全切開法

全切開法に向いているタイプ

●埋没法で取れてしまう 
●半永久的なラインが欲しい 
●同時にまぶたの脂肪も取り除きたい

全切開法のポイント

埋没法より自由にラインが決められます。

全切開法の詳細

切開法は、まぶたを切開して二重を作る方法です。予定する二重のラインに沿って上まぶたの皮膚を切開します。

必要に応じて皮膚のタルミや脂肪を取ることも出来ます。

※視力矯正などのため、コンタクトレンズ(ソフトタイプ・使い捨てタイプ・カラー有)を日常生活で使用されている場合は、二重の幅を確認して頂く為、手術の際に装着して頂くことをおすすめ致します。

※イラストはイメージです。※効果には個人差がございます。

麻酔方法

局所麻酔・笑気ガス麻酔・静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔・全身麻酔
※眠る麻酔を使用した場合には、手術中に目を覚まして頂き、鏡を見ながら開きの調整が必要となります。

ダウンタイム・術後の経過

ダウンタイム

※個人差があります。
 

■腫れ

約7〜10日間(朝晩にむくみを感じたり目やにが増えたりします)
内出血や感染症になった場合は、腫れが長引く事もあります。

 

■内出血

注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し切開部周辺から目の周りが紫色になりますが、1〜2週間で消失します。
また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、1〜2週間で消失します。

 

■抜糸

3〜7日目(切開部の糸とは別に、ラインを固定させるための糸(3日目に抜糸)が付く場合があります)
 

■通院

3〜7日目
 

■コンタクトレンズ

当日から使用可能ですが、ゴロゴロと違和感がある時は使用を中止して下さい。
 

■メイク

アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。
 

■洗顔

基本的に翌日から可能です。
 

■入浴・シャワー浴

シャワー浴・入浴は翌日から可能です。
 

■完成

約3〜6ヶ月

経過

※手術後は腫れやむくみがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことでご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。
 

■まぶた

腫れやむくみにより、一時的に二重の幅が広すぎる、左右差が生じる、ラインの食い込みが強すぎると感じることがあります。
 

■視界

まれに視界がぼやける時期があります。角膜の腫れの影響と考えられますので、腫れが落ち着くと共に改善されます。
 

■傷

傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。
 

■加齢による変化

手術後も、たるみによって二重の幅が狭くなるなど、加齢による変化は引き続き起こります。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

1)希望の二重幅と異なる
2)二重幅の左右差
3)二重の食い込みが深すぎる
4)二重の形が希望と異なる
5)ラインの乱れ
6)ラインが浅い
7)ラインの消失
8)目頭側・目尻側のラインが二股になる
9)二重のラインが短くなる
10)まぶたが閉じづらい
11)まぶたの開きが重い、または眼瞼下垂が悪化する
12)たるみが残る
13)まつ毛の外反
14)二重が厚ぼったくなる
15)傷跡が気になる
16)切開箇所にミリウム(白い膨らみ)ができる
17)糸の露出
18)感染(化膿する)
19)血が溜まる
20)傷が開く
21)白目や角膜の損傷
22)眼球の火傷
23)視野障害
24)失明

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

料金

※保険適用外の自由診療です。
切開法 小切開法
¥275,000
全切開法
¥330,000
全切開法+ROOF又は脂肪切除
¥550,000

※価格は全て税込です。

全切開法のよくある質問

切開法は永久的ですか?
基本的に二重のラインがなくなることはありませんが、食い込みを浅くしようとするほどラインの乱れや消失が起こる可能性が高まります。
切開法の効果はどのくらい維持しますか?
基本的に元に戻ってしまう心配はありません。
上まぶたを切開して眼輪筋や瞼板、眼窩隔膜などの処置を適正に行い二重を形成するため、術後もとに戻る可能性は極めて低いです。
ダウンタイムはどのくらいですか?
個人差はありますが、腫れやむくみはおよそ1週間で引いてきます。
希望される二重幅やラインによっては、腫れやむくみが長引くこともありますが、時間の経過と共に落ち着いてきます。
切開の傷は目立ちますか?
傷痕は目立つ心配はありません。
施術直後は二重ライン上の切開線に赤みが生じますが、時間の経過と共に白っぽい線へと変化していきます。また、切開線が二重のラインになるため最終的にはほとんど目立たなくなります。
修正を繰り返してる状態でも修正手術は可能ですか?
状態を確認した上で判断させて頂きます。
他のクリニックでは修正出来ないと言われた患者様もよくいらっしゃいますが、当院では多数の修正手術を行っています。何度も修正を繰り返している場合、ご希望通りの仕上りにならないことがあります。また、皮膚や組織の状態によっては修正が困難な場合もございます。状態を拝見した上で適正な治療内容を提案させて頂きます。
施術後にコンタクトレンズは装着できますか?
施術直後から装着は可能です。
ただし、装着感として目がゴロゴロする違和感を感じることが多いので、施術の1週間後から装着することをおすすめします。
リスクはありますか?
一番のリスクは二重の左右差ですので、施術中に座った状態で鏡を見ていただき、左右差がないことを確認して施術を終えています。
年をとってから不自然になる事はありませんか?
施術の影響で、年をとってから不自然になるようなことはありません。ただし、加齢によってまぶたの皮膚にたるみが生じ被さったようになっていきます。この老化現象は誰でも生じますが、形成した二重まぶたでは、まぶたの皮膚が被さりにくくなるというメリットがあります。
術後、時間の経過と共に二重幅が狭くなることはありますか?
適切な施術を行うことで、ダウンタイム後の完成した状態で二重の幅が狭くなることはありません。完成後、大幅に太ったり痩せたりした場合、わずかに二重の幅に変化が生じることも稀にあります。
また、老化によってまぶたの皮膚がたるんで被さってくる眼瞼下垂が生じると、二重の幅が狭くなることは考えられます。
前に切開法で作った二重の幅を狭くできますか?
切開法で形成したラインを狭くすることは可能です。
現在のラインの癒着を開放して、再度二重のラインを形成する方法があります。ただし、皮膚や組織の状態を確認する必要がありますので、診察していただくことをおすすめします。