口唇縮小術

この手術に向いているタイプ

●厚い口唇を薄くしたい
●口唇の上下のバランスを整えたい
●すっきりとした薄い唇になりたい
●上品な唇になりたい
●アヒル口を作りたい
●M字型の可愛らしい更新をつくりたい

ポイント

厚すぎると感じる口唇を薄くする手術です。切除するデザインによって、M字型にもアヒル口にもすることが可能です。

口の中の粘膜部を紡錘形に切除し縫い縮めることで、口唇を内側に引き込んで薄くします。上口唇、下口唇の片方、もしくは両方を手術します。
薄くするだけでなく、デザインによってより女性らしい魅力的な口唇の形に整えていきます。

手術の詳細

カウンセリング時にお聞きしたご要望に合わせて切除する量を決めます。

口唇の皮膚側と粘膜側の境界部分を適宜切除して縫合することで、ご希望の大きさや厚さに整えます。切除する部分を工夫することで口唇の形を変えることも可能です。 粘膜の傷は治りが良く傷跡は目立ちにくくなります。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 
 

■腫れ
術後1~5日目は目立つ腫れが生じますが、2週間程で落ち着きます。 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
 
 
■内出血
細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~2週間で消失します。
 
 
■抜糸

7日目

 

■通院

7日目・2週間目

 

■メイク

治療箇所抜糸の翌日から、それ以外は手術翌日から可能です。

 

■洗顔

翌日から可能です。

 

■洗顔

翌日から可能です。

 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。

 

■食事

手術当日から可能です。約1~2週間は熱いもの、辛いもの、硬いものはお控え下さい。

 

■完成

約6ヶ月

 

 

治療後の経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。

 

■むくみ

術後1ヶ月は縮小効果が実感出来ないことがあります。 一時的に唇の厚みや大きさに左右差が生じることがあります。

 

■傷

粘膜の傷は治りが良く傷跡も綺麗になりますが、よく見れば傷は見えます。口を閉じた時は隠れます。 3ヶ月程は傷が硬くなりますが、徐々に柔らかくなってきます。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

A) 感 染(化膿する)

A-1トラブルの内容
赤み・腫れ・痛み・熱感が増したり、長く続いたりする場合は、感染が疑われます。
 
A-2 対応
感染が起きた場合は、内服薬の服用や抗生剤の投与をさせて頂きます。感染がひどい場合には、傷の一部を開いたり、別の部位を切開したりして膿を出す処置をさせて頂きます。

B) 血が溜まる

B-1トラブルの内容
術後に傷の中で出血しますと、血が溜まって胸部が腫れが生じます。血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりになる、あるいは血行不良のため壊死になる恐れがあります。
 
B-2 対応
出来るだけ早い処置が必要です。その際は再度傷を開け、溜まった血液を排出します。

C) 傷が開く

C-1トラブルの内容
傷のつっぱりが強い為、傷の治り具合が悪く、傷が開いてしまう場合があります。
 
C-2 対応
傷が開いた場合は、再度縫合するか、もしくは傷の治りを促進する外用薬を処方致します。

D) 中縫いの糸が出てくる

D-1トラブルの内容
皮膚の下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が表面に出てくることがあります。
 
D-2 対応
放置していると化膿する恐れがありますので、お早めにご来院下さい。糸を取り除く処置をさせて頂きます。

E) 唇が薄すぎる

E-1トラブルの内容
唇の粘膜を沢山切り取りすぎると、口唇が薄くなります。また、口唇の動き(表情)によって、薄くなり
すぎたと感じることがあります。口唇が薄くなることで、口を閉じづらく感じることがあります。切り取り
過ぎた口唇を元に戻すことは大変困難ですので、切除量は慎重に決めて頂くようにお願い致します。
 
E-2 対応
口唇が薄すぎると感じた場合、ヒアルロン酸注入をして口唇をふっくらすることが可能です。ヒアルロン酸の効果は永久的なものではありませんので、定期的に(1 年に1 回程度)繰り返す必要があります。
脂肪注入は半永久的な効果を期待できますが、満足な結果が得られるまで注入を繰り返し調整していく必要があります。
永久的な効果をご希望の場合は、口唇拡大術をおすすめします。

F) 口唇が厚い

F-1トラブルの内容
術後1 ヶ月程は口唇にむくみが生じるため、縮小効果が物足りなく感じます。
また、口唇の切除量が少ない場合、口唇の縮小効果が物足りなくなります。
 
F-2 対応
4 ヶ月以上経過しても、口唇がまだ厚いと感じる場合、唇の粘膜を再度切除する施術を行い、厚さ・大きさを調整する処置を行います。

G) 大きさ・厚さの左右差

G-1トラブルの内容
元々あった左右差、切除する粘膜の量が左右で異なる事が原因で、唇の形や大きさ、厚さに左右差が起きる場合があります。
 
G-2 対応
厚い・大きいと感じられる側の粘膜を再度切除する施術を行うことで、左右差を調整させて頂きます。

H) 傷跡の段差や凹み

H-1トラブルの内容
傷口に沿って口唇がデコボコになる、傷口が凹んで目立つことがあります。。
 
H-2 対応
膨らんだ部分を切除し、形を整えて縫合し改善を図ります。凹んだ傷跡は切り取って丁寧に縫合致します。

I) 違和感

I-1トラブルの内容
術後は口唇粘膜の切開部分が硬くなり、口唇の筋肉も部分的に切開されるので、口唇の動きが弱くなります。口唇が薄くなったことで、口唇が閉じにくくなるため、会話や食事で口唇を動かした時に違和感を感じることがあります。
 
I-2 対応
3~6ヶ月ほどで時間の経過と共に傷跡が徐々に柔らかくなっていき、筋肉の動きも回復してきますので違和感はなくなってきます。
稀に多少の違和感が残ることがあります。

J) 感覚麻痺

J-1トラブルの内容
皮膚の下で細かい知覚神経をカットしますので、術後に口唇の感覚が麻痺したり、しびれを感じたりすることがあります。
 
J-2 対応
通常3~12ヶ月程度で改善してきますが、稀にしびれが残る場合もあります。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

口唇縮小術(上・下) 各¥200,000+税