小切開法

この手術に向いているタイプ

●埋没法が取れやすい
●脂肪が多い
●小さな傷が良い

ポイント

切開線の部分だけが凹むと不自然になるため切開線の両側に食い込みの癖を作るのがポイントです。

手術の詳細

小切開法は、予定する二重のラインに沿って、上まぶたの1 箇所~3 箇所を部分的に切開し、二重をつくる方法です。
 
切開する部位や切開の長さは、まぶたの状態によって変更させて頂きます。また、必要に応じて皮膚の脂肪を取ることも出来ます。
1. 予定する二重のライン上に切開線をデザインします。
通常まぶたの中央を10mm程度切開します。
予定する二重によっては二ヶ所切開することもあります。

※視力矯正などのため、コンタクトレンズ(ソフトタイプ・使い捨てタイプ・カラー有)を日常生活で使用されている場合は、二重の幅を確認して頂く為、手術の際に装着して頂くことをおすすめ致します。

麻酔方法

局所麻酔 笑気ガス麻酔 静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム

※個人差があります。

■腫れ

約7〜10日間(朝晩にむくみを感じたり目やにが増えたりします) 内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。
 

■内出血

注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し切開部周辺から目の周りが紫色になりますが、1〜2週間で消失します。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。
 

■抜糸

3〜7日目(切開部の糸とは別に、ラインを固定させるための糸(3日目に抜糸)が付く場合があります)
 

■通院

3〜7日目
 

■コンタクトレンズ

当日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。
 

■メイク

アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。
 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。
 

■完成

約1〜2ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■まぶた

腫れやむくみにより、一時的に二重の幅が広すぎる、左右差が生じる、ラインの食い込みが強すぎると感じることがあります。
 

■傷

傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。
 

■加齢による変化

手術後も、たるみによって二重の幅が狭くなるなど、加齢による変化は引き続き起こります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)希望の二重幅と異なる
2)二重幅の左右差
3)二重の食い込みが深すぎる
4)二重の形が希望と異なる
5)ラインの乱れ
6)ラインが浅い
7)ラインの消失
8)二重のラインが短くなる
9)まぶたが閉じづらい
10)まぶたの開きが重い、または眼瞼下垂が悪化する
11)たるみが残る
12)まつ毛の外反
13)二重が厚ぼったくなる
14)傷跡が気になる
15)切開箇所にミリウム(白い膨らみ)ができる
16)糸の露出
17)感染(化膿する)
18)血が溜まる
19)傷が開く
20)白目や角膜の損傷
21)眼球の火傷
22)視野障害
23)失明

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

小切開法 ¥250,000+税
※保険適用外の自由診療です。

よくある質問

ダウンタイムはどのくらいですか?
大まかな腫れやむくみはおよそ1週間程度です(個人差があります)。 ご希望の二重幅によって腫れやむくみが長引くこともあります。それも時間の経過と共に落ち着いてきます。
傷痕は目立ちますか?
二重のラインに沿って7~10mm程度切開するため、傷痕の線は出来ますが、最小限のため目立つことはありません。しかし、技術や経験が乏しい医師による手術の場合は、切開部分の境目に段差やへこみが生じる可能性もあります。そのため、クリニック選びは重要なポイントになります。
全切開と小切開で迷っています。どちらが良いですか?
症状やご希望の仕上がりに合わせて適切な手法を提案します。ただし、脂肪のつき方や皮膚のたるみが強いまぶたへの小切開は、逆に傷口が目立つこともあります。その場合は全切開をおすすめすることもあります。カウンセリングでは、そうした点もわかりやすく説明します。
感染(化膿)することはありますか?
感染が起きた場合は、抗生剤の投与を行います。膿が溜まっている場合は、必要に応じて傷を再度開ける、もしくは新たに切開し膿を出す処置を行います。
傷が開くことはありますか?
万が一傷が開いた場合は、再度縫合いたします。
血が溜まることはありますか?
術後に傷の中で出血すると、血が溜まってまぶたが腫れます。そのままにしておくと感染やしこりのリスクになりますので、出来るだけ早く処置する必要があります。その際は、治療した箇所を切開し溜まった血液を排出します。
白目や角膜を損傷したりすることはないですか?
大変稀なことですが、可能性は否定できません。手術中に手術器具が当たる、糸やまつ毛の先端が当たって眼球の表面に傷がつく可能性があります。白目や角膜の損傷や眼球に火傷が生じた例も報告されています。状態に応じた適切な処置や対応を行いますのでご安心ください。
眼球を火傷したりすることはありませんか?
大変稀なことですが、可能性は否定できません。手術中に血を止めるための電気メスやバイポーラによって発生した熱で、眼球の表面に火傷を作る可能性があります。白目や角膜の損傷や眼球に火傷が生じた例も報告されています。状態に応じた適切な処置や対応を行いますのでご安心ください。