ボトックス注入法 -輪郭-

  1. ビスポーククリニック
  2. ボトックス注入法 -輪郭-

この施術に向いているタイプ

●手軽にエラをすっきりさせたい
●メスを入れずに小顔になりたい
●シャープなフェイスラインにしたい

ポイント

エラが張って見える原因の一つに、咬筋(こうきん)という筋肉が過度に発達している場合があります。
ボトックス注入法は、ボツリヌストキシンを咬筋部分に注入して、筋肉の働きを弱め細くしていく治療です。咬筋が小さくなっていくことでエラが縮小し、すっきりとした小顔へ導きます。

効果は半年~1年程ですが、繰り返し注射することで持続時間が長くなり、筋肉そのものも縮小していきます。

治療法の詳細

施術は、通称 ‘エラ’ の筋肉(咬筋(こうきん))にボトックスを直接注入します。
収縮を弱めることによって筋肉のボリュームダウンを図り、フェイスラインを小さくする治療法です。

麻酔方法

麻酔クリーム 麻酔テープ

ダウンタイム・施術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ・赤み
2~3 日間程度
(注入直後は注射の箇所に目立つ赤み、腫れが数ヶ所出ますが時間とともに改善します)
* 内出血や感染症がおこった場合は、腫れ、赤みが長引くこともあります。
 
 
■内出血
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■メイク
注入直後はパウダータイプのファンデーションは使用できます。
リキッドタイプは、針穴から入り込み感染の原因となりますので当日はお控え下さい。
 
 

 

施術後の経過

1. 効果の持続期間
 
効果には個人差がありますが、約3~6 ヶ月でボトックスの効果が減弱し筋肉の動きが回復します。
筋肉が膨(ふく)らんでくるには1 年程かかります。
半年から1 年の間隔で定期的に注入することをおすすめ致します。
 
 
2. 完 成
 
注入後3 日目から除々に効果が現れ、噛んだ時の力こぶが柔らかくなるのがわかります。
ボリュームダウンを感じられるまでには1 ヶ月程かかります。
 
 

注意事項

◆ 光・レーザー機器の施術を受ける場合は、2 週間は間隔をあけて下さい。
◆ ボトックスは熱に弱い物質ですので、注入後1 週間はサウナなど異常に体温が高温になることはお控え下さい。

 

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 違和感がある・硬いものが噛めない

A-1トラブルの内容
エラの筋肉の咬筋(こうきん)の働きが弱くなることによって一時的に注入部に違和感を感じることがあります。
硬いものを噛み砕けなくなる場合があります。
 
A-2 対応
1ヶ月程で改善されます。

B) 口がゆがむ・表情の左右差が出る

B-1トラブルの内容
ボトックスがエラの筋肉(咬筋)だけではなく口元の筋肉にまで広がった場合、口がゆがむ、表情の左右差が出ることがあります。
 
B-2 対応
現在ボトックスをすばやく吸収させる薬品がないため、1 ヶ月から3 ヶ月程効果が減少するのをお待ち頂かなければなりません。

C) 感染(化膿(かのう)する)

C-1トラブルの内容
注入部位の赤み・腫れ・痛み・熱感が増したり、長く続いたりする場合は、感染が疑われます。
 
C-2 対応
感染が起きた場合は、内服薬の服用や抗生剤の投与をさせて頂きます。感染がひどい場合には、傷の一部を開いたり、別の部位を切開したりして膿を出す処置と洗浄をさせて頂きます。

D) 頬がこけて見える・たるんで見える

D-1トラブルの内容
咬筋が全体に小さくなると、その分頬がこけて見えることがあります。また、エラの出っ張りが小さくなることで、頬がたるんで見える場合があります。
 
D-2 対応
頬がこけたことが気になる場合には、ボトックスの効果がなくなるまで1 年程お待ち頂きますと元に戻ります。
その間、頬骨の下の凹みを目立たなくしたいご希望がありましたら、ヒアルロン酸を注入して膨(ふく)らませることが可能です。
 
また、次回エラにボトックス注射をお受けいただく際には、咬筋の下半分に限局するように注射をさせて頂きますと、頬骨の下の凹みを減らすことが可能です。
 
エラの咬筋が縮小されたために生じるフェイスラインのたるみの修正をご希望の場合は、糸を使ったスプリングアプトス(シルエットリフト・テスリフト・VOVリフト)をご案内させて頂きます。

E) 小顔効果が物足りない

E-1トラブルの内容
ボトックスの量が足りなかったり、薬剤が筋肉内で十分に広がらなかったりしますと、咬筋の動きが弱まらずに残ります。咬筋の動きが残っていますと、筋肉はボリュームダウンしない場合があります。
 
部分的に動きが残ることで、力を入れた時に不自然な凹凸が生じる場合があります。小顔効果には個人差があります。筋肉のボリュームの大きな方ほど、縮小効果が大きくなります。筋肉が小さい方では、小顔効果も小さくなります。
 
E-2 対応
注入後3 週間を経過しても咬筋の動きが残っている場合、ボトックスの効果が足りないので、再度ボトックス注射を受けることをおすすめ致します。
 
ボトックスの小顔効果には個人差があります。ご希望通りの小顔になれないことがありますことをご了承下さい。エラの骨が出っ張っている要素が大きい場合は、エラの骨削りをおすすめ致します。

F) 耐性(たいせい)が生じる

F-1トラブルの内容
稀(まれ)ですが、ボトックス治療を繰り返すうちに、体質によってはボトックスに耐性が生じ、効果が出にくくなることがあります。
 
F-2 対応
現在市販されているボトックス製剤は数種類ありますので、一剤に耐性が生じても他の製剤が有効なことがございます。

【喫煙について】
術前2 週間前~1 ヶ月は禁煙をお願い致します。喫煙により血液の循環を悪くすることで、傷の治りが悪くなります。
その為、傷口が赤く盛り上がって目立つ、また、頭の中の傷口の脱毛箇所が広くなってしまうことがあります。
また、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。

料金

ボトックス注入法 -輪郭- ¥65,000+税