる為、触った時に、しこりと感じるような塊を作る注入方法もあります。
 
 
2. 完 成
 
約1週間
 
 

注意事項

◆ 光・レーザー機器の施術を受ける場合は、2 週間は間隔をあけて下さい。

 

手術後に起こりうるトラブル・対応

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) アレルギーをおこす

A-1トラブルの内容
ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在する物質ですが、稀(まれ)にアレルギーを起こすことがあります。
異常な腫れ・赤み・熱感などの症状が注入後から、又は数日後から約2 週間の間に出ることがあります。
頻度は2,000~3,000 人に1人といわれています。
 
A-2 対応
アレルギーが生じた場合、抗アレルギー剤の内服や点滴(ステロイド)をお受けいただくために通院が必要になります。
また、注入したヒアルロン酸はヒアルロン酸分解注射で溶解する処置をいたします。

B) 皮膚の壊死(えし)

B-1トラブルの内容
血管内にヒアルロン酸が注入される、あるいは注入によって皮膚が膨らんで緊張が強くなると、皮膚の血流が悪くなります。その影響で、血行障害を起こした皮膚は数時間後に紫色や赤色になり、痛みを伴うことがあります。
 
そのままにしておきますと、皮膚が萎縮して凹みや赤みを残す可能性があります。
また、血流が非常に悪くなると、皮膚が壊死(えし)して黒いかさぶたになってしまいます。
 
B-2 対応
異常を感じた時には、できるだけ早急にご来院して頂くようお願い致します。
血流障害が疑われる場合には、ヒアルロン酸を溶かすヒアルロン酸分解注射の処置を行わせて頂きます。
できるだけ早く、皮膚が壊死(えし)する前に治療を行うことが大切です。
 
皮膚が壊死した場合、周りから皮膚が伸びて傷が閉じるように軟膏を処方いたします。
当院では血管内への注入を防ぐために、注入部位によっては先端が鈍くなった太い針を使用致します。

C) しびれが生じる

C-1トラブルの内容
神経に注射の針があたって、しびれが生じる場合があります。
 
C-2 対応
自然な回復をお待ちいただかなければなりません。
回復するのに1 ヵ月程、長くて3 ヶ月程かかる場合もあります。

D) 注入部が凸凹になる

D-1トラブルの内容
ヒアルロン酸が均等に広がっていないと、注入箇所が凸凹になってしまうことがあります。
 
D-2 対応
マッサージをしていただきますと、ヒアルロン酸が周りになじんで凸凹や膨(ふく)らみが滑(なめ)らかになります。
それでも改善しない場合には、ヒアルロン酸分解注射で溶かすことが可能です。
 
ご自分で修正できない場合にはご来院下さい。マッサージをさせて頂きます。
マッサージでも改善しない場合にはヒアルロン酸分解注射で溶かして凸凹を滑らかにすることが可能です。

E) 膨(ふく)らみ過ぎたと感じる

E-1トラブルの内容
注入後1~2 週間はむくみが生じるため、、バストが膨らみすぎていると感じることがあります。
また、ヒアルロン酸が一部かたよっていると、その部分がら膨みすぎてしまいます。
 
E-2 対応
2週間程経過をみていただき、その間、バストをマッサージしてヒアルロン酸を周りになじませて下さい。それでもバストが膨らみすぎたと感じる場合には、ヒアルロン酸分解注射で溶かしてバストを小さくすることが可能です。

F) 物足りないと感じる

F-1トラブルの内容
ヒアルロン酸のボリューム不足によるものが考えられます。十分なボリュームのヒアルロン酸を注入しても、バストの組織が伸びにくい場合には、ご希望通りのバストアップにならないことがあります。
 
F-2 対応
追加でヒアルロン酸注入をご希望の場合は、追加注入をさせて頂きます。
 
十分な量を注入しても、バストのたるみが強い、あるいは組織が硬くて伸びにくい場合には、ご希望通りのバストアップにならない場合がありますことをご理解下さい。

G) 左右差

G-1トラブルの内容
ヒアルロン酸の注入部分や広がり具合に左右差が出た場合、頬の形に左右差が起こることがあります。 元々の頬の形やタルミ具合に左右差がありますと、注入後も左右差が残りやすくなります。
 
G-2 対応
ご希望の方には、追加でヒアルロン酸注入を行い左右差を調整させて頂きます。
また、ヒアルロン酸の量が多いと感じる場合は、ヒアルロン酸分解注射で溶かすことも可能です。

H) しこり

H-1トラブルの内容
同じ箇所に多量のヒアルロン酸を注入した場合、しこりのように感じることがあります。
 
H-2 対応
経過に問題はありませんが、気になる場合は、強めにマッサージをしていただくと、しこりを散らして周りに馴染ませることも可能です。
それでもしこりが残ってしまう場合は、ヒアルロン酸分解注射で溶かすことが可能です。

I) 乳癌検診・マンモグラフィーに対する影響

I-1トラブルの内容
ヒアルロン酸の注入によって、ガンの原因となった事例がないことは明らかになっています。
 
I-2 対応
ご心配な方は、ヒアルロン酸分解酵素(ヒアルロニダーゼ)を注射して、ヒアルロン酸を溶かすことが可能です。

J) 感染する(化膿する)

J-1トラブルの内容
注入部の赤み・腫れ・痛み・熱感が増したり、長く続いたりする場合は、感染が疑われます。
 
J-2 対応
感染が起きた場合、内服薬の服用や抗生剤の投与をさせて頂きます。感染がひどい場合には、傷の一部を開いたり、別の部位を切開したりして膿を出す処置と洗浄をさせて頂きます。

【喫煙について】
術前2 週間前~1 ヶ月は禁煙をお願い致します。喫煙により血液の循環を悪くすることで、傷の治りが悪くなります。
その為、傷口が赤く盛り上がって目立つ、また、頭の中の傷口の脱毛箇所が広くなってしまうことがあります。
また、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。

料金

ヒアルロン酸 注入法 -バスト- 1cc ¥4,800+税