腋臭症 反転剪除法

  1. ビスポーククリニック
  2. 腋臭症 反転剪除法

この施術に向いているタイプ

●いつもワキの臭いが気になる
●ワキの強い臭いをなくしたい 
●ワキの臭いを気にせず生活したい
●再発をできるだけ防ぎたい
●他の人よりも臭いがきついかもしれない

ポイント

ワキガは、ワキの下にある「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2つの汗腺と、「皮脂腺」があり、そこから分泌される汗や油分が雑菌と混ざりあって発酵されることで、不快な強い臭いが出てしまう症状です。
つまり、臭いの元となるアポクリン汗腺は、アンモニアや脂分・タンパク質などが分泌され、その分泌物が雑菌によって分解されて臭いの元となります。

根本的な外科的治療「反転剪除法」で、アポクリン汗腺を除去することで強い臭いを改善することが可能です。

施術の詳細

ワキの下を3~4cm程切開し、そこから皮膚を反転させて、医師の肉眼で確認できるアポクリン汗腺をくまなく除去する方法です。
今までのように臭いを気にしない生活をしていただけるはずです。また、ワキの汗が多い多汗症の方にもおすすめです。

麻酔方法

局所麻酔

ダウンタイム・術後経過

ダウンタイム
※個人差があります。
 
■腫れ
約1~2週間程です。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引くこともあります。
 
■内出血
細い血管が傷つくと2~3週間程紫色~緑色になります。
  
■抜糸
7日~14日後
  
■入浴
半身浴程度なら翌日から可能です。創部を濡らさないように注意が必要です。

■通院
翌日、3日目、5~7日目、12~14日目
 
■完成
2~3ヶ月

■ドレーン
3日~1週間

■固定
1週間はワキにガーゼを当てた状態で包帯とテープでワキの動きを制限します。

手術後に起こりうるトラブル

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

【喫煙について】
喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。
術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。

手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。

料金

腋臭症 反転剪除法 ¥250,000+税