PRP療法

この施術に向いているタイプ

●メスを使わずちりめんジワやたるみを改善したい
●ほうれい線の深いしわを改善したい
●目の下のクマをケアして老けた印象を改善したい
●目の上のくぼみを改善して若々しい印象になりたい
●ハリと弾力のある素肌を取り戻したい

ポイント

PRP(多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)療法は、ご自身の血液から高濃度の血小板血漿を抽出し、治療する部位の皮膚に注入する皮膚再生医療です。
肌に注入された血小板には成長因子という、細胞を修復させたり新しい細胞の増殖を促進する成分です。コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進し、若々しい素肌へ導きます。
ご自身の血液を使用しますので、アレルギーの心配もありません。

治療法の詳細

採血
ご自身の血液を血液検査程度の量を採血します。

 

血小板の抽出
遠心分離機で多血小板血漿(PRP)を抽出します。 

 

PRP注入
注入する箇所をマーキングし、抽出したPRPを少しずつ注入していきます。

麻酔方法

局所麻酔・麻酔クリーム

ダウンタイム・施術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ・赤み
約1 週間程度
(注入直後は注射の箇所に目立つ赤み、腫れが数ヵ所出ますが時間とともに改善します)
 
 
■内出血
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■メイク
直後は、パウダータイプのファンデーションは使用できます。
リキッドタイプは、針穴から入り込み、感染の原因となるので当日はお控え下さい。
 
 

 

施術後の経過

即効性のある治療ではなく、時間をかけて効果を得る治療です。
個人差はありますが1~2 ヶ月で自然に効果を実感できます。
 
 

注意事項

◆ 光・レーザー機器の施術を受ける場合は、治療後最低2 週間は間隔をあけて下さい。

 

手術後に起こりうるトラブル・対応

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 感染(化膿(かのう)する)

A-1トラブルの内容
注入部の赤み・腫れ・痛み・熱感が増したり、長く続いたりする場合は、感染が疑われます。
 
A-2 対応
感染が起きた場合は、内服薬の服用や抗生剤の投与をさせて頂きます。感染がひどい場合には、傷の一部を開いたり、別の部位を切開したりして膿を出す処置と洗浄をさせて頂きます。

B) 治療効果の個人差

B-1トラブルの内容
治療効果に個人差があります。
 
B-2 対応
半年~1 年に1 回のペースでPRP 注入を繰り返すことをおすすめ致します。
サーマクールやその他の美肌治療を併用することで、エイジングケア効果を高めることが可能です。

【喫煙について】
術前2 週間前~1 ヶ月は禁煙をお願い致します。喫煙により血液の循環を悪くすることで、傷の治りが悪くなります。
その為、傷口が赤く盛り上がって目立つ、また、頭の中の傷口の脱毛箇所が広くなってしまうことがあります。
また、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。

料金

PRP療法(1箇所) ¥70,000+税
PRP療法(顔全体) ¥90,000+税