グラマラスライン形成術(皮膚側 )

  1. HOME
  2. 施術例
  3. グラマラスライン形成術(皮膚側 )

グラマラスライン形成術『皮膚側』に向いているタイプ

  • 目元を大きくしたい
  • 垂れ目にしたい
  • カラーコンタクトレンズの大きさに合わせたい
  • 吊り目を改善したい
  • 元々から逆さまつ毛がある

グラマラスライン形成術『皮膚側』のポイント

元から逆さまつ毛のタイプ以外は、まず結膜側からをお勧めします。 一旦皮膚切除をすると元に戻せないのが欠点です。

グラマラスライン形成術『皮膚側』の詳細

元々逆さまつ毛がある方におすすめする方法です。
まつ毛の生え際より少し下で切開して余った皮膚を切除します。
眼窩脂肪を引き下げてCRFと言う筋膜と瞼板を糸で数か所短縮して固定します。ご本人と共に下がり具合や下瞼の形を術中に確認、調整をし、皮膚を縫合して終了です。
グラマラスライン手術は皮膚側の場合も結膜側の場合も20〜35%後戻りする為、直後はややオーバーな仕上がりを目指します。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔
※眠る麻酔を使用した場合は、手術中に目を覚まして頂き、鏡を見ながら開きの調整が必要となります。

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ

約7〜14日間(目の周囲及び白目に出る可能性があります。白目に腫れが出ると、白目を覆っている膜がゼリー状に膨らむことがありますが、 通常1〜2週間で消失します) ただし、しっかり下げたケースでは、3ヶ月程続くことがあります。 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。 ※白目の腫れが大きい場合は、一時的に上下の瞼を縫合する処置を行うと腫れが早く落ち着きます)
 

■内出血

注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し下まぶたから目の周りが紫色になりますが、1〜2週間で消失します。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。
 

■抜糸

7日目
 

■通院

7日目
 

■コンタクトレンズ

当日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。
 

■メイク

アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。
 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。
 

■完成

約3〜4ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■まぶた

・腫れやむくみにより、一時的に下まぶたの下がり具合が大きい
・左右差があると感じることがあります。
・腫れやむくみが落ち着いてきますと、下まぶたの下がり具合に戻りが生じます。戻りが生じる可能性や割合には個人差がありますが、術後1週間程で手術直後の2割程度、術後3ヶ月程で更に1〜2割程度の戻りが起こります。その為、手術直後は下がり過ぎと思われる程下げる必要がある事をご理解ください。
 

■視界

まれに視界がぼやける時期があります。角膜の腫れの影響と考えられますので、腫れが落ち着くと共に改善されます。
 

■傷

傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)白目の腫れ(浮腫)
2)下げ幅の左右差
3)下げ幅が希望と異なる
4)目が閉じづらい
5)手術前の状態に戻る
6)逆さまつ毛
7)下まぶたの外反(下まぶたが外側に反った状態)や下三白眼(黒目の下の白目が見える)
8)涙袋が無くなる
9)中縫いの糸が出てくる
10)感染(化膿する)
11)血が溜まる
12)傷が開く
13)白目や角膜の損傷
14)目の焦点が合わない
15)眼球の火傷
16)視野障害
17)失明

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

グラマラスライン(皮膚側) ¥400,000+税