ボトックス注入法 -表情皺-

  1. ビスポーククリニック
  2. ボトックス注入法 -表情皺-

この施術に向いているタイプ

●額、眉間、目尻、アゴ、首のしわを改善したい

●メスを入れずに表情ジワを改善したい

●シワが新たにできるのを防ぎたい

ポイント

額や眉間・目尻・アゴなどの表情ジワを、ボトックスを注射することで目立たなくする治療です。ボトックスは、表情筋の過度な動きを抑制することで、気になっていたシワを改善するのはもちろん、新たにシワが刻まれるのを防ぎます。

 

ボトックスを繰り返し注入することで、筋肉そのものの働きが弱まっていくため、効果が徐々に長くなっていきます。

 

シワを効率よく改善するポイントは「深さ・量・位置」です。
シワの部位や大きさ・深さなどによって、それぞれにベストな深さ・量・位置に注入します。

治療法の詳細

シワの状態により必要な量・深さ・位置を調整しますが、治療部位の周辺に5~6箇所注入します。

 

ボトックスには、筋肉の動きを抑制する作用があります。表情筋が過収縮することによっておこる目尻や眉間、額のシワに対してボトックスを注入すると、筋肉の収縮を弱め、シワを目立たなくすることが可能です。

その効果は、半年~1年程です。
※効果には個人差がございます。

麻酔方法

麻酔クリーム・麻酔テープ

ダウンタイム・施術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ・赤み
約2~3 日間程度
(注入直後は注射の箇所に目立つ赤み、腫れが数箇所出ますが時間とともに改善します)
* 内出血や感染症がおきた場合は、腫れ、赤みが長引くこともあります。
 
 
■内出血
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し、紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■メイク
直後は、パウダータイプのファンデーションは使用できます。
リキッドタイプは針穴から入り込み感染の原因となるので当日はお控え下さい。
 
 

 

施術後の経過

1. 効果の持続期間
 
個人差はありますが、約3~6 ヶ月でボトックスの効果が減弱し筋肉の動きが回復します。
半年~1 年の間隔で定期的に注入することをおすすめ致します。
 
 
2. 完 成
 
約2 週間 注入後3 日目~除々に効果が現れます。
 
 

注意事項

◆ 光・レーザー機器の施術を受ける場合は、2 週間は間隔をあけて下さい。
◆ ボトックスは熱に弱い物質ですので、注入後1 週間はサウナなど異常に体温が高温になることはお控え下さい。

 

手術後に起こりうるトラブル・対応

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 違和感がある

A-1トラブルの内容
表情筋が動きにくくなくなることによって、一時的に注入部位に違和感を感じる場合があります。
 
A-2 対応
1~2 週間程経過すると慣れて馴染んできます。それまではしばらくお待ち頂くことになります。

B) 薬が広がり過ぎる

B-1トラブルの内容
注入した薬が必要以上に周囲に広がる場合があります。
 
a) 目が開けにくい
額に注入する場合、眉を上げて目を大きく開ける癖が強い方は眉が上がりにくくなるため、目が開けにくい、眉が下がって二重の幅が狭くなり、目つきが鋭くなるなどの症状が出る可能性があります。
 
b) まぶたが下がる
目尻、目の下、眉間、鼻のつけ根など目の周りに注入する場合、まぶたを持ち上げる筋肉に作用するため、まぶたが下がり、瞼を開けにくくなる場合があります。
両側に起こることもありますし、片側だけに起こることもあります。
 
c) 口元がゆがむ
口周りに注入する場合、口元にゆがみが出る可能性があります。
 
d) 口唇が閉じにくい
アゴや口唇に注入した場合、口唇を閉める筋肉にボトックスが効きすぎますと、口のしまりが弱くなって、食事や水が口からこぼれる場合があります。
 
B-2 対応
a) 目が開けにくい
現在ボトックスの効果を元に戻す方法がない為、効果が衰える1~3 ヶ月程の間お待ち頂かなければなりません。
 
b) まぶたが下がる
ご希望により、まぶたの開きを強くする作用のある点眼の処方や、まぶたを糸で吊り上げて、眉にとめる処置を行わせて頂きます。
 
c) 口元がゆがむ
効果が衰える間の1~3 ヶ月程お待ち頂かなければなりません。
 
d) 口唇が閉じにくい
効果が衰える間の1~3 ヶ月程お待ち頂かなければなりません。

C) 効果が十分にでない

C-1トラブルの内容
筋肉の動きを抑制したい箇所に十分な量のボトックスが注入されていない、効果が物足りないと感じることがあります。
 
C-2 対応
注入後2 週間以上経過しても効果が物足りないと感じる場合は、注入後1 ヶ月以内であれば追加注入を行わせて頂きます。

D) 耐性(たいせい)が生じる(効果が出ない)

D-1トラブルの内容
稀(まれ)ですが、ボトックス治療を繰り返すうちに、体質によりボトックスに対して耐性が生じ効果が出なくなることがあります。
 
D-2 対応
現在市販されているボトックス製剤は数種類あります。一剤に耐性ができても、他の製剤が有効なことがございます。

E) 感染(化膿(かのう)する)

E-1トラブルの内容
注入部の赤み・腫れ・痛み・熱感が増したり、長く続いたりする場合は、感染が疑われます。
 
E-2 対応
感染が起きた場合、内服薬の服用や抗生剤の投与をさせて頂きます。感染がひどい場合には、傷の一部を開いたり、別の部位を切開したりして膿を出す処置と洗浄をさせて頂きます。

【喫煙について】
術前2 週間前~1 ヶ月は禁煙をお願い致します。喫煙により血液の循環を悪くすることで、傷の治りが悪くなります。
その為、傷口が赤く盛り上がって目立つ、また、頭の中の傷口の脱毛箇所が広くなってしまうことがあります。
また、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。

料金

ボトックス注入法 -表情皺- 10単位¥30,000+税
10単位追加ごと+15,000+税